電気工作物

重要項目

よく電気工事士試験の際に出題されることが多い項目の中に、電気工作物について問うものがありますね。

電気工事士の資格試験の際の、重要度の高い項目です。基礎中の基礎、電気工事士の勉強をするなら必ずマスターしておきましょう。

「電気工作物は一般用電気工作物と事業用電気工作物に分けられます。そしてこの中で事業用電気工作物は電気事業用電気工作物と自家用電気工作物に分けられます。」

初めてこんな文章を見た人は分かりにくいな〜と感じるでしょう。

覚えやすいヒント:すべての項目で電気工作物という言葉は共通しているのでこれを省いて覚えると楽に覚えられますよ。
例えば上記の文章で言えば「電気工作物は一般用と事業用に分けられます。そしてこの中で事業用は電気事業用と自家用に分けられます。」とすれば頭に入りやすくなるのではないでしょうか。法令はくどいように書かれていますので、法令を勉強するときに参考にしてみてください。

一般用電気工作物とは

電気事業者から600ボルト以下の電圧で受電している場所等の工作物で、一般住宅や小規模な店舗、事業所などでの工事になります。
「第2種電気工事士」の資格で工事できます。もちろん「第1種電気工事士」ならノープロブレムです。

自家用電気工作物とは

一般用及び電気事業用以外の電気工作物で、工場やビルなどのように電気事業者から高圧以上の電圧で受電している事業場等の電気工作物をいいます。
「第1種電気工事士」の資格でできる工事はこの中で最大電力500キロ未満の需要設備です。

電気事業用電気工作物とは

電気事業者の発電所、変電所、送配電線などの電気工作物をいいます。

付記

「第一種電気工事士」は自家用電気工作物で最大電力500キロワット未満の需要設備なら従事されるとありますが、例外があります。ネオン用の設備及び非常用予備発電装置の電気工事、特種電気工事資格者認定証の交付を受けていなければ従事する事はできません。試験問題にしやすい項目ですので覚えておいた方がいいでしょう。

1口メモ

電気工事士は、電気エネルギーを伝える上で欠かせない仕事をしています。その国家資格がなければ電気工事はできません。(一部軽微な工事は資格がなくてもできます。)

電力会社,建築用語,登録商標,関係法律,ネジ・ビス,仕事探し,求人,設計,メーカーのホームページ,内線規定,電気工事施工管理  
テレビ工事,エアコン工事,JW-CAD,LAN設定,コンクリート,塗装  
電気工事士関係の単語登録  
電気工事士略語  
アプリケーションソフト(フリーウェア、シェアウェア)  
消防設備士  
電気工事士の資格試験  
電気設備工事見積ソフト  
電気工事士関係の本  
電気工作物  
電気工事士実技試験関連の動画 youtube  
合成抵抗  
導体抵抗と抵抗率  
電流の分配  
オームの法則  
熱量  
インピーダンス  
交流の特徴とリアクタンス  
軽微な工事 (電気工事の資格不要で行える)  
通信教育(独学)で電気工事士の資格取得  
電気工事士の資格−免状交付  
私の失敗話
JW-CADで電気設備図面を書くための、初心者向けマニュアル
★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
バッテリの液量 ⇒ 自動車のエンジンルーム内の、バッテリ液タンクを点検しましょう。

液が規定の範囲にあるかを確認します。足りないようでしたら、精製水の補充をしましょう。

プライバシーポリシー  免責事項 電気工事士ネットのTOPへ戻る JW-CADの使い方