当サイトは、PRが含まれています

センサー付きのLED電球も、安くなっています。コード付ソケットとLED電球(昼光色あるいは電球色)を1セット購入しても、2,000円弱です。コード付きソケットを使えば、コンセントが近くにあれば、水気のない所ならどこでも使えます。スイッチを探す手間も必要なく、便利な生活ができます。
コード付ソケット E26 コード約1.8m 人感明暗センサー付 LED電球 60ワット相当 昼光色 人感明暗センサー付 LED電球 60ワット相当 電球色

JWCAD(JWW)は、建築図を作る目的で開発された建築系2DCADであり、フリーソフト界の雄です。メニューからわかるように、建築平面図・建築断面図・建築立面図・日影図・天空図などの建築図作成機能が充実しています。CADとしての基本性能が優れていて、しかも無料で使えるフリーソフトですので、さまざまな分野で幅広く利用されています。建築図、土木図、電気設備図、空調・給排水設備図、消防設備図、機械図、デザイン図など枚挙にいとまがありません。 2、3週間もかければ、JWCAD(JWW)の一通りの使い方はマスターできます。就職や転職の際など、大きなアピールポイントになります。スキルアップをして、自らの価値を高めておきましょう。
みんなの質問の多い操作 レイヤー  印刷  画像  線の太さ  塗りつぶし  PDFへの変換  拡大縮小  移動  寸法  ダウンロード
JWCAD(JWW)の使い方 目次 PDF編集 目次 ページ最下部にも目次
JWCAD(JWW)作図で、大幅な時間短縮 目次 目次一般
amazonJWCAD(JWW)初心者本  建築  土木  電気  設備  機械  入門  
amazon売れ筋ランキング amazonタイムセール amazon TOP 検索box

JWCAD(JWW)の使い方-自己紹介

初めて扱うCADがJWCAD(JWW)、という人も多い事でしょう。私はパソコン通信でJWCAD(JWW)の存在を知り、それを覚えて今でも愛用しています。後々様々なCADを扱う機会が増えましたが、その際にJWCAD(JWW)で培った知識や経験が大いに役立ちました。




パソコン通信で、JWCAD(JWW)を知りました

私がJWCAD(JWW)を初めて知ったのは、windows95(初リリース日: 1995年8月24日)が生まれる前の、DOSVパソコンの全盛時でした。真っ黒な背景色で、一つ一つDOSコマンドを打ってから、ファイル操作などをしていました。コマンドが日本語なら楽だったのかもしれませんが、パソコンは英語圏で誕生した経緯があり、英語のコマンドが必須でした。移動ならmove、複写ならcopyなどで、ディレクトリの中にファイルを配置していくものでした。windowsパソコンでは、パソコンの中が窓形式になり、把握しやすくなりました。その当時は、そんな便利な機能が付いていない、DOSというOSで動くパソコンでしたので、今思えば簡単な事も四苦八苦して操作していました。DOSのパソコンで使えるアプリケーションソフトも、今で言うメモ帳やエクセルの簡易版表計算ソフトなど、今ではオマケで付いてくるレベルのものでした。それでもそれらにより、パソコンという機械の虜になりました。仕事で使う文書をワープロではなく、パソコンで作成してプリントするという、今では普通の事を、嬉々として行っていました。 しかし、時が経つにつれて、単純な事を繰り返すのに飽きてきました。そのころパソコン通信という、今で言うインターネットみたいなものが出現しました。パソコン通信をしていると、無料でJW CAD(JWW)のDOS版がリリースされているのを、発見しました。さっそくダウンロードして使ってみると、その高機能さに感動しました。

他のCADとJWCAD(JWW)の併用利用

私の仕事はその頃、電気設備の専用CADを使って、電気設備の設計図や施工図を書いていました。電気設備専用のCADでしたので、電気設備の図面を書くのは色々と工夫されていて、使いやすいものでした。個人的にも欲しいと思って経理の人に話を聞くと、4~5百万円はすると聞き、即座に断念した経緯があります。そんな状況の後で、JW CAD(JWW)の存在を知り使ってみると、驚きました。





