JW_CAD JWWは、建築図を作る目的で開発された建築系2DCADであり、フリーソフト界の雄です。メニューからわかるように、建築平面図・建築断面図・建築立面図・日影図・天空図などの建築図作成機能が充実しています。CADとしての基本性能が優れていて、しかも無料で使えるフリーソフトですので、さまざまな分野で幅広く利用されています。建築図、土木図、電気設備図、空調・給排水設備図、消防設備図、機械図、デザイン図など枚挙にいとまがありません。 2、3週間もかければ、JW_CAD JWWの一通りの使い方はマスターできます。就職や転職の際など、大きなアピールポイントになります。スキルアップをして、自らの価値を高めておきましょう。
みんなの質問の多い操作 レイヤー  印刷  画像  線の太さ  塗りつぶし(ソリッド)  PDFへの変換  拡大縮小  移動  寸法  ダウンロード

JWキャドの使い方 目次  PDF編集 目次 ページ最下部にも目次  当サイトは、PRが含まれています


楽天回線使用の体験談

モバイル料金を、見直す時かもしれません

あなたは、モバイル料金を1年間でいくら使っていますか。最近、紙での領収お知らせなどが減ってきています。モバイル料金がいくらかかっているかも聞かれても、即答できるほど把握している人は少ないでしょう。モバイル各社は相当な努力をして、以前のように毎月2~3万円などのような料金設定は改善しつつあります。それでも楽天モバイルのように、無制限で2,980円(税抜き)で行っている会社もあります。私は楽天モバイルに切り替えてから2,3年経ちますが、特に文句もなく使えています。以前は山奥などで調子が悪い時もありましたが、最近はauの電波を借りて、基地局の少なさの問題も解決しています。PCのインターネットも、スマホのテザリング機能を使い無料で接続できています。フレッツ用での固定電話は廃止して、プロバイダ、ADSL使用料、端末レンタル代も必要なくなりました。今後値上げなどするかもしれませんが、その時まで現在の楽天モバイルを愛用していくつもりです。なんといっても、モバイル+インターネットの料金が安くなるのは魅力的です。

楽天モバイル使用の体験談

NTTフレッツのADSLの時代より、年間71,880円の節約に成功しています。NTTフレッツのADSLの時代より、年間71,880円の節約ができています。それが5年間なら359,400円、もし10年間なら718,800円になります。楽天モバイルを利用して、スマホとPCインターネットを行い、固定電話も不要と考えて廃止して、年間71,880円の節約ができています。

NTTフレッツのADSLが、 2023年1月末で終了しました。 今までADSLはスピード的にも満足できるレベルであり何より安かったので、終了のアナウンスを聞くまでは、インターネット接続を変えようとは思っていませんでした。

光通信も考えましたが、高額になりますので決心がつきませんでした。

そこで考えたのが、楽天モバイルを使い【スマホ+インターネット接続】をする方法です。始めてから2,3年経ちますが、たいしたトラブルもなく、とても満足しています。料金プラン

PCでのインターネットは、PCにWiFi無線LAN 子機をつないで、楽天モバイルのテザリングでやっています。ここでトラブルが起きるとインターネットがつながりません。トラブルで多いのが、スマホ側の設定で「ネットワークとインターネット」の中のテザリングがOFFになっていたことです。デバイスが接続されていない場合は、WifiテザリングがOFFになる設定にチェックされていたことです。

PC側のトラブルは、設定の中の「ネットワークとインターネット」をクリックしてその中の「ネットワークのトラブルシューティングツール」で、ほとんど解決できます。それでも復旧できなかったら、PCの再起動すればネットワークの問題は解決できます。
インターネットで何をするかを考えてみると、ホームページやyoutubeを見たり、メール、SMSなど使ったりとあまり高性能のインターネット環境は必要ありません。

インターネット接続で、光通信以外で一番最初に思いついたのはポケットWiFiでしたが、それでも各社3,800円前後と、ADSLに比べて割と高額でしたので、保留していました。

そういう時に、米倉涼子さんのコマーシャルが始まりました。最初のうちはウルサイコマーシャルだなと思い、その内容はほとんど耳に入ってきませんでした。しかし、何度も聞いているうちに料金ワンプランで、他の格安スマホより優れていることがわかってきました。

