ホーム>PDF編集>PDF結合 フリー

PDFファイルの、結合をフリーでさせたいと思う人も多いでしょう。設計図や施工図など、バラバラのPDFファイルの結合をフリーで行い、一連の結合されたファイルを作りましょう。No01~No30など一連の結合されたファイルにしておけば、印刷する際にも大変楽になります。

PDFファイルを結合したい時に、フリーのソフトやフリーのオンラインを利用する方法があります。PDF結合する際に、フリーのソフトやフリーのオンラインを選べば、余計な出費を抑えられます。

PDFの結合を、フリーソフトあるいはインストール不要のフリーのオンラインで行う方法を紹介しています。いずれも、PDFファイルの結合をフリーでできます。しかし、フリーのオンラインでは、25枚までの制限があります。そこでフリーのソフトの方が、よりお勧めです。



PDFを結合する際におすすめの、フリー(無料)のソフト「ConcatPDF」を使う方法です。PDFを結合するフリーのソフトの使い方は、とても簡単です。

JW_CAD・JW CAD・JWWなどでPDFは作ったけど、10枚、20枚とバラバラの単独のファイルでは、貰った相手側でも印刷するのも手間がかかります。そこで作成したPDFファイルを結合させて一つのファイルにすれば、1枚のファイルを開けばずらっと10枚、20枚なりの書類あるいは図面などが並んでいますので、そのPDFファイルを印刷するだけですので簡単です。PDFを結合するおすすめフリーのソフト(無料ソフト)は、「ConcatPDF」です。単独でPDFファイルを結合できる、フリーのソフト(無料ソフトです。操作する方法が簡単で、見たままのイメージどおりに、PDFファイルの結合がされます。他のフリーのソフト(無料ソフト)にも、ファイルを結合させる機能が付いているのもありますが、使う方法を理解するのに一苦労することもあります。 PDFを結合させるフリーのソフト(無料ソフト)がないので検討したい、あるいは今あるフリーのソフトではファイルの結合方法が面倒なので、もっと簡単にできないかとお考えの方に、PDF結合でおすすめのフリーのソフト(無料ソフト)の導入手順、使い方などを述べていきます。

PDFの結合でおすすめのフリーのソフト(無料ソフト)、「ConcatPDF」のダウンロード

PDF結合できるフリーのソフトを、ダウンロードする必要があります。フリーソフトで有名なVectorのサイトを訪問します。そして、PDFを結合するフリーのソフト(無料ソフト)の「ConcatPDF」を、ダウンロードします。ダウンロードページ

「ダウンロードはこちら」→「ダウンロードページへ」→「このソフトを今すぐダウンロード」のボタンをクリックすれば、PDFを結合するフリーソフト「ConcatPDF」がダウンロードできます。

ダウンロードされたファイルを、ダブルクリックしてください

そうすると、下記のようなフォルダーが作られます。

フォルダの中です。

この中のsetup.exeをダブルクリックします。

setup.exeをダブルクリックしたら、下記のインストール画面が出ますので、「Next」をクリックします。

NEXTのボタンをクリックすると、下記の画面が出てきます。PDF結合のフリーのソフトのインストールフォルダや、このコンピュータを扱うすべての人にこのPDF結合のフリーソフトを適用させる「Everyone」で問題なかったら、「Next」をクリックします。
もちろん、PDF結合のフリーのソフトのインストールフォルダーや「Everyone」「Just me」の変更したいなら、ここで行えます。個人的感想で言えば、PDF結合のフリーのソフトのインストールフォルダは、変えないほうが後々楽だと思います。

特別な事情で、PDF結合のフリーのソフトのインストールフォルダを変える必要がある場合を除き、指定されたフォルダーのままが良いでしょう。

「Next」をクリックします。

次に、下記の最終確認のページが出ます。

上記の画面で「Next」をクリックすれば、PDF結合のフリーのソフトのインストールが始まります。最初に10秒くらい、動いているのか動いていないのか分からない状態があります。その後はスムーズにPDF結合のフリーのソフトのインストール画面が進んで、すぐに完了します。




