PDFに変換を、フリーソフト(無料ソフト)やWindows10で行いましょう

PDFに変換は、フリーソフト(無料ソフト)やWindows10で気軽に行えます

ファイルをPDFに変換する際には、フリーを利用しましょう フリーのソフトもWimdows10も、印刷できるソフトを使っているなら、そのソフトで扱っているあらゆるファイルを、PDFに変換することができます


目次:PDF編集をフリーで行うHOMEPDFに変換を、フリーソフト(無料ソフト)やWindows10で行います。印刷ができるソフトからなら、フリーでPDF変換可能です。
  1. 目次 JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】「無料キャドソフト」の使い方-基本操作と応用
  2. PDFをDXFに変換すれば、CAD(キャド)で操作できます フリーのソフト(無料)の、紹介です
  3. PDF編集を、フリーのソフト(無料)やフリーのオンライン(無料)で行います
     PDF結合PDF圧縮PDF分割PDF作成変換PDFからjpeg変換PDFパスワード解除PDFパスワード設定PDFとは

PDFに変換を、フリーソフト(無料ソフト)で行う方法です。エクセル・ワードなど印刷可能なソフトから作成します

PDFに変換できる、フリーソフト(無料ソフト)の紹介です。


PDF変換する方法で、フリーソフトを利用する方法があります。フリーソフトとは、フリーのソフトのことで、無料で使えます。PDF変換したい時に、無料で使うことができます。

PDFに変換する必要が、必ず発生してきます。ここで紹介しているフリーソフト(無料ソフト)を使えば、印刷の手順で、簡単にPDF変換されたファイルを作成できます。是非、ダウンロードしておきましょう。エクセルやJPG、WORD,txtなど各種ファイルを、PDF変換するのにフリーソフト(無料ソフト)で行えます。

PDFに変換できる、おすすめのフリーソフト(無料ソフト)です

おすすめのPDF変換できるフリーソフト(無料ソフト)は、「Cute PDF Writer」です。なにより良いのは、無料(フリー)で使えることでしょう。操作も簡単で、 それぞれのソフトの印刷で、普通のプリンターを使う時と同じ要領で、PDF変換されたファイルを作れます。PDF変換するフリーソフト(無料ソフト)の存在は気にすることなく、PDF変換しているという意識はなく、普通に印刷している感覚です。

PDFに変換されたファイルを、印刷機能があるソフトなら作ることができます。もしPDF変換するフリーソフト(無料ソフト)をお持ちでなかったら、選択肢の一つにされてはいかがでしょうか。PDF変換が、簡単にできます。


PDF変換ができる、フリーソフト(無料ソフト)「Cute PDF Writer」の導入手順

PDF変換できるフリーソフト(無料ソフト)「Cute PDF Writer」を、ホームページからダウンロードします。ホームページはこちらのアドレスになります。

ホームページを見てビックリするかもしれませんが、英語のホームページです。
下記がその画面の抜粋です。

インターネットのブラウザで、googleのchromeを使っているなら、ページが翻訳されて表示されます。しかし最近のロボット翻訳は精度が上がり、あまり違和感のない日本語にしてくれますね。

このページには、その他にもいろいろなソフトがありますが、今回はこの中で「Cute PDF Writer」を選択します。


無料ダウンロード(1.56MB)のリンクボタンを押せば、セットアップ用のCuteWriter.exeのプログラムがダウンロードされます。ダウンロードしたファイルの、CuteWriter.exeを実行します。

このファイルを実行しようとすると、下記のセキュリティの警告が出ます。ここで実行(R)をクリックします。

実行(R)をクリックすると、ソフトの使用許諾の同意が求められますので、「I accept the agreement」にチェックを入れて「Next」をクリックします。「I accept the agreement」は、契約に同意するという意味合いです。

契約に同意にちょっととまどうかもしれませんが、どのソフトにも書かれているライセンス条項の内容です。


下記に日本語訳がありますので、参考にしてください。


次に、セットアップの確認の画面が出ます。「Install」をクリックします。

以上で、PDFに変換するフリーソフト(無料ソフト)「Cute PDF Writer」のインストールは完了しました。


PDF変換できるフリーソフト「Cute PDF Writer」のインストールが完了したら、ブラウザが立ち上がり、取扱説明が書かれたページが出てきます。しかし英語で書かれていて、内容も分かりにくかったりするので、興味のある人以外は閉じても大丈夫でしょう。



追加推奨ソフト

PDF変換できるフリーのソフトをインストールしましたが、これに追加する形でインストールが推奨されているプログラムソフトが、下記にあります。「Ghostscript」です。「Ghostscript」は、PostScript言語を画面表示、印刷、画像フォーマット等へ変換する無料(フリー)のソフトウェアです。PostScriptは、文字や図形など、紙に印刷できるものならどんなものでも記述できる、ページ記述言語です。