そこからいろいろと考えて、ADSLの終了対策として、楽天モバイルを使うという結論になりました。


ADSL時代よりも格安で、【スマホ+インターネット接続】が使えるようになりました。現在は楽天モバイルに乗り換えて、ADSLやプロバイダ、固定電話を廃止しています。【スマホ+インターネット接続】の料金が両方合わせて最大でも3,278円(税込)/月と驚きの格安料金が可能になりました。

インターネットを利用するのに、スマホのテザリングを使いますので、【スマホ+インターネット接続】が、無制限で考えても、3,278円(税込)/月でOKです。あまり使わない月が3GBまでなら、1,078円(税込)と自動的に、支払額が変わります。料金プラン

この料金設定が初めて聞くような会社でしたらうさん臭く聞こえるかもしれませんが、野球の東北楽天ゴールデンイーグルス、楽天市場、楽天カードなどを展開している楽天です。今打ち出している金額は安いですけど、簡単に通信料を値上げして楽天モバイルを儲けを出す体制にすることはないでしょう。通信の事業で大きな利益は出なくても、グループ全体の売り上げUPでカバーする戦略でしょう。

みんなに勧めたい楽天モバイルですが、エリアには注意しておく必要があります。大きなメリットを得られる料金設定は、楽天のエリア内という条件があります。

2023年6月時点で人口カバー率は99.9%で、つながらないストレスはほとんど感じないでしょう。楽天回線エリアのページで調べて、自分の居住地を調べてみてください。楽天回線エリア  

楽天モバイルのスマホ通話ですが、専用アプリを使うことにより、国内通話が無料でかけ放題ができます


無料通話が時間制限などがないので、使い勝手が断然良いですね。ただし、0570から始まる電話などには使えないので、不満に思う点はそれだけでしょう。LINEの通話と同じぐらいの通話品質ですので、仕事上で使うには少々役不足かもしれません。それでも家族や友人などで話す分には、十分に役目を果たしてくれています。

パソコンなどのインターネット接続は、楽天モバイルの応端末から機種を選び、テザリングを利用しています。
私の選んだ機種はAQUOS sense4 lite で、バッテリーが約4,570mAhと大容量で、Wifiテザリングをするのに最適でした。
ところで、テザリングとは

テザリングとはデータ通信機能をもったスマホなどを親機として、そこからパソコンなどをWi-FiやBluetoothの無線あるいはUSBケーブルの有線でつなぎ、インターネットに接続することを言います。もちろん、端末がテザリングに対応しているか、仕様書などで確認する必要があります。

おすすめテザリングは、100均でも買えるUSBケーブルでスマホとパソコンなどをつなぐUSBテザリングです。


USBケーブルをつないだ時にスマホ側にでてくるメッセージで、USBテザリングの項目をタップするだけで、パソコンなどをインターネットにつなぐことができます。

USBテザリングは、USBケーブルでパソコンとスマホを接続したときスマホ側にでてくるメッセージで、「USBテザリング」の項目をタップするだけです。

それだけで、パソコン側でインターネット接続ができます。

とりあえず、USBケーブルを使ったテザリングを体験しましょう


言葉は難しく感じますが、USBケーブルをつないでスマホ側に出てくるメッセージで、USBテザリングの項目をタップするだけですので、超カンタンです。 USBケーブルを通じてスマホの充電もできますので、充電の心配は不要です。

USBテザリングに慣れましたら、Wifiテザリングを追加しても良いでしょう。1:1のUSB接続ではできない複数のWifi子機をインターネットにつなぐことができますので、便利に使えるようになります。USBテザリングは確実ですが、USBコードがちょっと邪魔くさいのが難点です。Wifiテザリングもできるように環境を整えておけば、スマホからUSBコードを外した状態でもインターネット接続ができます。

必要なアンテナは1,500円くらいで家電店に売られていますので、試しに導入してみてはいかがでしょうか。気軽にWifiテザリング機能を試してみてください。

Wifiテザリングはバッテリーを非常に使うといろんなサイトで書かれていますが、どのくらい消費しているのか調べたことがありますので、参考にしてください。朝90%(4,113mA)→就寝前22%(1,005mA)で1日つけっぱなしで3,108mAの消費量、別の日に測定では、朝100%(4,570mA)→20時に30%(1,364mA)で3,206mAの消費量でした。人により使用方法はさまざまで、バッテリー消費量は違ってくるでしょう。Wifiテザリングでバッテリーが減ってきたら、その都度充電をすれば良いのですが、せめて1日は充電の心配がないバッテリー容量の機種を選んだほうが良いでしょう。(4,000mA)以上を、推奨します。

