塗りつぶし(ソリッド)は、分かりにくい場所にあります・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

塗りつぶし

塗りつぶしを行うには、ツールバーの「ソリッド」をクリックします。なお、ソリッドという言葉はJWCADの場合は独立した1つの図形を指すときに使われ、そのような図形をJWCADでは「ソリッド図形」と呼んでいます。

塗りつぶし(ソリッド)がツールバーに表示されていない時は、このページの最下部の「ソリッド」のツールボタンを、表示させるを参照してください。

あるいは、メニューバーの「作図」→「多角形」→「任意」→「ソリッド図形」にチェックを入れることにより、塗りつぶしが行えます。

塗りつぶしができるソリッド図形のコントロールバー


A 分かりやすいように、最初に円や連続線の塗りつぶしをやってみます。

  1. コントロールバーの「円・連続線」をクリックします。
  2. コントロールバーの「任意色」の所で、現在の書き込み線色でOKならチェックを入れません。別の色で塗りつぶしたい時には、「任意色」にチェックを入れてその右の「任意」をクリックします。上の画面では「1」の数字の所です。「任意色」にチェックを入れると「任意」に変わります。色の設定でカラーパレットが出てきますので、希望の色を選択し「OK」のボタンを押します。
  3. 最後に円や連続線をクリックすれば、塗りつぶしができます。
    • 下記の塗りつぶし例で、①と②では、元図形の有無があります。ステータスバーにも出てきていますが、図形を指示するときに、左クリックは元図形を残して塗りつぶし、右クリックは元図形を消して塗りつぶしします。

円や連続線の塗りつぶし例

①と②の違いは、①が元の図形を残して塗りつぶししています。それに対して、②は元の図形を消して塗りつぶししています。用途に合わせた塗りつぶしを選んで、使い分けしてください。

注意 「円・連続線」で指示される連続線は同じ色、同じ線種、同じレイヤで作られていることが条件になります。同じ色、同じ線種、同じレイヤにすれば良いのですが、次に述べている方法でも、塗りつぶしを行うこともできます。

B 単純でない図形の塗りつぶし

塗りつぶししたい図形が、単純な円や連続線でない場合があります。

単純でない図形の塗りつぶし例

上記のような、星型の中だけ塗りつぶしたい時などには、「円・連続線」指示のコマンドではできません。

「ソリッド図形」のコマンドに入ったら、そのまま始点→中間点→終点、終点、終点、終点とクリックしてコントロールバーの「作図」をクリックすれば、上記のように塗りつぶしができます。

塗りつぶし(ソリッド)のツールボタンを、表示させる

便利な機能である塗りつぶしではありますが、その場所が分かりにくいのが欠点です。「多角形」の中の「任意」を選んでいかなくてはなりませんが、しばらくやっていないとその場所さえ忘れてしまいます。そこで「ソリッド」のボタンをツールバーに追加して、手軽に塗りつぶしが出来るようにしておきましょう。

メニューバーの「表示」→「ツールバー」とクリックします。
そうすると、下記の画面が出てきます。

この画面の下のほうに「ユーザー(1)(2)(3)(4)(5)(6)」とありますが、今回は説明用にユーザー(6)にチェックを入れています。

その次に右側の「ユーザー設定」をクリックします。
そうすると、下記の画面が現われます。

上の画面の下半分にコマンド一覧がありますので、「ソリッド」(塗りつぶし)を探すと「18」の数字になっているのが確認できると思います。
そこでユーザー(6)に、数字で「18」と入力します。
「OK」ボタンをクリックすれば、「ソリッド」(塗りつぶし)のツールバーができています。

これで今からは、塗りつぶしをする時には、ツールバーの「ソリッド」(塗りつぶし)をクリックするだけなので、大変簡単になります。


JW-CADの追加された機能で、矩形(□)のコマンドのコントロールバーに、「ソリッド図形」という項目が出てきます。これにチェックをいれると、指定の色で塗りつぶされた矩形(□)を書くことができます。

ユーザー設定ツールバーで独自のツールバーを作ってみましょう

「ユーザー(1)(2)(3)(4)(5)(6)」の応用として、「ユーザー(1)(2)(3)(4)(5)(6)」に、コマンド一覧から必要なコマンドを探して数字で入力して、独自のツールバーを作れます。それにチェックを入れて表示させると、オリジナルのツールバーができています。数字を入れる時ですが、複数入れたい時にはスペースを入れてください。1つのツールバーの項目があまりに多すぎると、ゴチャつきますので注意してください。もし多すぎたら、上記のユーザー設定ツールバーから減らしてください。全部で78個のコマンドがありますので、一つのツールバーに13個入れるなら、全部を網羅することもできます。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ  JW-CADに限らないのですが、最近は白黒の印刷に加えカラーでの図面も多くなってきています。 白色の紙にカラーで印刷した時に、どのように見えるかなど配慮する必要があります。またこのページで説明した、色をつけての塗りつぶしを使えば、訴求効果のある図面が作れます。

建設現場で使う道具、工具 建設業(建築、土木、電気、設備etc)では、実に多くの道具や工具を使います。作業時間短縮は、工具の有無、工具の良し悪しに大きく影響されますので慎重に選びたいものです。

タジマのヘルメット内送風機。頭と首元への2方向で、効率的に冷やします。

カメラじゃないので、見守られる側の心理的負担がありません。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 4 電気工事士の仕事部屋

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.