JWCAD(Jww)使い方HOME文字
  1. 目次 JWCAD(Jww)の使い方-基本操作と応用
  2. PDFをDXFに変換 CADで、操作できます フリーソフト(無料ソフト)です
  3. PDF編集の目次 PDF編集を、フリーソフト(無料ソフト)やフリーオンライン(無料)などで
     PDF結合PDF圧縮PDF分割PDF作成変換PDFからjpeg変換PDFパスワード解除PDFパスワード設定

ADSLの後継に、おすすめです Wi-Fiポケットルーター
契約・解約事務手数料0円です  3カ月無料ですので試してみましょう

JWCAD(Jww)の使い方-文字

文字は、図面中に文字を入れる事ができます


文字

文字入力は、ツールバーの中から「文字」のボタンをクリックします。「文字」のボタンを押すと、文字入力BOXも同時に画面に表示されます。


BOXの右側のプルダウンメニューで、今まで入力した最新の文字6個が選択できます。文字入力の状態で、↑↓キーを押すと過去の文字が順次表示されます。この文字入力の過去履歴は、ブラインドタッチできるレベルの人は、過去の入力文字を探すより文字を打ったほうが早いですので、臨機応変に使用してください。

文字コントロールバーを左側から順に説明します。

W=4 H=4 D=0.5 (2)などのように表示されているボタンをクリックすると、下記が出てきます。

書き込む文字の種類を指定します。

ボタンをクリックすると左上の画面が出てきます。ここでは基本設定で設定した10種類の文字を選択できます。10種類の文字種は、基本設定で設定します。メニューバーの設定→基本設定→文字と移動すれば変更できます。又、任意サイズの文字も指定できます。任意サイズにチェックを入れ、幅・高さ・間隔・色などを指定してください。書き込む文字のフォント、斜体、太字の設定もできますので必要に応じてチェックを入れてください。

ADSLの後継に、おすすめです Wi-Fiポケットルーター
契約・解約事務手数料0円です  3カ月無料ですので試してみましょう

違う図面の作成毎に、文字の種類を設定するのは面倒です。

そこで文字も含めた環境設定を保存しておき、新たに図面を作る時そのファイルを呼び出すようにした方が効率的です。この環境設定は他の項目の設定も保存しますので、よく使うパターンを何種類か保存しておき、図面に応じてそのファイルを呼び出すようにしましょう。メニューバーの設定→環境設定ファイル→書出しで任意のわかりやすい名前を付けておきます。ファイル名の入力の時、拡張子は付けなくても自動的に付けてくれます。○○.JWFのJWFの部分の事です。新たに図面を起こそうとする時は、メニューバーの設定→環境設定ファイル→読込みで自分の登録した環境設定を選択し、開くボタンを押します。そうすれば登録してある環境設定ファイルで図面を書くことができるので、環境設定を新たに作らずに済みます。

水平

水平な文字を、書きます。標準では、水平文字の入力になっています。垂直と角度の項目がチェックされていない場合も、水平になります。

垂直

垂直の文字を、書くことができます。

角度

文字の角度を設定します。斜体の角度ではなく、文字全体の角度のことです。

範囲選択

文字を範囲選択します。選択確定後に、文書、貼付、Notepadを選択できます。そこで選ばれた文字が、他のソフトでも使えるようになります。

基点(左下)

ボタンをクリックすると、上記の画面が出ます。 JWCAD(Jww)の文字基点は標準状態では左下になっていますが、状況により変更できます。文字のずれ・下線付加・上線付加・左右縦線付加の設定もできます。

行間

「文字連続書き」や後述の「文読」の、行間を設定します。プルダウンメニューで出てくる数字の、左側が行間隔になります。右側は、文字列のずれになります。あくまでも文章が複数行になるときの設定です。普通の図面では、棒打ちの入力はあまりないので、そんなには使いません。JWCAD(Jww)にはそういう機能があるんだと、覚えておく程度でいいでしょう。


ADSLの後継に、おすすめです Wi-Fiポケットルーター
契約・解約事務手数料0円です  3カ月無料ですので試してみましょう

縦字

縦書きの文字を書く時に、チェックを入れてください。その時に、垂直にもチェックを入れておいてください。

文字の、連結と切断ができます。画面上に違う位置に複数の文字がある時、それを連結して一つの文にしたり、逆に長々と書いてある文章を切断して、別の文字データとして取り扱います。JWCAD(Jww)の、この文字連結文字切断の機能は優秀です。この機能を使いたいために、他のCADでの作業中でも、JWCAD(Jww)を起動して使うことがよくあります。

文読

ファイルから文字列を読み込んだり、画像を読み込んだりできます。別ファイルで作ってあるテキストファイルなどからデータを持ってこれますので、再入力の手間が省けます。

文書

選択した文字列をファイルに書き込みます。

貼付

クリップボードの文字列を、貼り付けます。他のアプリケーションで文字を選択し、編集メニューなどのコピーでクリップボードに、文字をコピーします。そのコピー内容を、この貼付ボタンでJWCAD(Jww)の画面上に貼り付けます。

Notepad

外部の、エディタアプリケーションソフトを利用します。初期設定は、ノートパットになっています。

文字の入力

文字入力BOXに、文字を入力します。17文字までの制限があります。書き込み文字種、文字フォント、基点位置等は、上記のコントロールバーで設定します。その後、画面上の表示したい位置で左クリックすると、入力した文字がJWCAD(Jww)の画面上に貼り付けられます。

