実技試験関連の動画 youtube

電気工事士の実技試験に役立ちそうな作品が、動画共有サイトのYouTubeの中にあります。自己流でやっておられる人は、自分の作業に問題がないか再確認しておいてください。すでに電気工事士の資格を取っておられる方も、再度見直してみると、意外な発見があるかもしれませんね。

電気工事士の学科試験は、ある程度勉強していれば時間的余裕もありそんなに心配ないでしょう。ただし、電気工事士の学科試験合格後にやってくる技能試験は、時間が少ないという事が最大のネックになります。時間的余裕がない状況下では、普段は起こさないミスを誘発してしまいます。冷静な状況判断が出来なくなるようです。時間の余裕があればなんでもない問題でも、焦っていると手先の動きは悪くなり頭の回転も悪くなります。電気工事士の技能試験というのは、あえてそういった状況下でもミスなく時間内に製作できるかを見極めて選別しているのではないでしょうか。

山を張らずに、公表されている電気工事士の技能試験問題は、すべてマスターしておくべきでしょう。

欠陥判断基準 この判断基準をしっかり把握して、合格するように頑張ってください。

問題と回答 「第2種電気工事士」 「第1種電気工事士」 「第3種電気主任技術者」 「第2種電気主任技術者」 「第1種電気主任技術者」

HOZAN

「VA線ストリッパー」で外装被覆を剥く(VVF電線編)by ホーザン 
対決!P-956 vs ペンチ&ナイフ ランプレセプタクル用のの字曲げを作る by ホーザン 
露出型コンセント用のの字曲げを作る by ホーザン 
「VA線ストリッパー」で内装被覆を剥く by ホーザン 
ランプレセプタクルに結線 by ホーザン 
「VA線ストリッパー」の握り方の基本 by ホーザン 
「VA線ストリッパー」でVA線をカットする by ホーザン 
露出型コンセントに素早く結線 by ホーザン

osakalocalさん 
複線図の描き方 基本 
複線図の描き方 3路・4路スイッチ 
複線図の描き方 パイロットランプ編 
電気工事士技能試験の必要最低限の工具 
電線と接続材料と器具について 
電気工事士ペンチとコネクターの使い方 
差込形器具への対応 
電工ナイフによるVVRケーブル加工 
被覆の剥ぎ取りと輪作り 
ヒロヤンさん
絶縁電線を電工ナイフで剥く 
VVFケーブルを電工ナイフで剥く 
VVFケーブルを電工ナイフで縦割り 
VVRケーブルを電工ナイフで剥く 
リングスリーブの圧着 
差込形コネクターの使い方 
埋込連用取付枠に配線器具を取り付ける 
配線器具の取付け 1個、2個 
スイッチの説明 
電線の抜き方 
電線の輪の作り方 
ランプレセクタプルの結線 
露出コンセントの結線 
引掛けシーリングの結線 
端子台の結線 
200V接地極付コンセントの結線 
接地端子と接地線 
ねじなし電線管とアウトレットボックスの接続 
PF管とアウトレットボックスの接続 
3路スイッチの結線 
4路スイッチの結線 
常時点灯パイロットランプの説明 
同時点灯パイロットランプの説明 
異時点灯パイロットランプの説明 
ゴムブッシングの使い方 
防護管の取付 
アースボンド線の取付 
ケーブル切断寸法 
VVFケーブルのアウトレットボックスへの入れ方 
VVFケーブル外装の剥ぎ取りと結線要領 
ジョイントボックス内の結線

youtubeにはいろんな動画がありますね。参考にしたいお役立ち動画も、沢山ありますよ。

1口メモ

電気工事士の試験で、他の試験と大きく違うのは実技試験があることです。昔の電気工事士の実技試験はノップ引きの配線が主で大変だったそうです。今は電気工事士の実技試験もテーブル上でできるようになり楽になりましたが、制限時間は短いですので練習を重ねて素早く工事ができるようにする必要があります。

電力会社,建築用語,登録商標,関係法律,ネジ・ビス,仕事探し,求人,設計,メーカーのホームページ,内線規定,電気工事施工管理  
テレビ工事,エアコン工事,JW-CAD,LAN設定,コンクリート,塗装  
電気工事士関係の単語登録  
電気工事士略語  
アプリケーションソフト(フリーウェア、シェアウェア)  
消防設備士  
電気工事士の資格試験  
電気設備工事見積ソフト  
電気工事士関係の本  
電気工作物  
電気工事士実技試験関連の動画 youtube  
合成抵抗  
導体抵抗と抵抗率  
電流の分配  
オームの法則  
熱量  
インピーダンス  
交流の特徴とリアクタンス  
軽微な工事 (電気工事の資格不要で行える)  
通信教育(独学)で電気工事士の資格取得  
電気工事士の資格−免状交付  
私の失敗話
JW-CADで電気設備図面を書くための、初心者向けマニュアル
★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
冷却水の量 ⇒ 自動車のエンジンルーム内の冷却水タンクは、外側から簡単に見えるように設計されています。

上限ラインと下限ラインとの間にあるかどうかを、点検します。もし不足していたら冷却水を補充しましょう。

プライバシーポリシー  免責事項 電気工事士ネットのTOPへ戻る JW-CADの使い方