このサイトはPRが含まれています

JWCAD(Jww)の使い方
JWCAD(Jww)で疑問の多い項目
JWCAD(Jww)基本の操作
JWCAD(Jww)編集・応用
JWCAD(Jww)で大幅な時間短縮を、おすすめのフリーソフト(無料)などで解決

PDF分割やPDFをJPEG変換、ファイルをPDFに変換、DXFに変換など、PDFの困りごとをおすすめのフリーソフト(無料)などで解決
PDF図面をDXF図面に変換を、おすすめのフリーソフト(無料)で行う
JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・を覚えれば、転職や就職に有利になります。将来の自分に対する投資と考えられますが、フリーソフト(無料)ですので、気軽に取り組めます。





JWCAD(Jww)の使い方のHOME>機械(空調、衛生)設備図面の、線記号変形

JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・-機械(空調、衛生)設備図面の、線記号変形はフリーソフトで

機械(空調、衛生)設備用の線記号変形を利用すると、作業スピードが上がります。フリーソフトに、機械(空調、衛生)設備用の線記号変形をまとめたツールがありますので、利用してみませんか。


JWCADで使える、フリーソフトの機械(空調、衛生)設備用の線記号変形

機械(空調、衛生)設備の設計図や施工図作成で、JWCADを利用している人も多いことでしょう。図面作成のスピードアップに、線記号変形は欠かせません。JWCAD特有の線記号変形のことについては、別ページに述べていますが、標準で入っている機械設備用の線記号変形は結構な数があります。しかし、実際に図面を書いていると、それでも足りないと感じるものです。このページではフリーソフトの、機械(空調、衛生)設備用の線記号変形を紹介します。

ところで機械(空調・衛生)設備用の線記号変形ですが、別のフリーソフトの機械(空調・衛生)設備用の線記号変形のページもあります。二つともインストールしておけば、もっと便利に使えると思います。このページを読み終えましたら、そちらのページも参考にどうぞ。

フリーソフトを使い、JWCADで機械(空調、衛生)設備用の線記号変形を使う

ダウンロードしたフリーソフトデータ内の、機械(空調、衛生)設備用の線記号変形のイメージ図を示しておきます。赤枠の「線記号変形 機械(空調・衛生)は、エクスプローラなどでフォルダ名を、「線記号変形 機械(空調・衛生)」としています。ダウンロードした時のフォルダ名はm12_opt4でそのままでも使えますが、なんの線記号変形なのか一目でわかるようにしておいた方がいいでしょう。


これらの機械設備用の線記号変形を見ていると、標準で入っている機械設備用の線記号変形とダブっている項目もあります。

しかしダウンロードしたデータを、単純に「設備1」や「設備2」などのフォルダーに入れると同じファイル名があり、内容は違うものが標準で入っているデータに上書きされてしまいます。そこで上書きの心配が無いように、別フォルダにわかりやすい名前を付けて、C:\JWWのフォルダに置いておいた方が良いでしょう。

試しに使ってみたい人は、フリーソフトで有名なVectorのサイトを訪問して、ダウンロードしてください。

ページ内の、「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックします。


ページが変わりますので、その中の「ダウンロードページへ」のボタンをクリックします。


いよいよダウンロードできるページになります。

ページの中で、「このソフトを今すぐダウンロード」のボタンをクリックします。



即座に、m12_opt4.lzhというlzh圧縮されたファイルがダウンロードされます。


これをダブルクリックすると、解凍されてm12_opt4というフォルダが作られます。もしそれで解凍出来ない時は、解凍ソフトを使って解凍してください。ちなみに私は+Lhacaというフリーソフトを使っています。


ちなみに、m12_opt4のフォルダを開いた中身は、下記のようになっています。


m12_opt4のフォルダを、エクスプローラなどでJWCADが入っているフォルダにコピーして入れます。JWCADのフォルダはC:\JWWになります。(インストールフォルダを変更していない場合)

m12_opt4のフォルダ名ですが、エクスプローラなどで名前の変更をお勧めします。私の場合はm12_opt4のフォルダ名では使う際にわかりにくいですので、フォルダ名を、「線記号変形 機械(空調・衛生)」としています。 後々使う際のために、わかりやすい名前に変更しておいたほうが良いでしょう。

JWCADで、機械(空調、衛生)設備用の線記号変形を利用する


機械(空調、衛生)設備用の線記号変形を利用する方法は、別ページに述べていますので参考にしてください。基本的には、直線など書かれた線に図形を追加するイメージです。直線などの線がなくても使える線記号変形もありますが、大部分の線記号変形は線に図形を追加する形で作られています。試しに1本線、あるいは二本線を書いて、線記号変形のコマンドで選んだ線記号変形がどのようになるのか確認してください。今まで一つ一つ書いていた図形があっという間に書けるので、大幅な作図時間の短縮ができます。

ツールバーの、「記変」をクリックします。


あるいは、メニューバーの「その他」→「線記号変形」をクリックします。


「記変」をクリックすると、CドライブのJWWフォルダーに、「m12_opt4」のフォルダーがあります。

そのフォルダーをクリックすると、仕分けされたサブフォルダーが現れます。



仕分けされたサブフォルダーの中身の一例ですが、下記のような線記号変形が入っています。


線記号変形の動きを確認してみましょう。適当に1本あるいは2本の線を書いておき、そのあとツールバーの「記変」をクリックして、上記の例で言えば「線記号変形 機械(空調・衛生)」のフォルダの中の【線記号変形T】空調シンボルのサブフォルダを開きます。その中の一つをクリックして、すでに書いてある線を選択して線記号変形を配置してください。JWCADの画面左下のステータスバーに、何をすれば良いのか案内してきますので、それに沿って作図してください。

機械(空調、衛生)設備用の線記号変形を利用して、作図スピードのアップ

線記号変形を使わなくても、図面の作成はできます。しかし、同じ作図でも線記号変形を使うのと使わないでは、大きな時間差が生じます。CADはコンピュータ支援設計とも言われ、コンピュータによる支援の一つが、CADによる外部変形の機能ではないでしょうか。うまく使えば、大幅な作図時間の短縮ができますので、使わないともったいないです。

m12_opt4のフォルダーは、バックアップをしておきましょう。今はこのフリーソフトはインターネットからダウンロードできますが、将来突然にダウンロードできなくなる事も起こりえます。ダウンロードしたm12_opt4.lzhというlzh圧縮されたファイルでも構いませんので、わかる場所にバックアップすることをお勧めします。

JWCADキャドの一口メモ

JWCADでは、様々な方法でコマンド呼び出しができますが、どれか一つをマスターすれば他は覚える必要はありません。ある程度慣れてきたら、他のコマンド呼び出しも試してください。

JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・・初心者ガイドのリンク

CAD 製図基準に関する運用ガイドライン(案)

SXFデータを画面上で参照、確認するための閲覧ソフト(SXFブラウザ Ver2)

免責事項  プライバシーポリシー  セルフ イントロ

JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・・初心者ガイドのTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JWCAD(Jww)の使い方を、初心者向けにやさしく解説しています・・初心者ガイド. All rights reserved.

Updated on July 12, 2024