塗りつぶし 画像貼り付け 線の太さを変える レイヤーの使い方 印刷範囲設定 拡大縮小  移動 寸法 複線 文字 JW CAD使い方目次一覧  JW CADダウンロード

PDF図面をDXFに変換フリーPDF結合フリーPDF圧縮フリーPDF分割フリーPDF作成変換フリーPDFからjpeg変換フリーPDFパスワード解除フリーPDFパスワード設定フリーPDFとは

PDFを結合する、フリーのソフト(無料ソフト)「ConcatPDF」を操作する方法

PDF結合のフリーのソフトのショートカットを、わかりやすくデスクトップに出しておきましょう。スタートメニュー →プログラム→ConcatPDFフォルダ→ConcatPDFでソフトを立ち上げられますが、毎回これをしていては面倒です。スタートメニューで出てくるソフトのアイコンを、右ドラッグでデスクトップにポトンと落としてください。その時にショートカットの作成の項目を選べば、PDF結合ができるフリーのソフト(無料ソフト)「ConcatPDF」のショートカットがデスクトップにできて、大変使いやすくなります。

PDF結合のフリーのソフトを立ち上げた画面が、下記になります。シンプルな画面でビックリするでしょう。ファイルの結合はこの中のメニューを見ることもなく、簡単にあっと言う間にできてしまいます。

PDF結合のフリーのソフトを使用する方法です。PDF結合したいファイルが入っているフォルダーを開き、その中のファイルを選択して、上記フリーソフト画面の何もないところにドラッグアンドドロップすればOKです。それからファイル(F)をクリックして、「名前を付けて保存」を選択します。保存する場所を決めて、PDF結合されたファイルに名前を付けてやれば、複数のPDFファイルが結合された、一つのPDFファイルができます。


PDF結合する時の注意点 1

PDF結合で意図した順序で並べるコツ→フリーソフトでPDF結合したいファイル名の先頭に、数字を入れましょう。ドラッグアンドドロップで取り込まれた図面は、順不同で入ってしまいます。デスクトップなどに新しいフォルダを作り、PDF結合したいファイルをコピーして入れます。そしてファイル名の先頭に、01,02,03・・・などの数字を追加します。以前のファイル名は消して、01,02,03・・・などの数字だけでも構いません。それらのファイル全てを、上記画面の何もないところにドラッグアンドドロップすることで、ファイルの結合で順番通りに並べることが可能になります。後は、画面のファイル名の所をクリックすれば、PDF結合されたファイルが順番通りに並べ替えられます。ファイル(F)をクリックして、「名前を付けて保存」を選択し、保存する場所を決めて、結合されたPDFファイルに名前を付けてやればOKです。なおファイル名の先頭に入れる数字ですが、1・2・3・4などと入れると1の次に11が入るなど不都合がありますので、01・02・03などのように付けてください。100枚以上の場合は001・002・003と入れておきましょう。枚数が9枚以下なら1・2・3・・・でも問題ありません。

PDF結合する時の注意点 2

作業用の仮のフォルダーをデスクトップ上に作って、そこにPDFを結合させるファイルをコピーして入れてから、結合させたいPDFファイル名の変更をした方がいいかもしれません。元のファイル名を変えても良いのですが、番号が付いていると、後でファイル名を見るときに、ちょっとわかりづらくなる可能性があります。そこで仮のフォルダを作り、そこにファイルをコピーして入れて、ファイル名を01、02などの数字に変えて、ドラッグアンドドロップのための下準備をします。PDFファイルの結合が終わったら、作業用の仮のフォルダは不要になりますので削除しておきます。

以上、PDFの結合を、フリーのソフト(無料ソフト)で行う方法でした

使い方はものすごく簡単ですので、PDF結合機能だけに限定した使い方がおススメです。他のフリーのソフト(無料ソフト)でもPDF結合できる機能を持ったものがありますが、PDF結合の方法が面倒なことがけっこうあります。ここで紹介した「ConcatPDF」を使えば、そういった難しい手順を覚える必要もなく、簡単な方法でPDF結合が、フリーでできます。

