JW or JWW-CADの使い方 このサイトは、初心者向けの内容です


JW or JWW-CAD(ジェイダブル キャド)は、簡単に覚えられるCADで、フリーソフト/無料です・・・JWWキャド/マニュアル


このサイトは、初心者向けの内容ですが、一通りマスターすればある程度の図面を書くことができるようになります。

エクセルやワードなど、一通り使える人は多いでしょう。しかしそれらのソフトを、極めている人は少ないでしょう。極められたら良いのですが、他にしなくてはならないことが多くて、そこまで手が回りません。それでも一通り使えるだけでも、自分の意図する書類は十分作れます。そこでこのサイトでは、初心者が一通りのJW or JWW-CADの使い方を習得することを目的としています。初心者の人がJW or JWW-CADのマニュアルとして、このサイトを利用してもらえたら嬉しいです。



JW or JWW-CADの使い方に記載の目次について

JW or JWW-CADの操作(使い方)を覚えていく時、目次項目の上の作図関係をまずマスターして、その後に下のファイル操作などに移っていった方がわかりやすいと思います。各項目ともページ内容は少ないですので、肩に力を入れずに気軽に取り組んでください。すでにJW or JWW-CADを使い始めて、習得途中で様々な疑問が生まれている方は、Q&A(質問と回答)としてご利用ください。


JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント お勧めのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に



図面作成を効率的に行う、フリーソフト/無料の紹介です

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JW or JWW-CADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JW or JWW-CAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける方法
JW or JWW-CADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JW or JWW-CAD図面に書く
樹木などの造園データを、JW or JWW-CADで使う
図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く
電気設備図面で、フリーソフト/無料での電気シンボルを使う
電気設備の施工図作成で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフト/無料のシンボルを利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する 別パターン

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール No2  JW or JWW-CADとの関わり



JW or JWW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト/無料の紹介です

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW or JWW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JW or JWW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW or JWW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。



これより下は、補足事項になります。急がれる方は、前述の目次から始めてください。目次は、Q&A(質問と回答)としても利用できます。



JW or JWW-CADの使い方を覚えるコツ

今までにCADを使った事がない初心者の人は、最初は右も左もわからない状態だと思います。JW or JWW-CADに慣れるまでは、トレースをするのがオススメです。サンプルの図面を別レイヤーに入れて表示のみにしておき、区別が付くように赤色や青色などでサンプル図面と同じように仕上げていきます。サンプル図面をなぞっていくとイメージすれば良いでしょう。サンプル図面はC:\JWWのフォルダに、木造平面図やマンション図などが入っていますので、それで練習してください。直線、○、円弧、□、文字など色々と駆使する必要がありますので、初心者が勉強するには最適です。最初から複雑な図面ではすぐにやる気が失せてしまうかもしれませんので、木造平面図あたりが最初は良いでしょう。エクスプローラで、C:\JWWのフォルダを開くとサンプル図面が入っていますので、利用してみてください。


私がJW or JWW-CADを覚えていく初心者の段階で、建築図のトレースを数えきれないほど行いました。建築図の部品配置などを使えば早くできますが、覚える基礎の段階ではそれらは封印して、ひたすらトレースしました。そうしていると、山のようにブレーキがかかります。四角形はどうすれば書けるのか、円弧はどうすれば書けるのか、文字はどうすれば書けるのかなど、出来上がりの図面は単純に思えても、それを実際に書くとなると簡単ではありません。1個ずつクリアしていけば、同じ事でつまづくことがなくなりますので、次第に習得のスピードが上がっていきます。1個ずつクリアしていく段階で、このサイトを利用して一日も早く初心者のレベルを脱してください。



JW or JWW-CADを、活用しましょう

JW or JWW-CADは設計や製図の仕事だけでなく、身の回りの印刷物を作ることにも応用できます。私もエクセルなどでは難しい複雑な表を、JW or JWW-CAD(キャド)で作成しています。その際はエクセルの複雑な計算式は使えないので、ただ表の形さえあれば構わない時に、使っています。その形さえあれば良い書類は、ものすごくあります。キャドで書類を作るというのは、キャドに慣れた人なら得意分野になるでしょう。初心者のレベルでも、表関係の書類は簡単に作れます。唯一の欠点は、データのやり取りをする時に相手方がキャドを使えないといけないことでしょう。

就職や転職の際のセールスポイントに

求人募集に、JW or JWW-CADが使えることという条件を出す建築会社や設備会社、設計事務所などが増えてきました。社内教育の時間がもったいないのか、新入社員には即戦力を求めています。JW or JWW-CADを使えるということは、就職や転職の際などに、大きなセールスポイントになります。自分自身のスキルアップのためにも、是非習得しておきましょう。JW or JWW-CADはフリーソフト/無料で、余計な出費がかかりませんので、初心者でも気軽に取り組むことができます。

JW or JWW-CADがCAD業界に与えた影響は、計り知れないものがあります。

ソフトメーカーのCADが、その存在を脅かされているかもしれません。しかし別の観点から見れば、高額のソフト代を払わずにCADがつかえるようになったということは、CADの裾野を大きく広げたという功績もあります。フリーソフト/無料の中で、JW or JWW-CADほどのフリーソフト/無料は他にはないといったら褒めすぎでしょうか。



JW or JWW-CADの名の由来

初めてJW or JWW-CADというフリーソフト/無料の存在を知った時に、CADはわかるけどJWって何と思った人も多いことでしょう。簡単に言えば、作者さんのイニシャルの頭文字を取っているものです。JW or JWW-CADは清水さん、田中さん、途中から岡野さんの3人で開発が進められました。最初は名無しのソフトであったのですが、それでは具合が悪いので名前をつける必要がありました。そこで清水さん、田中さんのイニシャルから名前を付けました。清水さんのJiro shimizuから「J」という文字が使われました。一方田中さんのプログラムを作るときのペンネームがW.Tanakaだったのでそこから「W」という文字が使われました。この両者を合わせてJWというネーミングになりました。プログラム開発の初期段階でとりあえずJWとイニシャルからつけた名前だったのが、今日に至っている経緯があります。すでにJW or JWW-CADという名前は世の中に浸透してしまっているので、これから先もその名前が変わることはないでしょう。

一口メモ JW or JWW-CADは無料で使える秀逸のフリーソフト/無料で、利用者も多いソフトです。利用者が多いということは、周りにもJW or JWW-CADの愛用者がいるということなので、自分が初心者であっても気軽に教えてもらうこともできます。わからないことはインターネットでも解決できますので、とにかく使ってみましょう。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4  リンクサイトNo5    セルフ紹介

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー



要領・基準 | 電子納品に関する要領・基準
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品に関する要領・基準 ガイドライン
 国土交通省 電子納品ホームページ

CAD製図基準、CAD製図基準に関する運用ガイドライン改定のお知らせ
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品とは、「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品すること」をいいます。ここでいう電子成果品とは、「工事または業務の共通仕様書等において規定される資料のうち、各電子納品に関する要領に基づいて作成した電子データ」を指します。 電子納品の目的は、公共事業の各事業段階で利用している資料を電子化し、共有・再利用することで、以下に示す効果を実現するものです。 (事業執行の効率化) 資料の再利用性を向上させることで、効率的な事業執行を実現する。 (品質の向上) 事業全体の情報を電子的に共有化・伝達が実現することによって、情報の伝達ミスや転記ミスなどを低減し、公共事業の品質向上を実現する。 (ペーパーレス、省スペース) 資料授受を容易にするとともに、保管場所の省スペース化を実現する。

Copyright(C) 2006 JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル). All rights reserved.

2020年8月4日Update record