このサイトはPRが含まれています

JWCAD(Jww)の使い方
JWCAD(Jww)で疑問の多い項目
JWCAD(Jww)基本の操作
JWCAD(Jww)編集・応用
JWCAD(Jww)で大幅な時間短縮を、おすすめのフリーソフト(無料)などで解決

PDF分割やPDFをJPEG変換、ファイルをPDFに変換、DXFに変換など、PDFの困りごとをおすすめのフリーソフト(無料)などで解決
PDF図面をDXF図面に変換を、おすすめのフリーソフト(無料)で行う
JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・を覚えれば、転職や就職に有利になります。将来の自分に対する投資と考えられますが、フリーソフト(無料)ですので、気軽に取り組めます。





JWCAD(Jww)の使い方のHOME>塗りつぶし(ソリッド)

JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・-塗りつぶし(ソリッド)

塗りつぶし(ソリッド)は、分かりにくい場所にあります


塗りつぶし

塗りつぶしを行うには、ツールバーの「ソリッド」をクリックします。なお、ソリッドという言葉はJWCADの場合は独立した1つの図形を指すときに使われ、そのような図形をJWCADでは「ソリッド図形」と呼んでいます。塗りつぶし(ソリッド)がツールバーに表示されていない時は、このページの最下部の「ソリッド」のツールボタンを、表示させるを参照してください。あるいは、メニューバーの「作図」→「多角形」→「任意」→「ソリッド図形」にチェックを入れることにより、塗りつぶしが行えます。

塗りつぶしができる、ソリッド図形のコントロールバー

A 塗りつぶしを、最初に円や連続線でやってみます。

  1. コントロールバーの「円・連続線」をクリックします。
  2. コントロールバーの「任意色」の所で、現在の書き込み線色で塗りつぶしがOKならチェックを入れません。別の色で塗りつぶしたい時には、「任意色」にチェックを入れてその右の「任意」をクリックします。上の画面では「1」の数字の所です。「任意色」にチェックを入れると「任意」に変わります。色の設定でカラーパレットが出てきますので、塗りつぶししたい希望の色を選択し「OK」のボタンを押します。
  3. 最後に円や連続線をクリックすれば、塗りつぶしができます。
    • 下記の塗りつぶし例で、①と②では、元図形の有無があります。ステータスバーにも出てきていますが、図形を指示するときに、左クリックは元図形を残して塗りつぶし、右クリックは元図形を消して塗りつぶしします。

塗りつぶし例 円や連続線

①と②の違いは、①が元の図形を残して塗りつぶししています。それに対して、②は元の図形を消して塗りつぶししています。

塗りつぶしを用途に合わせて選んで、使い分けしてください。

注意 塗りつぶしする時に「円・連続線」で指示される連続線は同じ色、同じ線種、同じレイヤで作られていることが条件になります。

同じ色、同じ線種、同じレイヤにすれば良いのですが、次に述べている方法でも、塗りつぶしを行うこともできます。

B 単純でない図形の塗りつぶし

塗りつぶししたい図形が、単純な円や連続線でない場合があります。

塗りつぶし例 単純でない図形

上記のような、星型の中だけ塗りつぶしたい時などには、「円・連続線」指示のコマンドではできません。「ソリッド図形」のコマンドに入ったら、そのまま始点→中間点→終点、終点、終点、終点とクリックしてコントロールバーの「作図」をクリックすれば、上記のように塗りつぶしができます。

塗りつぶし(ソリッド)のツールボタンを、表示させる

塗りつぶしは便利な機能でですが、その場所が分かりにくいのが欠点です。「多角形」の中の「任意」を選んでいかなくてはなりませんが、しばらくやっていないと塗りつぶしの時にその場所さえ忘れてしまいます。そこで「ソリッド」のボタンをツールバーに追加して、手軽に塗りつぶしが出来るようにしておきましょう。

メニューバーの「表示」→「ツールバー」とクリックします。そうすると、下記の画面が出てきます。

この画面の下のほうに「ユーザー(1)(2)(3)(4)(5)(6)」とありますが、今回は説明用にユーザー(6)にチェックを入れています。その次に右側の「ユーザー設定」をクリックします。そうすると、下記の画面が現われます。

上の画面の下半分にコマンド一覧がありますので、「ソリッド」(塗りつぶし)を探すと「18」の数字になっているのが確認できると思います。そこでユーザー(6)に、数字で「18」と入力します。「OK」ボタンをクリックすれば、「ソリッド」(塗りつぶし)のツールバーができています。

これで今からは、塗りつぶしをする時には、ツールバーの「ソリッド」(塗りつぶし)をクリックするだけなので、大変簡単になります。

JWCADの追加された機能で、矩形(□)のコマンドのコントロールバーに、「ソリッド図形」という項目が出てきます。これにチェックをいれると、指定の色で塗りつぶされた矩形(□)を書くことができます。


ユーザー設定ツールバーで、独自のツールバーを作ってみましょう

「ユーザー(1)(2)(3)(4)(5)(6)」の応用として、「ユーザー(1)(2)(3)(4)(5)(6)」に、コマンド一覧から必要なコマンドを探して数字で入力して、独自のツールバーを作れます。それにチェックを入れて表示させると、オリジナルのツールバーができています。数字を入れる時ですが、複数入れたい時にはスペースを入れてください。1つのツールバーの項目があまりに多すぎると、ゴチャつきますので注意してください。もし多すぎたら、上記のユーザー設定ツールバーから減らしてください。全部で78個のコマンドがありますので、一つのツールバーに13個入れるなら、全部を網羅することもできます。

JWCADキャドの一口メモ

JWCADで色をつけての塗りつぶしを使えば、訴求効果のある図面が作れます。最近の傾向として、以前のような白黒図面だけではなく、塗りつぶしで色を付けてわかりやすい図面を作ることが増えています。

JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・・初心者ガイドのリンク

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)

SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)

免責事項  プライバシーポリシー  セルフ イントロ

JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・・初心者ガイドのTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・・初心者ガイド. All rights reserved.

Updated on July 12, 2024