文字の修正

文字のコマンドに入り画面上の文字を左クリックすると、文字の修正が可能になります。文字を訂正しEnter キーを押せば、同じ位置に配置されます。W=4 H=4 D=0.5 (2)などのように表示されているボタンをクリックして、文字の大きさも変更できます。任意サイズや10種類の文字種から、希望のサイズに変更します。図面を作成している時に、文字の大きさを変更したい場面が結構ありますので、覚えておきたいものです。


ADSLの後継に、おすすめです Wi-Fiポケットルーター
契約・解約事務手数料0円です  3カ月無料ですので試してみましょう

MSゴシック→文字フォント変更

ここのプルダウンメニューで、文字フォントの選択ができます。他のCADには文字の種類がないものが多く、様々な文字フォントを作成できるJWCAD(Jww)は貴重です。文書だけの書類作成も様々な文字フォントが使えるので、見栄え良くできます。

文字の移動

文字列を、左クリックします。そのままマウスを動かせば、配置したい位置に移動できます。その時、サブメニューを見てください。任意方向になっていると思います。そこで任意方向となっているボタンを押せばX方向、Y方向に切替えできます。文字を水平移動や垂直移動の際は、ここで設定してください。

文字の複写

文字を選択する際、右クリックで選択すれば複写になります。その他の動きは文字の移動と共通です。

フォント読取

文字の移動・複写の時に、文字フォントを読み取ります。同じフォントで別の文字を書くときは、ここをチェックしておいてください。同一図面で様々な場所に文字を書いていく時など、既にある文字を右クリックして、文字内容を書き換えて配置していくと、同じ文字設定で書込みできます。


ADSLの後継に、おすすめです Wi-Fiポケットルーター
契約・解約事務手数料0円です  3カ月無料ですので試してみましょう

PDFの編集をフリーソフト(無料ソフト)やフリーオンライン(無料)などで行う

pdfのdxf変換、pdf結合、pdf圧縮、pdf分割、pdfに作成変換、pdfのjpeg変換、pdfパスワード解除、pdfパスワード設定

PDFをDXFに変換 フリーソフト(無料ソフト)で行う方法です。DXFなら、CADで使えます。
PDFの結合 フリーソフト(無料ソフト)あるいはフリーオンライン(無料)で行う方法です
PDFの圧縮 フリーソフト(無料ソフト)あるいはフリーオンライン(無料)で行う方法です
PDFの分割 フリーソフト(無料ソフト)あるいはフリーオンライン(無料)で行う方法です
PDFに変換 フリーソフト(無料ソフト)あるいはWindows10(無料)で行う方法です
PDFをjpegに フリーソフト(無料ソフト)あるいはフリーオンライン(無料)で行う方法です
PDFのパスワード解除 フリーオンライン(無料)で行う方法です
PDFにパスワード設定 フリーオンライン(無料)で行う方法です
PDFとは何か PDFとは何かを、初心者向けにわかりやすく解説しています

ADSLの後継に、おすすめです Wi-Fiポケットルーター
契約・解約事務手数料0円です  3カ月無料ですので試してみましょう

JWCAD(Jww)キャドの一口メモ

JWCAD(Jww)で図面を作成する際に、文字入力は絶対必要です。いくら丁寧に建築図など作っても、文字が入っていなかったら図面が完成しません。JWCAD(Jww)で図面を作成するなら、基本中の基本の一つです。文字の大きさなどは、メニューの「設定」→「基本設定」の(文字)で「縦・横の大きさ」「間隔」「色」などで変更できます。

ブックマーク (お気に入り) はしていないけど、このJWCAD(Jww)の使い方のサイトを再訪したい時は、google検索などで「JWCAD 2.5」あるいは「JWW 2.5」などで、検索してみてください。あるいは「JWCAD 雲」あるいは「JWW 雲」などで検索してください。検索結果のページで、動画を除いた上の方に出てきます。

JWCAD(Jww)の、基本操作と応用 目次ページ

JWCAD(Jww)の操作全般は、上記の目次ページを参考にしてください

JWCAD(Jww)の操作で、質問の多い項目のピックアップです

PDFの編集を、フリー(無料)で行います 目次ページ

PDFの編集をフリーソフト(無料ソフト)、フリーオンライン(無料)などで行います

jwcadの本

JWCAD(Jww)の使い方・初心者ガイドのリンク

電気工事士ネット

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)

SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)

免責事項  プライバシーポリシー  自己紹介

JWCAD(Jww)の使い方・初心者ガイドのTOPへ戻る

JWCAD(Jww)の名称について

JWCAD(Jww)≒ジェイダブルキャド(ジェイダブルダブル)と呼ばせてもらっています

JWCAD(Jww)≒ジェイダブルキャド(ジェイダブルダブル)と言うのも若干面倒です。使っているCAD(キャド)は何かと聞かれた時にはJW(ジェイダブル)と答えれば、CADを使っている人にはわかります。文字にすると様々な表記がされますので、戸惑う人もいるのではないでしょうか。JW_CAD・JWW・JWCAD・JW CAD・JW-CADなど、様々な表現がされています。作者さんのサイトでは、JW_CADとJWWの2種類の表記がされています。正式名称にこだわりがなく、CAD名表記でゆらぎがあるのも、珍しい存在のCADですね。

Copyright(C) 2006 JWCAD(Jww)の使い方・初心者ガイド. All rights reserved.

2021年9月23日更新