「Ghostscript」のインストールは、あっという間に完了します。

ダウンロードページ

ホームページが英文なので、戸惑う人もいるかもしれませんね。

上記ページの自動翻訳が、下記になります。

赤色の矢印の「here」をクリックしてください。日本語ならますの所になります。変なところにリンクマークがついていますが、自動翻訳のためです。

以上で、PDFに変換する無料(フリー)ソフトのインストールが、すべて完了しました。これでPDF変換が、フリーソフト(無料ソフト)を使い、エクセル・ワード・JPG・txtなどを印刷機能のあるソフトで開いて、できるようになりました。


変換する操作手順

PDF変換するには印刷のコマンドを実行するときに、プリンター名(N)の所で「Cute PDF Writer」を選ぶだけです。名前をつけて保存の画面が出てきますので、ファイル名とファイルを保存する場所を決めて、「保存(S)」のボタンを押せばOKです。作業があまりにあっけなくて、拍子抜けするくらいです。

プリンター名を「Cute PDF Writer」にして、「OK」をクリックします。

名前をつけて保存の画面が出てきますので、ファイル名と保存場所を指示します。PDFに変換したファイルがフリーで、保存場所に作成されています。


便利技

PDF変換されたファイルを印刷して、かすれたりしていて文字や線が不明瞭の場合は、印刷品質を上げてやれば解決します。プリンタの設定画面の「プロパティー」→「用紙・品質」→「詳細設定」→「印刷品質」→「グラフィックス」と進めば、72dpi~4000dpiまでの間で調整できますので、現状(600dpi)より数字の大きいdpiを選んで、「OK」をクリックして下さい。逆に、写真を多用した図面をPDF変換した場合に一部の写真が欠落するというトラブルが発生したら、印刷機の「プロパティー」で品質を落とせば、解決します。変換したファイルは、自分の目でチェックして異常がないか、確認する習慣を付けておきましょう。

エクセルやワード、jpeg、txtなどを開く際に、印刷機能のあるソフトなら、同じ要領で簡単にフリーでPDFに変換されたファイルが作れます。




PDFに変換を、Windows10で行います。エクセル・ワード・JPG・txtファイルなど、印刷できるソフトで開けば何でもOKです

Windows10を使っているなら、簡単にPDF変換できます

私のパソコンはwindows7をバージョンアップして、windows10を使っていました。外観が大きく変わっただけで、あまり機能の向上については期待していませんでした。ところが、最近印刷をしようとした際にプリンター名にMicrosoft Print to PDFなるものがあることに気づきました。これを使えばPDF変換できるのかなと思い実験したら、PDF変換ができました。そこでネットで調べると、エクセルやワードなどで作ったファイルをPDFに変換する機能が、Windows10に追加されているとのことでした。仮想プリンターの機能でそれを実現させているとのことで、私が今まで無料(フリー)のソフトで行っていた方法と同じです。 何より良いのは、特別にソフトをインストールする手間がいらないということです。

Windows10を使えば、PDFに簡単に変換できます

新しいパソコンを持っているなら、OSはWindows10になっているでしょう。あるいは私のように、昔のパソコンのOSのwindowsをバージョンアップして、Windows10にしている人も多いでしょう。Windows10には目立たないけれど、新しい機能の一つにフリーでPDF変換する機能が追加されています。このフリーのPDF変換機能は、便利でおススメです。今まではそのような機能がなかったので、別途無料(フリー)のソフトや有料ソフトをインストールして、PDFを変換していました。しかしWindows10には最初からフリーでPDFに変換できる機能が付加されていますので、PDF変換ソフトのインストールのために無駄なお金や時間を使うこともありません。

JWCAD(Jww)の画面上で、PDFに変換する例ー他のソフトでも同じ要領です

JWCAD(Jww)などのCADで作った図面ファイルを、PDFに変換することはとても簡単にできます。ツールバーの「印刷」をクリックします。あるいはメニューバーの「ファイル」→「印刷」でもOKです。

ツールバーの「印刷」をクリックしたら、プリンターの選択画面が出てきます。


選択画面の中で、「Microsoft Print to PDF」をクリックします。


プリンター名をクリックして「OK」ボタンをクリックしたら、印刷の設定画面になります。右下の赤枠で囲まれた場所が、印刷範囲になります。範囲を変更したい時には、画面上で右ボタンをクリックしてその後マウスを動かして印刷範囲がOKなら左ボタンをクリックします。その後にもう一回左ボタンをクリックすれば、OKです。

下の参考図の上の方に、印刷の設定画面がありますので、状況に合わせて設定してください

ここの使い方は印刷する時と同じですので、印刷のページを参考にしてください。拡大縮小の項目、90°回転、カラーとモノクロ印刷選択の3点はよく使いますので、マスターしておいてください。
印刷範囲を決めて、左クリックした後は画面が変わります。


PDF変換されたファイルを保存するフォルダーを開き、ファイル名を付けて保存すれば完了です。

PDFへ変換する必要性

JWCAD(Jww)などのCADで作った図面を先方に渡す時に、データと一緒にPDFへ変換されたファイルも欲しいという要望が増えてきています。相手が違う種類のCADを利用しているなら、考えられないトラブルも予想できます。今まではDXFファイルなど共通のデータと考え送受することが多かったのですが、文字関係のラブルで文字化けを起こしたり欠落していたりと、今まで苦労した経緯があります。そういったトラブルでも、変換されたファイルがあれば、文字化けした文字が何かあるいは欠落した文字が何かわかり助かります。

