ブロックツリー、ブロックツリー半透明化の使い方・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

ブロックツリーとは

ブロックツリーとは、ブロック化された図形の編集や、ブロック名変更の機能を持っています。図面内に複数の同一ブロック図形がある時に、そのブロック図形に変更があったときに、1つ1つを変更をするのは時間の無駄になります。そんな時にブロックツリーの中の、ブロック編集を使えば、1つを修正すると他の同じブロック化された図形に修正が反映されます。同一のブロック図形が、複数ある時に使えば大変便利です。

ブロックツリー操作手順

{メニューバー」→「表示」→「ブロックツリー」と進みます。


ここでは作図例として、ブロック化した机と椅子を4組配置しています。
この図面のときに、ブロックツリーの表示をすると、下記のように表示されます。なお、「椅子」や「机」の名称は、ブロック化したときの名称になります。


選択BLK編集(ブロックの編集)

最初に、ブロックの編集をしてみましょう。

例として下記の図面では、机をクリックしています。そうするとボタンのグレー表示が消えて、選択可能の状態になります。

上記で「机」をクリックしたときの、図形の画面表示です。色が紫色に変わっています。


そこで「選択BLK編集」をクリックします。そうすると、新しい編集画面が出てきて、加工や編集が出来る状態になります。


ブロック化している図形が、ここではバラバラのブロックを解除された状態になり、自由に加工ができるようになっています。


ここでは例として、机の上にノートパソコンを置いた図形を作成しました。机とノートパソコンの図形が一緒になった図形を、ブロック図形に反映させます。


編集が終わりましたので、JW(JWW)ーCADの画面最上部のXマークをクリックします。
JW(JWW)ーCAD画面の最上部のガイダンスは、意外と気づきにくいですので、1度確認しておきましょう。


編集画面を閉じると、下記のように同名のブロック図形に変更が反映されています。ノートパソコンを追加した図形をブロック化して再配置するよりも、大幅な時間短縮ができます。設計の変更はしょっちゅうありますので、この機能をうまく応用してください。ここでは机や椅子は例として使っていますが、ブロック化されたあらゆる図形が対象になります。また、ブロックツリーの表示画面で、「□選択したブロックのみ結果を反映させる」にチェックが入っていないなら、選択したブロックすべてに編集結果が反映ます。逆に、選択したブロックのみ変更したい場合は、ここに「レ」(チェック)を入れておきます。


同名BLK全検索(同じ名前のブロックを検索する)



例えば「机」をクリックした後、「同名BLK全検索」をクリックすれば「机」の項目が太字になります。この太字になった「机」をそれぞれクリックすると、図面中のどこに配置されているか、確認できます。

BLK名変更(ブロック名の変更)



図面を書き進めているうちに、ブロック名を変更したい時があります。このページの作図例では「机」とブロック名にしていますが、これは袖机が一緒になったブロックで、それとは別に、袖机がない「机」のブロック名を使いたい時があります。これには、すでに使っている「机」→「「机と袖机」などのように変更して逃がしてやる必要があります。「机」をクリックした後に「BLK名変更」をクリックすれば、下記の編集後のブロック名を入力する画面が出てきますので、そこに自分のわかりやすいブロック名をいれてください。

「OK」のボタンをクリックすれば、下記のようにブロック名が変更されています。


ブロックツリーは目立たないですが、図面を効率的に書いていく為に知っておくと良い機能ですので、うまく使っていってください。

ブロックツリー半透明化

メニューの中の「ブロックツリー」の下に「ブロックツリー半透明化」がありますが、これはブロックツリーを半透明化することができる機能で、0~255の、透過率を設定できます。数字が小さくなるほど透明度が大きくなります。実際に数値を入れてみて、透過率の具合を確認してください。「ブロックツリー半透明化」のクリックの繰り返すと、半透明になったり、通常表示になったりします。なお、後で「ブロックツリー」を再度使う予定がある時には、閉じずに「-」のボタンを押して、最小化しておいてください。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。先方さんにPDFファイルを渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理が楽になります。

関連記事

jw-cadの本の紹介です。

jw cad 建築  jw cad 電気  jw cad 土木  jw cad 給排水  jw cad 製図  jw cad やさしく学ぶ


一口メモ
フリーソフトは高機能なソフトは少ないですが、かゆいところに手が届くソフトが、数多くあります。ピンポイントで使うことには、優れた能力があります。

独学で狙いましょう、施工管理技士の資格取得

2級建築施工管理技士  1級建築施工管理技士  2級電気工事施工管理技士  1級電気工事施工管理技士  2級管工事施工管理技士  1級管工事施工管理技士  2級土木施工管理技士   1級土木施工管理技士  


お仕事紹介なら【職人アシスト】 一人親方などへの、仕事紹介です。エアコン工事、水道工事、電気工事、ガス工事、内装工事、外構工事、外壁工事など全国展開:拠点数:全国47都道府県に1000箇所以上

同じ日本語でも方言で聞くと、イメージが違って聞こえますね。

佐賀弁:建築業や電気設備業又は設備業、あるいは土木業や機械関係など、日々ん現場ん仕事では工具や道具ば数多う使うとー。

現場で使う工具や道具

建築業や電気設備業あるいは設備業や土木業、機械関係など、現場では数多うん工具、道具ば使う。工具あるいは道具ば上手に使うて、作業効率ば上げよう。工具や道具は先人ん知恵ん生きとって、現場工事などでは、のうしてはならん存在となっとー。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー 電気工事士の仕事  自動運転、中古車購入、ジャガイモ、海藻と海草、日本全国名産品特産品etc

  


JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3
Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.