JW or JWW-CADの使い方 jwkファイルを、jwsファイルに変換する


フリーソフト/無料の図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く・・・JWWキャド/マニュアル



JW or JWW-CADで使えるフリーソフト/無料図形がjwkファイルでしたら、ファイル選択時にjwsファイルからjwkファイルに変更する必要があり、チョット面倒です

jwkファイルをjwsファイルに変換する、フリーソフト/無料を使ってみませんか

このサイトでは、造園データ電気シンボルなどのフリーソフト/無料を紹介していますが、これらの図形データはjwkファイルです。図形配置の際にjwsとjwkのファイル選択で、必ずjwkを選択する必要があります。一方JW or JWW-CADに標準的に入っている図形データはjwsですので、図形配置のコマンド内でファイル種類の切り替えが必要となり、チョットしたストレスになります。これから紹介するソフトを利用すれば、jwkファイルからjwsファイルに一括で変換できます。図形ファイルをjwkからjwsファイルに変換しておけば、図形配置の際にファイル種類の選択が不要となり、快適にJW or JWW-CADを使えるようになります。




jwkファイルをjwsファイルに変換する、フリーソフト/無料をダウンロード


フリーソフト/無料で有名な、Vectorのサイトを訪問します。そこでJWC2JWWのソフトを、ダウンロードします。ページ内の、「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックします。なお動作OSにwindows10はありませんが、問題なく使えます


ページが変わりますので、そのページ内の「ダウンロードページへ」のボタンをクリックします。

いよいよ、ダウンロードできるページになりました。このページ内の、「このソフトを今すぐダウンロード」のボタンをクリックします。ブラウザで指定している場所に、即座にダウンロードされます。

「jwc2jww011_031112.lzh」のファイルがダウンロードされています。このアイコンを右クリックします。そして出てくる、「○○でこのファイルをスキャンする」で、ウィルスチェックをしてください。導入しているウィルス対策ソフトにより、○○の部分は変わってきます。



もしウィルス対策ソフトを入れていないなら、Windows10の「Windows Defenderでスキャンする」で、チェックしておきましょう。

パソコンを使うなら常識ですが、ウィルス対策ソフトは必ずいれておきましょう。そしてダウンロードしたファイルは、たとえ信頼できると思われるサイトからであっても、ウィルスチェックする習慣を付けておきたいものです。私は、3年5台版を使用しています。検出率No.1・PC軽快さNo.1のウイルス対策ソフト

ダウンロードされた「jwc2jww011_031112.lzh」のファイルを解凍します

スキャンで安全の確認ができましたら、ダウンロードされた「jwc2jww011_031112.lzh」のファイルを、解凍ソフトを使って解凍してください。ファイルの拡張子からわかりますが、このファイルはlzh圧縮されています。解凍ソフトを使って、解凍する必要があります。解凍ソフトについては別ページで述べていますので、参考にしてください。


ダウンロードされた「jwc2jww011_031112.lzh」というlzh圧縮されたファイルを解凍すると、「jwc2jww011_031112」というフォルダが出てきます。このフォルダを、エクスプローラなどを使い、任意の場所(プログラムフォルダなど)に移動します。なおこのフォルダ内の「jwc2jww.exe」をダブルクリックすれば、ソフトの起動ができます。



ショートカットを作っておきましょう。


「jwc2jww.exe」のファイルを右クリックして、ショートカットの作成で同じフォルダ内などに「jwc2jww.exe」のショートカットができます。これをエクスプローラなどでデスクトップなどに移動しておけば、使いたい時にすぐに使えます。右クリックで出てくるメニューで、「スタートメニューにピン留めする」あるいは「タスクバーにピン留めする」で、スタートメニューやタスクバーにショートカットを作ってもいいでしょう。



「jwc2jww.exe」を起動します

ソフトを立ち上げて、メニューバーの「ファイル」→「開く」でjwkファイルを開きます。

例として、電気シンボルを開く手順を示しておきます。電気シンボルをダウンロードして作成されたフォルダをC:\JWWに入れた場合で、「denzuq」のフォルダ名を変えていない状態とします。「denzuq」のフォルダを開きます。中にはインターホン、ガス漏れ警報、コンセントなどとフォルダ分けされています。ここの例では、コンセントのフォルダを選択して、OKのボタンをクリックします。