このサイトで紹介している、PDFが結合できるフリーのソフト「ConcatPDF」は、無料で使用できます

フリーのソフトとは「無料で利用できる」ことに重点を置いた呼称になります。ライセンス条件、とくに変更・再配布などの条件はまちまちです。 無料(ソースコードが付属しないために変更ができなかったり、有償配布(販売)や営利利用の禁止など一定の制限が課せられているものも多くあります。ソフト内の「read me」ファイルなどをチェックしておいてください。無料(フリー)のソフトがダウンロードができるサイトは、Vector(ベクター)や窓の杜(まどのもり)などが有名です。これらのサイトは、掲載ソフトをウィルスチェックをしています。個人のサイトから直接ファイルをダウンロードする時は、ウィルス感染の危険性があります。信頼できないサイトからのダウンロードは、しないようにしましょう。たとえ信頼できるサイトであっても、ダウンロードしたファイルは、必ずウィルスチェックを行うようにしましょう。


PDFの結合をする時に、フリー(無料)のオンラインを使う方法です。もちろん、ソフトのインストールは不要です。

PDFの結合をする時に、インストール不要で行う、フリーオンラインでの方法です


PDFの結合をする際に、フリーのオンライン(無料)を使った方法の紹介です。ソフトのインストール不要ですので、気軽にフリーでPDF結合ができる方法です。


ここでは、PDFの結合をする際に、フリーのオンラインを使った方法を紹介しています。

無料版では機能制限があります(25ファイル、ファイルサイズ100MB)。

PDF結合で、インストール不要のオンラインで、バラバラのファイルを一つにまとめる方法です

PDFに変換する際にフリーのソフトや、Windows10の付属機能などを使い、PDFを様々な方法で作成できます。作成されたファイルが1枚だけなら問題ありませんが、5枚10枚とバラバラで作られていると整理がつきません。印刷をする際にも、すべてを開いて印刷の出力をしなければなりませんので、印刷作業が面倒になります。しかしそれが結合されていれば、1枚だけ開けば、すべてのページを印刷したり印刷したいページを指定したりすることができます。閲覧も順番通りに並べられているなら、ページ内の検索などできますので、利便性が大きく向上します。ここで紹介するPDFの結合の方法は、フリーのオンライン(無料)を利用する方法です。インストールは不要でフリーでPDF結合ができる方法で、ネットが使える環境という条件がありますが、それはほとんどの人にとっては、問題なくクリアできます。

PDF結合できる、フリーのオンラインサイト(無料オンライン)を訪問します

最初に、フリーでPDF結合ができるI LOVE PDFのサイトを訪問します。ファイルを選択するだけで、PDFファイルを結合したPDFファイルがフリーで簡単に作成できます。インターフェイスが簡単で、説明など聞かなくても扱える手軽さが魅力的です。PDFファイルを選ぶ方法ですが、「PDFファイルを選択」でファイルを収納しているフォルダなどを指定する方法と、逆にPDFファイルを収納しているフォルダを開き、ファイルを画面上にドラッグアンドドロップする方法があります。後者の結合したいPDFファイルを画面上にドラッグアンドドロップする方法のほうが、視覚的にわかりやすいのでおススメします。

PDF結合したいファイルの順序を変更する

PDFファイルを選択すると、PDFファイルが取り込まれた画面になります。その画面で順番通りになっていないと、結合したPDFファイルが順番通りにならずに、使いづらいPDFファイルになります。そのような時には、PDFファイルを画面上のドラッグアンドドロップで、順番を変更します。

PDF結合したいファイルの数が少なく、内容が画面上のプレビューでわかりやすい時

PDFファイルの数が少ない、そしてその内容が画面上のプレビューでわかりやすい時には、この画面上のドラッグアンドドロップで順番を変える方法が簡単です。
下記のように2,1,3の順番で取り込まれているなら、1のPDFファイルを一番左側にドラッグアンドドロップすれば1、2、3のPDFファイル順番になります。

