電気工事士 中古車購入

ベストセラー、やさしく学ぶJw_cad 8の本  JW CADの本 全分野

目次ページへ | JWのCADの使い方・初心者ガイドのサイト内

JW CADの使い方-画像貼り付け「画像挿入」 

画像貼り付け「画像挿入」で、画像をJWのCAD図に貼り付け


画像貼り付け「画像挿入」

画像貼り付け「画像挿入」のコマンドは、JWのCAD図面の中に画像を入れて、図面を作ることができます。画像貼り付けしていれば施主などの相手側に容易にイメージを伝えることができ、最近では写真など画像貼り付けして、図面を作る機会も多くなりました。これからJWのCADを覚えていくなら、画像貼り付け「画像挿入」は必ず必要になりますので、覚えておきましょう。画像貼り付け「画像挿入」を使うにはメニューバーから、「画像編集」を選択します。ツールバーからコマンドに入ることもできます。 現状では標準では画像挿入のボタンがないので、ツールバーの中のユーザー設定で画像挿入を出すようにします。


次に、画像編集のコントロールバーが出てきます。そこで、画像貼り付け「画像挿入」をクリックします。

挿入したい画像の保存場所を指示し、画像ファイルを選択します。画像ファイルの種類(JPEG、Bitmapなど)を、選択するのを忘れないようにしましょう。

挿入する画像を指示します。基準点を指示してくださいと、コントロールバーにメッセージが出ます。左ボタンあるいは右ボタンで、画像を挿入する位置を指示してください。

左ボタンはFreeで任意の位置、右ボタンはReadで交点や端点などの位置になります。

画像フィット-画像貼り付け

画像フィットボックスに、チェックを入れます。ステータスバーに、「フィットさせる画像の範囲の始点を指示してください。・・」のメッセージが出ますので、下記のように①→②とクリックします。次に、「選択画像をフィットさせる範囲の始点を指示してください。・・・」のメッセージがステータスバーに出ますので、③→④とクリックします。



以上の手順を実行すれば、フィットさせたい範囲に、画像を表示できます。

画像フィット(回転する)-画像貼り付け

画像フィット、(回転する)ボックスに、チェックを入れます。ステータスバーに、「フィットさせる画像の範囲の始点を指示してください。・・」のメッセージが出ますので、下記のように①→②とクリックします。次に、「選択画像をフィットさせる範囲の始点を指示してください。・・・」のメッセージがステータスバーに出ますので、③→④とクリックします。①→②と③→④の指示のときの、方向には注意してください。イメージとしては、元の画像の①~②の辺を、フィットさせたい範囲の③~④の辺に表示させる、といったところでしょうか。

以上の手順を実行すれば、下記のようにフィットさせたい範囲に、回転された画像を表示できます。


画像のトリミング-画像貼り付け

トリミングのボックスに、チェックを入れます。「トリミング範囲の始点を指示してください。・・・」のメッセージがステータスバーに出ますので、①でクリックします。

次に「トリミング範囲の終点を指示してください。・・・」とメッセージが出ますので、②でクリックします。

以上の手順で、元の写真をトリミングした画像を表示できます。

元の画像を表示したいときには、トリミング解除のチェックボックスにチェックを入れます。「トリミングを解除する画像を指示してください。」とメッセージが出ますので、画像を指示してやれば元の画像を表示できます。

画像の移動-画像貼り付け


画像の位置を移動したいときに、移動のチェックボックスにチェックを入れて画像を移動します。

画像同梱-画像貼り付け

画像同梱の機能が、追加されています。JWのCADで操作する時にファイルと画像が1セットになり、ファイルの管理が楽になりました。使い方は簡単です。「画像同梱」のボタンをクリックするだけです。「画像をJWWデータに同梱します。よろしいですか?」のメッセージで、OKとすれば画像とファイルが1セットになります。

画像同梱は便利な機能ではありますが、画像が同梱されたファイルのやり取りには注意が必要です。相手方のパソコンに、JWのCADのバージョン7.00b以上が入っていることが条件です。それ以前のバージョンでは、画像同梱されたファイルであっても画像が表示されません。

以前のJWのCADでは、画像の同梱の機能がなく、画像の保存場所を指定するなどで対応していましたが、大変面倒な作業でした。それがボタンクリックだけで画像も一緒に同梱できるようになるとは、改めてJWのCADのバージョンアップには感心しています。


目次ページへ | JWのCADの使い方・初心者ガイド


JWWキャドの一口メモ  JWのCADもWindows版になり、画像の貼り付けも出来るようになっています。図面に画像が使えるのは大きなメリットで、図面表現の幅が大きく広がっています。今や、スマホでも高品質の写真が撮れる時代です。それらの写真あるいは画像を活用すれば、より多くの情報を図面に与えることが可能です。ただしデータ容量が大きくなりますので、あまりに多数の画像を入れると、印刷時に欠落など発生しますので、印刷品質を落とすなどの対応が必要となります。CADの図面に、画像が追加されるとものすごくわかりやすい図面になります。今までのCADの概念では、考えられなかった進歩です。これから先のCADの世界は画像は当然、音や動画などあらゆる手段を駆使したものに変化していくでしょう。物の製造に3DのCADが欠かせないようにもなってきていて、CADという概念も変わりつつあります。遅れを取らないように、日々精進の必要があります。

JWのCADの使い方・初心者ガイドのリンクサイト

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)
SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)
中古車購入
電気工事士
海藻
ジャガイモ
ウィッグ

      

JWのCADの使い方・初心者ガイドのTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー
セルフ紹介



故郷の言葉、なつかしいですね
伊予弁 このサイトでは、cadの名称jwのcadとして扱うとるが、様々な名称で呼ばれることが多いのもこのcadの特徴じゃ。本家本元はjww_cadじゃがアンダーバーあまり使う人がおらんために、色々調べる時にjww-cad、jww、jw-cad、jwwcad、jwcadやらの語句がよう使われる。jwの語句単独は、検索範囲が広すぎcad以外の項目が沢山含まれるために、あまり使われん。作者さんの意図としちゃ、jwのcadのwindows版としてJWWの名称プッシュしたいのじゃろうが、作者さんのホームページでもjww、Jw_cad、Jw-cadやら表記が統一されとらん。ほいて皮肉なことに、jwwに比べてjwの名称の方が一般的に使われとる。こりゃjww言うより、jwの方が言いやすいのが一因じゃろう。今はjwcからjwwに名称も機能も新しゅうなっとる。windows対応は大変じゃったじゃろうが、その恩恵は数多うのユーザーの人に与えられとる。jwcの時の機能にとどまらず、windowsでの機能さらに追加して日々進化しとる。その開発魂には、頭の下がる思いじゃ。

Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方・初心者ガイド. All rights reserved.

2020年10月18日Update record