コンセントのフォルダが開きますが、その際には最下部のファイルの種類ではJWKファイルの方を選択してください。コンセントフォルダ内に9つのjwkファイルがあり、それをすべて選択して開きます。「Ctrl」+「A」ですべて選択ができます。
すべてを選択して開くボタンをクリックすると、JWC2JWWのソフトにすべてのdwkファイルが取り込まれます。その後メニューバーの、「変換・保存」をクリックします。変換されたファイルをどこに保存するかの画面になりますので、「denzuq」のフォルダ内のコンセントのフォルダを選択して、OKのボタンをクリックします。これだけで、jwkファイルからjwsファイルの変更ができます。これでJW or JWW-CADで図形配置をする際に、ファイルの種類を選択する手順が省略できます。なおコンセントフォルダ内にjwkファイルとjwcファイルの両方が入っている状態になっていますが、この変換ソフトで若干の変換再現がうまくいっていない場合もあるようですので、両方入れておいた方が良いでしょう。普段はjwsファイルを使い、万が一不具合がある部品については、jwkファイルを使うようにした方が良いでしょう。この変換不具合などについては、「JWC2JWW」が入っているフォルダに入っている、「「Readme.txt」ファイルに詳しく書かれていますので、参考にしてください。

以上の手順を踏めば、JW or JWW-CADで図形配置する際に、jwkファイルの場合などではわざわざjwkファイルを選ぶ必要がなくなります。jwkファイルをjwsファイルに変換しますので、標準で入っているjwsファイルと同じ扱い方をすれば良くなります。同じ要領で、「インターホン」「ガス漏れ警報」・・・などと、すべてのフォルダ内のjwkファイルを、jwsファイルに変換しておきましょう。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント お勧めのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

図面作成を効率的に行う、フリーソフト/無料の紹介です

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JW or JWW-CADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JW or JWW-CAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける方法
JW or JWW-CADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JW or JWW-CAD図面に書く
樹木などの造園データを、JW or JWW-CADで使う
図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く
電気設備図面で、フリーソフト/無料での電気シンボルを使う
電気設備の施工図作成で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフト/無料のシンボルを利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する 別パターン

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール No2  JW or JWW-CADとの関わり

JW or JWW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト/無料の紹介です

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW or JWW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JW or JWW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW or JWW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  エクセルを使っていると、表を作る時にストレスを感じる人も多いことでしょう。簡単な表を作る分には良いのですが、各種申請書のような複雑な形式の表を作る時には、相当な時間がかかります。しかしJW or JWW-CADなら、初心者でも簡単に表を作ることができます。その形が複雑な形の表であっても、ストレスを感じることなく作成できます。その表をエクセルファイルにできれば、JW or JWW-CADを使えない人などにファイルを渡す時にも、大変便利です。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4  リンクサイトNo5    セルフ紹介

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー



要領・基準 | 電子納品に関する要領・基準
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品に関する要領・基準 ガイドライン
 国土交通省 電子納品ホームページ

CAD製図基準、CAD製図基準に関する運用ガイドライン改定のお知らせ
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品とは、「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品すること」をいいます。ここでいう電子成果品とは、「工事または業務の共通仕様書等において規定される資料のうち、各電子納品に関する要領に基づいて作成した電子データ」を指します。 電子納品の目的は、公共事業の各事業段階で利用している資料を電子化し、共有・再利用することで、以下に示す効果を実現するものです。 (事業執行の効率化) 資料の再利用性を向上させることで、効率的な事業執行を実現する。 (品質の向上) 事業全体の情報を電子的に共有化・伝達が実現することによって、情報の伝達ミスや転記ミスなどを低減し、公共事業の品質向上を実現する。 (ペーパーレス、省スペース) 資料授受を容易にするとともに、保管場所の省スペース化を実現する。

Copyright(C) 2006 JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル). All rights reserved.

2020年8月4日Update record