交流の特徴とリアクタンス

電気工事士の資格試験の際に、重要度の高い項目です。基礎中の基礎、電気工事士の勉強をするなら必ずマスターしておきましょう。

交流の特徴

交流は時間とともに周期的に振幅が変化し、方向が変わる電流のことです。

日本では、東日本50Hz西日本60Hzの商用電源が供給されています。糸魚川を基準として東と西では周波数が違います。これは発電機を東日本はドイツ製、西日本はアメリカ製を採用したため、世界でも珍しく2種類の周波数が混在する国になっています。

交流の最大値は√2Vとなります。Vは実効値です。例えば、実効値が100Vの時は1.41X100で141Vになります。

交流の主な長所

一方、直流の主な長所

誘導リアクタンス 回路内のコイル

例えば、200mHの自己インダクタンスのコイルに、60Hzの電圧を加えたときの誘導リアクタンスは何Ωかという質問があれば・・・ 2πfLに数値を代入し、2πX60X0.2(H)=24π=24X3.14となり答えは75.36Ωになります。

容量性リアクタンス 回路内のコンデンサー

例えば10μFのコンデンサーに、50Hzの電圧を加えたときのリアクタンスはという質問であれば・・・1÷2πfC=1÷(2X3.14X50X10X10-6)=318Ωとなります。ここで注意すべきは10μFをFの単位で計算することです。1F=1,000,000μF=(106μF)です。通常、コンデンサー容量はμFの単位を使います。 

今は、家電製品などでは、60hz、50hz兼用の物が増えてきました。しかし、電気工事士なら、必ずどれに該当するか確認する習慣をつけておかなくてはなりません。

電力会社,建築用語,登録商標,関係法律,ネジ・ビス,仕事探し,求人,設計,メーカーのホームページ,内線規定,電気工事施工管理  
テレビ工事,エアコン工事,JW-CAD,LAN設定,コンクリート,塗装  
電気工事士関係の単語登録  
電気工事士略語  
アプリケーションソフト(フリーウェア、シェアウェア)  
消防設備士  
電気工事士の資格試験  
電気設備工事見積ソフト  
電気工事士関係の本  
電気工作物  
電気工事士実技試験関連の動画 youtube  
合成抵抗  
導体抵抗と抵抗率  
電流の分配  
オームの法則  
熱量  
インピーダンス  
交流の特徴とリアクタンス  
軽微な工事 (電気工事の資格不要で行える)  
通信教育(独学)で電気工事士の資格取得  
電気工事士の資格−免状交付  
私の失敗話
JW-CADで電気設備図面を書くための、初心者向けマニュアル
★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ウィンドウォッシャ液の量 ⇒ 自動車のエンジンルーム内の、ウィンドウォッシャ液タンクに、液が適正に入っているか確認しましょう。

フロントガラスなどに付いたホコリなど落とす時に、ウィンドウォッシャ液は欠かせません。

プライバシーポリシー  免責事項 電気工事士ネットのTOPへ戻る JW-CADの使い方