複写は前に書いた図面など流用して、時短ができます・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

複写

複写を使うには、ツールバーの中から「複写」のボタンをクリックします。そうすると以下のコントロールバーが画面の上部に表示されます。

複写のコントロールバー

複写する図形などの、選択方法です。この選択方法は、範囲での選択方法と同じですので、そちらを参考にしてください。複写する対象を選択したら、下記のコントロールバーが表示されます。

複写のコントロールバー 2

左より説明します。

複写

ここをチェックすると、複写になります。チェックしない場合は、移動になります。



作図属性

線色や線種、文字、レイヤなど、複写後の図形の属性を設定します。

任意方向

複写図形の、方向を指示します。
このボタンを押すと、任意方向~X方向~Y方向~XY方向と変化します。

基点変更

基準点の、変更をします。基準点変更ボタンをクリックしてから、基準点の位置をクリックします。その際、左クリックでは任意の点で右クリックは交点や端点になります。右クリックで基準点を指示した方が、正確な図面ができます。



倍率

拡大・縮小の複写が、できます。
X方向・Y方向の倍率を、カンマ(,)で区切って指定すれば、変形図形もできます。

回転角

選択した図形を、回転させて複写します。角度を数値で、指定します。

連続

選択した図形を複写後、連続ボタンを左クリックしていくと、X方向及びY方向とも同じ間隔で連続複写ができます。同じピッチで図形を配置していく時に便利な機能です。

数値位置

選択した図形を、数値で指定して複写します。
X方向とY方向を、カンマ(,)で区切って指定します。元の図形に対し、X方向、Y方向をどれだけ離して配置するかを、数値で指示します。

反転

選択した図形を、基準線に対象になるように複写します。
対象となる基準線を指示してやる必要があります。
この機能も便利な機能です。左右対称の図形は結構多いものです。片面だけ書いた後に複写反転をすれば、もう一方の方は書かずに済みます。

マウス倍率

図形を、マウスで任意の倍率にして複写します。

マウスを回転させて、図形の角度を指示します。元の図形を、傾けて複写したい時に使う機能です。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ 
慣れないうちは、一つ一つの動作をしっかりと確認しながら作図を進めてください。コントロールバーあるいはステータスバーなどに、重要な項目が表示されていますので、手抜きすることなく確認しながら作図をする必要があります。慣れてきたら、それらをあまり意識することなく、作図ができるようになります。

建設現場で使う道具、工具 建設業(建築、土木、電気、設備etc)では、実に多くの道具や工具を使います。作業時間短縮は、工具の有無、工具の良し悪しに大きく影響されますので慎重に選びたいものです。

タジマのヘルメット内送風機。頭と首元への2方向で、効率的に冷やします。

カメラじゃないので、見守られる側の心理的負担がありません。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 4 電気工事士の仕事部屋

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.