汎用CADですので、電気設備専用CADのような電気に特化したコマンドはありませんでしたが、一般図形を書く時にその使いやすさにビックリしました。これで無料とは、信じられませんでした。OSのwindows95が出てきたことにより、DOSVパソコン対応のJW CAD(JWW)は終わるかなと思っていたら、windows 対応のJWWCADが開発されて今日に至っています。その間、様々なバージョンアップが行われ、不具合の解消あるいは新機能の追加などが行われ、完成度をますます高めています。


amazonJWCAD(JWW)初心者本  建築  土木  電気  設備  機械  入門  
amazon売れ筋ランキング amazonタイムセール amazon TOP 検索box
チャットGPT AI利用の無料(フリー)チャットで、高度な検索もできますー・GoogleのGemini・microsoftのBing・ChatGPTー試してみる価値があります
PDF図面から、DXF図面を作成 無料(フリー)で使えます

私の方はといいますと、その後も電気設備専用CADを使って設計図や施工図の図面作成をしていました。

電気設備専用CADもバージョンアップされて、windows対応になりました。そこでまた個人的に、その電気設備専用CADを手にするには幾らかかるのか聞いてみると、およそ3百万円とのことで断念しました。そこで今日に至るまで、2つのCADを併用して図面を作成してきました。得手不得手はどんなCADでもあります。仕事上では電気設備専用CADをメインとして使い、JWCAD(JWW)でしかできないあるいは得意な事はことはJWCAD(JWW)で行うスタイルになっています。データの受け渡しもjwwのままであったりdxfであったりと自由にできますので、ストレスなく利用しています。一つ心配事ですが、JWWCADのスタートから相当年月が経っています。作者さんも結構な年になっているでしょうし、後継者に譲るかあるいは開発終了とするかもしれません。後継者に譲ったとしても、有料ソフトの道に進むかもしれません。個人的な希望では、将来的にも無料ソフトの雄として君臨してもらいたいですね。
便利なソフト達

PDFの加工編集を、フリーのソフト(無料)や、フリーのオンライン(無料)などで行う方法です

PDFからDXF変換、PDFの結合、PDFの圧縮、PDFの分割、PDFに変換、PDFのJPEG変換、PDFのパスワード解除、PDFのパスワード設定

  1. PDFをDXFに変換  PDFからDXFに変換を、フリーのソフト(無料ソフト)で行う方法です。DXFなら、JWCAD(JWW)などのCADで使えます。 おススメです
  2. PDF結合 PDFの結合を、フリーのソフト(無料ソフト)あるいはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
  3. PDF圧縮 PDFの圧縮を、フリーのソフト(無料ソフト)もしくはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
  4. PDF分割 PDFの分割を、フリーのソフト(無料ソフト)またはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
  5. PDF変換 PDFに変換を、フリーのソフト(無料ソフト)あるいはWindows10(無料)で行う方法です
  6. PDFをJPEGに変換 PDFをjpegに変換します。フリーのソフト(無料ソフト)、フリーのオンライン(無料オンライン)で変換する方法です
  7. PDFパスワード解除 PDFのパスワード解除を、フリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
  8. PDFパスワード設定 PDFのパスワード設定を、フリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
  9. PDFとは何か  PDFとは何かを、初心者向けにわかりやすく解説しています



JWCAD(JWW)「無料キャドソフト」の一口メモ

JWCAD(JWW)は、拡大縮小に代表されるように、他のCADとは大きく違った操作があります。他のCADの経験がある人が、最初につまづく項目でもあります。しかし、左右ボタン同時押しのドラックで画面表示の切り替えは、ある程度慣れてからでも大丈夫です。基本設定で、今まで使っていたCADと同じように設定しておけば、ストレスはほとんどないでしょう。一般設定(2)の中央より下の方にある{矢印キーで画面移動、PageUP PageDownで画面・拡大縮小、Homeで全体表示にする}の項目にチェックを入れておけば、他のCADと同じような感覚で使えます。その操作にプラスして、見たい図面の場所で左右両ボタンをクリックすればその場所がセンターにきますので、これだけは覚えておきましょう。その下にある{Shift+両ドラッグで画面スライド}にもチェックを入れておけば、画面移動が楽になります。

ブックマーク (お気に入り) はしていないけど、このJWCAD(JWW)の使い方のサイトを再訪したい時は、google検索などで「JW_CAD 2.5」あるいは「JWW 2.5」などで、検索してみてください。あるいは「JW_CAD 雲」あるいは「JWW 雲」などで検索してください。検索結果のページで、動画を除いた上の方に出てきます。

JWCAD(JWW)の使い方、基本操作と応用 目次ページ

JWCAD(JWW)の使い方操作全般は、上記の目次ページを参考にしてください




JWCAD(JWW)の使い方・操作で、質問の多い項目のピックアップです


PDFの編集を、フリー(無料)で行います 目次ページ

PDFの編集をフリーソフト(無料ソフト)、フリーオンライン(無料)などで行う方法です


JWCAD(JWW)の使い方・基本操作・初心者ガイドのリンク

楽天回線利用体験と感想 電気工事士  中古車

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)

SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)

免責事項  プライバシーポリシー  自己紹介

JWCAD(JWW)の使い方・基本操作・初心者ガイドのTOPへ戻る


JWCAD(JWW)の名称について

JWCAD(JWW)≒ジェイダブルキャド(ジェイダブルダブル)と呼ばせてもらっています

JWCAD(JWW)≒ジェイダブルキャド(ジェイダブルダブル)と言うのも若干面倒です。使っているCAD(キャド)は何かと聞かれた時にはJW(ジェイダブル)と答えれば、CADを使っている人にはわかります。文字にすると様々な表記がされますので、戸惑う人もいるのではないでしょうか。JW_CAD・JWW・JWCAD・JW CAD・JW-CADなど、様々な表現がされています。作者さんのサイトでは、JW_CADとJWWの2種類の表記がされています。正式名称にこだわりがなく、CAD名表記でゆらぎがあるのも、珍しい存在のCADですね。

Copyright(C) 2006 JWCAD(JWW)の使い方・初心者ガイド. All rights reserved.

JWCAD(JWW)は、無料で使うことができるフリーソフトです。愛用者が多く、2Dの建築に強いCADです 。

基本操作や基本設定 目次一般

Updated February 13, 2024



JWCAD(JWW)の使い方を覚えれば、就職や転職の際は有利になります

一生使える特技として、JWCAD(JWW)の使い方・基本操作を習得しましょう

就職活動をする時に、JWCAD(JWW)(ジェイダブルキャド)は業界次第では必須のスキルになっています

チャットGPT 無料で使える、googleのGemini、マイクロソフトBingのAI、ChatGPT
ChatGPTは、AIを使い自然な会話ができる、AIチャットサービスです。検索エンジンとしても利用できますので、わからないことはとりあえず聞いてみましょう。
サイト内検索 たとえば レイヤー などのように入力して、このサイトの検索をしてみてください 。ピンポイントで、JWCAD(JWW)の使い方がわかります。


基本設定 基本操作 レイヤーの使い方 線の太さを変える  印刷  画面表示の記憶 外部変形 角度取得 環境設定ファイルについて   座標ファイル 軸角・目盛・オフセット 図形登録 図形配置 寸法図形化 寸法図形解除  線記号変形 線属性 測定 属性取得 属性変更 データ整理 長さ取得 2.5D 表計算 パラメトリック変形 表示 ファイル ブロックツリーとブロックツリー半透明化 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に  レイヤー非表示化   おすすめのキーボードショートカット 移動  鉛直円周点 AUTO 拡大縮小 画像貼り付け 曲線 コーナー 四角 消去 伸縮 寸法 接円 接線 線上点 多角形 建具断面 建具平面 建具立面 中心線 直線  2線 塗りつぶし=ソリッド ハッチ 範囲 複写 複線 分割 ブロック化 ブロック解除  包絡 面取 文字 連線 
・ JW CAD|JWWの作図時間を、大幅に短縮  ・ JW CADの使い方|JWW/基本操作や基本設定 目次  ・JW CADの使い方|JWW/基本操作や基本設定の目次一般   ・PDF編集目次詳細へ 
PDF作成編集~フリーソフト、フリーオンライン CAD図面をPDF化   PDFtoDXF フリーソフト  PDF結合 フリーソフト、フリーオンライン PDF圧縮 フリーソフト、フリーオンライン  PDF分割 フリーソフト、フリーオンライン  PDF作成 フリーソフト、Windows  PDFtoJPEG フリーソフト  PDFパスワード解除 フリーオンライン  PDFパスワード作成 フリーオンライン  PDFとは

CAD(キャド)(きゃど)は、さまざまな分野で幅広く利用されています。建築設計、土木設計、電気設計、空調・給排水設備設計、消防設備設計、機械設計、デザイナーなど枚挙にいとまがありません。CAD(キャド)(きゃど)は英語の略です 。Computer Aided Designが元の言葉で、訳すればコンピュータが支援する設計になります。CAD(キャド)(きゃど)は、コンピュータを用いて設計を行います。そのため精度の向上や、設計作業の効率化が実現できます。CAD(キャド)(きゃど)データの共有や活用ができます。作成した図面をデータとして保存しておけば、複数のユーザーで共有したり、他の工程で活用したりすることができます。そこには、紙の図面ではできなかったことが、簡単にできるようになります。