JW or JWW-CADの使い方 レイヤーの、使い方の利点と問題点


JW or JWW-CADでレイヤーを使う時の、使い方の利点と問題点です・・・JWWキャド/マニュアル



レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) 

レイヤー分けの利点と問題点

利点

JW or JWW-CADなどで建築図面などを作成する時は、通り芯、柱、壁、文字、ドア、窓、タイル、天井など、レイヤーを分けて作成するようにしましょう。極端な話、このレイヤー分けを使わなくても、JW or JWW-CADなどのCADで一つのレイヤーで1枚の図面を書くことはできます。しかし、後工程を考えるとレイヤー分けをしているのとしていないのでは、雲泥の差が出て来ます。例えば、ドアの開きが右開きから左開きへ、あるいは開きが室内側から廊下側へ変更などしょっちゅうあります。




JW or JWW-CADなどで図面を書くときに、壁とドアを別のレイヤーにしておけば編集作業が楽になります。壁のレイヤを表示のみにしておくとドアだけの選択が容易にでき、軸反転移動などあっという間にできてしまいます。設備関係の図面でも、このレイヤー分けは重要です。CADの建築データの上に設備の図面を書いていくのですが、レイヤー分けをしていないと、ちょっとした修正でも大変な苦労をしてしまいます。JW or JWW-CADなどで作業する際に、消去・移動・複写など、レイヤーが一緒でしたら建築の図面まで選択してしまい、選択除外など余計な作業が発生します。建築の図面は表示のみにしておき、設備の図面を作図可能あるいは編集可能にしておけば、図面の選択時に設備だけ選択するので、修正が容易になります。また建築のレイヤを非表示にすれば、設備だけの図面が表示されますので、設備設計の確認が容易になります。

問題点

建築図などで、たまにレイヤを使っていても何の規則性もなく、バラバラと適当に多数のレイヤを使っている図面を見ることがあります。それらのレイヤを全部表示すれば1枚の図面ができるので、それはそれでもいいのかもしれません。しかしそれなら、一つのレイヤだけで書けばいいのではと、疑問に思うこともあります。このレイヤには柱や壁、もう一つのレイヤには建具を書くなど、ある程度のルールを自分なりに作ってそれに沿って書いていくと、変更修正が楽に行えます。10個くらいまでのレイヤ構成で、作図することを推奨します。JW or JWW-CADには256個ものレイヤがありますが、どんなに多くても2~30個のレイヤまでで、それ以上増やさない方が賢明です。




よほど頭の切れる人でない限り、100や200などのレイヤを管理することはできません。そして一番肝心なことですが、データのやり取りを他の人とする際に、その人にしかわからないようなレイヤ構成は避けるべきでしょう。以前、CADデータを貰った時びっくりした事があります。その図面は100以上のレイヤで構成されていて、同じ場所に複数の全く違う図面が置かれていました。レイヤの組合せで、例えば1と6と8の組合せで1枚の図面、2と7と9で1枚の図面というやりかたで、立面図と平面図などを同じ位置に書いていたのです。一つの図面が100以上のレイヤで構成され、必要な図面はレイヤの組み合わせで表現されるもので、第3者には理解不能でした。 さすがに修正する気力も失せ、電話をしてレイヤの組合せを聞いて、やっと図面を出すことができました。データを渡すときには気をつけたいですね。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント お勧めのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

図面作成を効率的に行う、フリーソフト/無料の紹介です

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JW or JWW-CADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JW or JWW-CAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける方法
JW or JWW-CADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JW or JWW-CAD図面に書く
樹木などの造園データを、JW or JWW-CADで使う
図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く
電気設備図面で、フリーソフト/無料での電気シンボルを使う
電気設備の施工図作成で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフト/無料のシンボルを利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する 別パターン

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール No2  JW or JWW-CADとの関わり

JW or JWW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト/無料の紹介です

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW or JWW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JW or JWW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW or JWW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  ファイルを名前を付けて保存で、JW or JWW-CAD の旧バージョンで保存して相手方に渡す必要があることもあります。相手方がJW or JWW-CADをバージョンアップしてくれればいいのですが、なかなか思うようにはいかないですね。しかし、自分のパソコンには最新バージョンを入れておきましょう。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4  リンクサイトNo5    セルフ紹介

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー



要領・基準 | 電子納品に関する要領・基準
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品に関する要領・基準 ガイドライン
 国土交通省 電子納品ホームページ

CAD製図基準、CAD製図基準に関する運用ガイドライン改定のお知らせ
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品とは、「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品すること」をいいます。ここでいう電子成果品とは、「工事または業務の共通仕様書等において規定される資料のうち、各電子納品に関する要領に基づいて作成した電子データ」を指します。 電子納品の目的は、公共事業の各事業段階で利用している資料を電子化し、共有・再利用することで、以下に示す効果を実現するものです。 (事業執行の効率化) 資料の再利用性を向上させることで、効率的な事業執行を実現する。 (品質の向上) 事業全体の情報を電子的に共有化・伝達が実現することによって、情報の伝達ミスや転記ミスなどを低減し、公共事業の品質向上を実現する。 (ペーパーレス、省スペース) 資料授受を容易にするとともに、保管場所の省スペース化を実現する。

Copyright(C) 2006 JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル). All rights reserved.

2020年8月4日Update record