現在の私の充電回数は、1日1回で済んでいたのが、バッテリーの劣化と思われますが、1日朝夕2回になっています。

なぜテザリングを使うのか、テザリングのメリットとは

テザリングを使えば、インターネット接続が大変安くなります。スマホを楽天回線の対応端末を使えば、光通信やポケットWifiなど用意しなくても、テザリング使用でインターネット接続ができます。

またプロバイダ料金は必要ありませんので、それが不要というのも大きなメリットがあります。

楽天モバイルを使えば、スマホとインターネット料金が最大でも3,278円(税込)/月と、信じられない安価な料金で利用できます。

楽天モバイルは3,278円(税込)/月で無制限のデータ容量が使えますので、データ量を気にするストレスはありません。 ただし楽天回線エリア内であるという条件が必要です。 楽天回線エリア

ポケットWifiも考えましたが、各社とも3,800円前後とあまり安くならないので、今まで保留していました。しかし楽天モバイルを調べてみると、スマートホンのテザリング機能を使えば、ポケットWifiルーターのような使い方ができます。

おかげで今は楽天モバイル のスマホ料金を払うのみで、パソコンなどのインターネット接続はできるようになっています。


WiFiテザリングが、不調の時の対応方法  1
  1. スマホのテザリングWiFiを、ONにする
  2. PC設定のネットワークとインターネットを開き、インターネット接続されているか確認して、未接続になっていたらトラブルシューティングを実行します。
  3. PC側のアンテナを再接続して、無線LANアンテナのWPSボタンを押す
  4. パソコンをシャットダウン 5~10分間放置後起動

一番多かったのは、1のスマホのテザリングが、OFFになっていたことです。それがONになっていたら、2のトラブルシューティングを行えば、ほぼ解決します。

WiFiテザリングが、不調の時の対応方法 2
前述の1~4のWiFiテザリングが、不調の時の対応方法
1とダブっている項目がありますが、無線LANアンテナのWPSボタンの項目は、あまり必要ないかもしれません。スマホのテザリングWiFiを、ONにするとほぼ解決できると思います。もしダメの時は、2のインターネットトラブルシューティングを行います。1と2を試せば、ほぼ解決できます。

それで解決しない時には、3や4の項目を試してみてください。

インターネット接続料金の推移

ADSLではADSL利用料2,950円+固定電話1,550円+プロバイダ990円+ADSLモデムのレンタル440円+ADSLスプリッタレンタル50円と結構多額(5,980円)の料金が必要でした。

この金額に格安スマホの月額使用料金1,320円を足した金額7,300円が今までのインターネットとスマホの使用料でした。

この料金を楽天モバイル に変更すると、毎月3,278円(税込)/月+固定電話1,550円/月ですみます。

そしてこれを機に、長年の懸案事項であった固定電話も廃止することにしました。電話連絡はスマホがあれば十分ですし、固定電話は最近はセールスの電話や怪しげな内容の電話ばかりで、必要性に疑問が生じていました。

固定電話料金も不要となれば、【スマホ+インターネット接続】が最大でも3,278円(税込)/月でできます。

安いと思われていたADSLですが、固定電話料金込みでは7,300円もかかっていました。

楽天モバイル 3,278円(税込)/月を利用して固定電話を廃止すれば、ADSL時代よりも毎月4,022円の節約ができます。

年間に換算すれば、通信費節約代が48,264円/年とかなりの額になります。

少しでも蓄財したいという人は、モバイル通信費など節約しやすい分野で頑張ったほうが賢明です。

特にスマホやインターネットは必需品であるにかかわらず、今まで高額の料金が必要でした。

しかしここに楽天モバイル が参入した恩恵は、大きなものがあります。

スマホ各社は格安料金プランを打ち出しつつありますが、その料金は談合でもしているのではと思わせるほど、ほとんど料金に変わりがありません。その使用できる容量も20GBなど小容量プランが大部分です。私の毎月の使用容量は50GB前後で、新たなプランの格安スマホでは、大きく不足します。

