電力の自由化、都市ガスの自由化がすでに始まっています

電力自由化 2016年4月~

電力システム改革の目的-経済産業省 資源エネルギー庁HPより

  1. 安定供給の確保
    広域的な電力融通を促進。再エネや自家発電など、多様な電源の活用。
    無理のない節電の仕組みにより、計画停電に頼らないシステムへ。
  2. 電気料金の最大限抑制
    企業間での競争を促進させ、電気の生産や販売を行う企業の、創意工夫や経営努力を生み出します。
  3. 電気利用の選択肢、企業の事業機会の拡大
    一般家庭、企業を含めたすべての電気利用者が、自由に選べるようになることで、企業のビジネスチャンス、イノベーションを生み出します。

比較から申込までWEB完結。申込時に再入力の手間がないので1分で申込。【引越し手続き.com】

【業界初!宝くじ付き電力】

WEBから指定の条件でお申込みで最大30,000円キャッシュバック!【電気チョイス】

あなたの電気代、どのくらいお得になる?J:COM電力

基本料金/解約手数料0円【あしたでんき】

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

最大35,000円が戻ってくるキャッシュバックキャンペーン

電話一本で電気代削減&現金キャッシュバック【ライトでんき】

ガス・電力もまとめておトク!【J:COMガス】


ガス自由化 都市ガス2017年4月~

ガスシステム改革の目的-経済産業省 資源エネルギー庁HPより

  1. 天然ガスの安定供給の確保
    ガス導管網の新規整備や相互接続により、災害時供給の強靱化を含め、天然ガスを安定的に供給する体制を整えます。
  2. ガス料金を最大限抑制
    天然ガスの調達や小売サービスの競争を通じ、ガス料金を最大限抑制し、国民生活を改善します。
  3. 利用メニューの多様化と事業機会拡大
    利用者が、都市ガス会社や料金メニューを多様な選択肢から選べるようにし、他業種からの参入、都市ガス会社の他エリアへの事業拡大等を通じ、イノベーションを起こします。
  4. 天然ガス利用方法の拡大
    導管網の新規整備、潜在的なニーズを引き出すサービス、燃料電池やコージェネレーションなど新たな利用方法を提案できる事業者の参入を促します。

都市ガス料金を5%安くする方法教えます!


これより下は、プロパンガス

プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】