ファイル名の変更をしてから、取り込みましょう

画面上のドラッグアンドドロップで、PDFファイルの順番を変えることができます。しかしPDFファイルの内容が、ここで示した例のようにわかりやすくなっている場合は少ないでしょう。PDFファイルの内容が、画面上では小さく表示されていますのでわかりにくいでしょう。特に文章だけのPDFファイルでしたら、内容を画面で見てからの、並び替えする方法はやりにくくなります。そしてPDFファイル数が多い場合は、順立てを画面上で行う方法は、逆にストレスになってしまいます。少ない枚数のPDFファイルでしたら、画面上でドラッグアンドドロップで結合の順序を変更するのは、そんなにストレスがありません、しかしこれが10枚、20枚など枚数が多い時は、画面上のドラッグアンドドロップで並べ替える方法自体が、ストレスになります。この並び替えを、PDFファイルの名前でソートする方法を使えば、そのようなストレスから解放されます。

ファイルの、名前の変更手順概要

デスクトップなどに、PDF結合の加工用のフォルダを一時的に作ります。PDFファイルをその中にコピーして入れて、それらのファイルの名前を並べたい順に01、02、03などのように変更します。そしてそれらを画面上にドラッグアンドドロップした後、並び替えのボタンを押して順番通りになるようにします。

PDF結合するファイルの、名前の具体的変更方法の手順

  1. デスクトップなどに、PDF結合の加工用のフォルダを作成します。
  2. 加工用のフォルダの中に、結合したいPDFファイルをコピーして入れます。
  3. 結合したいPDFファイルの名称を、順番に合わせて「01」「 02」「 03」などのように、数字を元のファイル名に追加します。数字+PDFファイル名称に変更します。元のファイル名に、数字を頭に追加してください。
  4. エクスプローラなどを使い、結合したいPDFファイルをキーボードの「Ctrl+A」ですべて選択して、サイトのPDF結合の画面上に、ドラッグアンドドロップします。
  5. 画面の右側に出てくる並び替えのボタンを押せば、昇順あるいは降順で並び替えができます。
  6. 加工用のフォルダは、PDF結合作業が終わりましたら削除します。
結合したいPDFファイルの順序の並び替えが終わりましたら、ページ下部の「PDF結合」のボタンを押してください。 ボタンを押した時点で、ファイルが結合されてダウンロードされます。
繰り返しますが、ボタンを押した時点で、ブラウザで指定したダウンロード先にPDF結合されたファイルが、ダウンロードされています。ファイル名が「ilovepdf_merged」になっていますので、ファイル名の変更で適切な名前に変更してください。「_merged」は日本語訳すれば「合併された」という意味合いです。

フリー(無料版)では、25枚までの制限がありますので注意しておいてください

PDF結合では、フリーであるが故の制限があります。制限の内容はページ内の料金設定のところに書かれていますので、1回目を通しておいてください。制限事項を考慮しても、PDF結合を行う方法で、十分に使えるフリー(無料)のオンラインサービスです。物は試しで、一度試してみませんか。

サイト内検索 「PDF 結合 フリー」などのように入力して、検索してみてください。
  1. 目次 JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方・初心者マニュアル-基本操作と応用
  2. PDFをDXFに変換すれば、CAD(キャド)で操作できます フリーのソフト(無料)の、紹介です



PDFからDXF変換フリー、PDF結合フリー、PDF圧縮フリー、PDF分割フリー、PDFに作成変換フリー、PDFのJPEG変換フリー、PDFパスワード解除フリー、PDFパスワード設定フリー

PDFの編集を、フリーのソフト(無料)や、フリーのオンライン(無料)などで行う方法です

  1. PDF dxfに変換、フリー(無料)で行うPDFをDXFに変換する際に、フリーのソフト(無料ソフト)で行う方法です。DXFなら、CAD(キャド)で使えます。
  2. PDF結合を、フリー(無料)で行うPDFの結合を、フリーのソフト(無料ソフト)あるいはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です。
  3. PDF圧縮を、フリー(無料)で行うPDFの圧縮を、フリーのソフト(無料ソフト)もしくはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です。
  4. PDF分割を、フリー(無料)で行うPDFの分割を、フリーのソフト(無料ソフト)またはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です。
  5. PDF変換を、フリー(無料)で行うPDFに変換を、フリーのソフト(無料ソフト)あるいはWindows10(無料)で行う方法です。
  6. PDF jpegに、フリー(無料)で変換するPDFをjpegに変換します。フリーのソフト(無料ソフト)、フリーのオンライン(無料オンライン)で変換する方法です。
  7. PDFパスワード解除をフリー(無料)で行うPDFのパスワード解除を、フリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です。
  8. PDFパスワード設定をフリー(無料)で行うPDFのパスワード設定を、フリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です。
  9. PDFとは何かPDFとは何かを、初心者向けにわかりやすく解説しています。

JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方・初心者ガイドのリンク

リンク

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)

SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)

免責事項  プライバシーポリシー  自己紹介

JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方・初心者ガイドのTOPへ戻る

 

JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方・初心者ガイド>PDFの編集へ戻る

ブックマーク (お気に入り) はしていないけど、このJW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方・初心者マニュアルのサイトを再訪したい時は、google検索などで「JWCAD 2.5」あるいは「JWW 2.5」などで、検索してみてください。あるいは「JWCAD 雲」あるいは「JWW 雲」などで検索してください。検索結果のページで、動画を除いた上の方に出てきます。

ブックマーク (お気に入り)は、とても簡単にできます。chrome、firefoxの場合、共に右上のメニュー→ブックマーク→このタブをブックマークに追加で完了します。再訪する時には、右上のメニュー→ブックマークで、下部の方にあるショートカットをクリックします。

JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方をマスターして、仕事に役立てましょう。社員選考の際にも、JW CAD・JW-CAD・JWWを扱えるといった条件を、出している企業も増えてきています。JW CAD・JW-CAD・JWW(フリー「無料」CADソフト)を使えるということは、転職や就職の際には、有利なスキルになります。図面の仕事以外でも、様々な書類やデザインなどにも応用できます。スキルアップでJW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方を覚えて、一生使える財産を築きましょう。就活の履歴書など特技項目として記載できるので、自己アピールができます。

Copyright(C) 2006 JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方・初心者マニュアル. All rights reserved.

2022年7月7日更新


JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方ー基本の使い方

移動  鉛直円周点 AUTO 拡大縮小 画像貼り付け 曲線 コーナー 四角 消去 伸縮 寸法 接円 接線 線上点 多角形 建具断面 建具平面 建具立面 中心線 中心点 直線  2線 塗りつぶし ハッチ 範囲 複写 複線 分割 ブロック化 ブロック解除  包絡 面取 文字 連線

JW CAD・JW-CAD・JWW(フリーCADソフト「無料」)の使い方ー使い方・編集・応用

印刷 おススメのキーボードショートカット 画面表示の記憶 外部変形 角度取得 環境設定ファイル  基本設定 基本操作のポイント 座標ファイル 軸角・目盛・オフセット 図形登録 図形配置 寸法図形化 寸法図形解除 線の太さを変える 線記号変形 線属性 測定 属性取得 属性変更 データ整理 長さ取得 2.5D 表計算 パラメトリック変形 表示 ファイル ブロックツリーとブロックツリー半透明化 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に レイヤーの使い方 レイヤー非表示化

大幅な時間短縮が出来る、フリーソフト(無料)

エクセルの表を、JW CAD・JW-CAD・JWW図面に貼り付ける 画像(jpg,bmp)ファイルを、データに変換して取り込む 画像貼り付けなどで、bmpファイル以外のファイルを選ぶ 機械(空調、衛生)設備図面で、無料(フリー)ソフトのシンボルの使い方 機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方 機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方 別パターン 雲マーク、JW CAD・JW-CAD・JWW図面での使い方  PDFファイルなどjpgに変換して、貼り付ける 樹木などの造園データ、JW CAD・JW-CAD・JWWでの使い方 JW CAD・JW-CAD・JWWで作った表を、エクセルに取り込む 図形ファイルjwkファイルをjwsに変換して、切り替えの手間を省く 電気設備の施工図作成、線記号変形の使い方 電気設備図面、無料(フリー)のソフトでの電気シンボルの使い方

JW CAD・JW-CAD・JWWを使う・その他

画面縮小で、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法 ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応 ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる  JW CAD・JW-CAD・JWWの無料ダウンロードとインストール