しかし楽天モバイル の料金プランを見ると、3GBまでは980円(税込1,078円)、3GBを超え20GB以下の場合は1,980円(税込2,178円)、20GB超過後は3,278円(税込)/月で使い放題など、アンビリーバブルな料金です。

楽天市場や楽天カード、楽天トラベル、楽天銀行などグループ全体の売り上げを向上させるための作戦でしょう。楽天モバイル の料金プランは、通信で利益があまり出なくても、グループ全体で利益をカバーできるという算段でしょう。最近は、楽天の基地局増設などでの赤字が膨らみ、グループ全体の赤字額を増やしているとのニュースを見るようになりましたが、ユーザーの利用料金を引き上げる動きにはなっていません。これから先の経営状況が不透明で、ユーザー料金の値上げなどしてきた場合などキャリアを変える可能性もありますが、当面はその必要性はないでしょう。各キャリアに変える際にも、MNPで今の電話番号をそのまま使えれば、通信回線をどこにするかだけの話で、気楽に状況推移を見守ることができます。

価格破壊を唱えて今までのキャリア以外の新規参入で道のりは大変ですが、状況の推移を見守っていこうと考えています。

Rakuten Hand5Gの特長  
無制限3,278円(税込)~3GB 1,078円(税込)と、3段階で自動変更  
楽天回線エリア   料金シミュレーション 料金プラン  無料電話と無料メアド  対応端末 管理人体験談
JW_CAD(JWW-CAD)の使い方 /基本操作や基本設定~初心者向けのTOPへ戻る

Copyright(C) JW_CAD(JWW-CAD)の使い方 /基本操作や基本設定~初心者向け. All rights reserved.

基本操作や基本設定 目次一般

Updated April 12, 2024

JW_CAD(JWW-CAD)の使い方 /基本操作や基本設定の、TOPへ戻る



基本設定 基本操作 レイヤーの使い方 線の太さを変える  印刷  画面表示の記憶 外部変形 角度取得 環境設定ファイルについて   座標ファイル 軸角・目盛・オフセット 図形登録 図形配置 寸法図形化 寸法図形解除  線記号変形 線属性 測定 属性取得 属性変更 データ整理 長さ取得 2.5D 表計算 パラメトリック変形 表示 ファイル ブロックツリーとブロックツリー半透明化 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に  レイヤー非表示化   おすすめのキーボードショートカット 移動  鉛直円周点 AUTO 拡大縮小 画像貼り付け 曲線 コーナー 四角 消去 伸縮 寸法 接円 接線 線上点 多角形 建具断面 建具平面 建具立面 中心線 直線  2線 塗りつぶし=ソリッド ハッチ 範囲 複写 複線 分割 ブロック化 ブロック解除  包絡 面取 文字 連線 
・ JW CAD|JWWの作図時間を、大幅に短縮  ・ JW CADの使い方|JWW/基本操作や基本設定 目次  ・JW CADの使い方|JWW/基本操作や基本設定の目次一般   ・PDF編集目次詳細へ 
PDF作成編集~フリーソフト、フリーオンライン CAD図面をPDF化   PDFtoDXF フリーソフト  PDF結合 フリーソフト、フリーオンライン PDF圧縮 フリーソフト、フリーオンライン  PDF分割 フリーソフト、フリーオンライン  PDF作成 フリーソフト、Windows  PDFtoJPEG フリーソフト  PDFパスワード解除 フリーオンライン  PDFパスワード作成 フリーオンライン  PDFとは

CAD(キャド)(きゃど)は、さまざまな分野で幅広く利用されています。建築設計、土木設計、電気設計、空調・給排水設備設計、消防設備設計、機械設計、デザイナーなど枚挙にいとまがありません。CAD(キャド)(きゃど)は英語の略です 。Computer Aided Designが元の言葉で、訳すればコンピュータが支援する設計になります。CAD(キャド)(きゃど)は、コンピュータを用いて設計を行います。そのため精度の向上や、設計作業の効率化が実現できます。CAD(キャド)(きゃど)データの共有や活用ができます。作成した図面をデータとして保存しておけば、複数のユーザーで共有したり、他の工程で活用したりすることができます。そこには、紙の図面ではできなかったことが、簡単にできるようになります。