「Microsoft Print to PDF」は便利です

A1、A2、A3サイズと、JWCAD(Jww)などのCAD図面に合わせて、簡単にPDF変換ファイルがフリーで作れます。普通のエクセル・ワード・JPGファイルなど印刷機能のあるソフトでしたら、同じ要領で簡単にPDF変換ファイルがフリーで作ることが出来ます。

PDFの編集を、フリーのソフト(無料)や、フリーのオンライン(無料)などで行う方法です

pdfのdxf変換、pdf結合、pdf圧縮、pdf分割、pdfに作成変換、pdfのjpeg変換、pdfパスワード解除、pdfパスワード設定

PDF dxfに変換、フリー(無料)で行う PDFをDXFに変換する際に、フリーのソフト(無料ソフト)で行う方法です。DXFなら、CAD(キャド)で使えます。
PDF結合を、フリー(無料)で行う PDFの結合を、フリーのソフト(無料ソフト)あるいはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
PDF圧縮を、フリー(無料)で行う PDFの圧縮を、フリーのソフト(無料ソフト)もしくはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
PDF分割を、フリー(無料)で行う PDFの分割を、フリーのソフト(無料ソフト)またはフリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
PDF変換を、フリー(無料)で行う PDFに変換を、フリーのソフト(無料ソフト)あるいはWindows10(無料)で行う方法です
PDF jpegに、フリー(無料)で変換する PDFをjpegに変換します。フリーのソフト(無料ソフト)、フリーのオンライン(無料オンライン)で変換する方法です
PDFパスワード解除をフリー(無料)で行う PDFのパスワード解除を、フリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
PDFパスワード設定をフリー(無料)で行う PDFのパスワード設定を、フリーのオンライン(無料オンライン)で行う方法です
PDFとは何か PDFとは何かを、初心者向けにわかりやすく解説しています


JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】「無料キャドソフト」の一口メモ

JWCAD(Jww)などのCADで図面を作って相手に渡す際に、PDF変換されたファイルも欲しいという機会が増えてきています。CAD間のデータの受け渡しは、DXFファイルが今までは一般的でした。ただDXFファイルは、文字化けや線種化けなどトラブルも多く、それらを補完する意味合いでPDFは有効です。文字化けや線種化けなど発生せず、こちらで印刷するのと同じ図面を作ることができます。PDF変換する際に、フリーで使えることの意義は大きいです。このページで紹介しているPDF変換をフリーでできるソフトを使ったり、Windows10のフリーの付属機能を使ったりして、気軽にPDF変換を行いましょう。もちろん、フリーでお金をかけずに行いたいですね。

ブックマーク (お気に入り) はしていないけど、このJWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】「無料キャドソフト」の使い方のサイトを再訪したい時は、google検索などで「JWCAD 2.5」あるいは「JWW 2.5」などで、検索してみてください。あるいは「JWCAD 雲」あるいは「JWW 雲」などで検索してください。検索結果のページで、動画を除いた上の方に出てきます。

JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】の、基本操作と応用 目次ページ

JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】の操作全般は、上記の目次ページを参考にしてください

JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】の操作で、質問の多い項目のピックアップです

PDFの編集を、フリー(無料)で行います 目次ページ

PDFの編集をフリーソフト(無料ソフト)、フリーオンライン(無料)などで行う方法です

jwcadの本

JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】「無料キャドソフト」の使い方・初心者ガイドのリンク

電気工事士ネット リンク

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)

SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)

免責事項  プライバシーポリシー  自己紹介

JWCAD(Jww)「無料キャドソフト」の使い方・初心者ガイドのTOPへ戻る

JWCAD(Jww)の名称について

JWCAD(Jww)≒ジェイダブルキャド(ジェイダブルダブル)と呼ばせてもらっています

JWCAD(Jww)≒ジェイダブルキャド(ジェイダブルダブル)と言うのも若干面倒です。使っているCAD(キャド)は何かと聞かれた時にはJW(ジェイダブル)と答えれば、CADを使っている人にはわかります。文字にすると様々な表記がされますので、戸惑う人もいるのではないでしょうか。JW_CAD・JWW・JWCAD・JW CAD・JW-CADなど、様々な表現がされています。作者さんのサイトでは、JW_CADとJWWの2種類の表記がされています。正式名称にこだわりがなく、CAD名表記でゆらぎがあるのも、珍しい存在のCADですね。

Copyright(C) 2006 JWCAD(ジェイダブルキャド)【Jww】「無料キャドソフト」の使い方・初心者ガイド. All rights reserved.

2022年1月25日更新



JWCAD(ジェイダブルキャド)の使い方を覚えれば、就職や転職の際は有利になります

一生使える特技として、JWWCAD(ジェイダブルダブルキャド)を習得しましょう

就職活動をする時に、JWCAD(ジェイダブルキャド)は業界次第では必須のスキルになっています