レイヤー使用で、修正などを効率良く行えます・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

レイヤーを使いこなしましょう

レイヤーを使うとは、複数の透明のフィルムを重ねて、一つの図面を作っていくイメージです。レイヤーで分けることにより、図面作成を効率的に行うことが可能になります。

下の図面例でいえば、一番上が完成図面で全部のレイヤーを表示している状態です。その図面はその下の4つのレイヤーによって構成しています。一番上が通り芯のレイヤ、その次が柱のレイヤ、3番目が壁のレイヤー、そして最後が文字のレイヤーにしています。

このようにレイヤーを分けて書いておくと、後で修正などある時は、編集可能なレイヤーや表示のみのレイヤー、あるいは非表示などに分けることが容易ですので、修正効率があがります。

レイヤー状態の変更

JW-CADをインストールしたら、レイヤーのツールバーが表示されていると思います。

ここで、レイヤー状態の変更ができます。左側の○で数字等を囲んである方が、レイヤーになります。右側の□で囲んである方が、グループになります。グループの方は、初期状態では表示されていません。メニューバーの表示→ツールバー→レイヤーグループで表示することができます。また、レイヤーツールバーの一番下の0と表記されている場所をクリックすればグループの表示ができます。

のアイコンの場所で、右クリックしてください。 そうするとレイヤ一覧が、画面いっぱいに表示されます。そのレイヤ一覧のをクリックすると、レイヤー名称を入力する事ができます。適宜、レイヤー名を入力してから作図を進めてください。

レイヤ一覧の画面

の状態は作図可能レイヤーを表し、必ず1個の作図可能レイヤーが必要です。図形を書きたいレイヤーで右クリックすればのように赤色で表示されます。

その他のレイヤーは初期状態ではのように丸数字になっています。これは編集可能なレイヤーということを表しています。

そこをクリックすると非表示→表示のみ→編集可能と変化しますので作図状態に合わせて切り替えてください。

のように上部の左に、紫の線が表示されているのは、そのレイヤーに図形データがある事を表現しています。紫の線が右側にある時は、そのレイヤーに文字データがあります。左右両方にある時は、図形+文字のデータがあります。

プロテクトレイヤ

書き込みや消去ができなくなります。しかし、表示、非表示に切り替えることは可能です。元データなど、書き込みや消去を誤ってしないように、保護する時に使います。
プロテクトレイヤにするには、目的のレイヤをCTRLボタンを押しながら左クリックします。
レイヤが作図可能な状態では、プロテクトレイヤにすることはできません。一旦別のレイヤーを作図可能にして、そのレイヤーはプロテクトをかけてください。プロテクトをかけたレイヤーはのようにレイヤ番号に斜め線がつきます。

表示状態もプロテクトするには、SHIFTボタンとCTRLボタンを押しながら、レイヤ番号を左クリックします。
すると、のレイヤ番号に×印がつきます。

この状態では書き込み、消去、表示状態の切り替えができなくなります。

レイヤー移動・複写

間違えて、柱のレイヤーにドアの図形など入れてしまった時など、レイヤーの移動をする必要が出てきます。

最初に、書込みするレイヤーを作図可能にします。

上の例でいえば、ドアのレイヤーを作図可能にします。そして移動→図形選択→選択確定→作図属性→書き込みレイヤーに作図とし、OKボタンを押します。

配置状態になっていますが、基点が図形等の中央あたりにありますので前と同じ位置に配置したい時は基点を右クリックでキャッチできる点に変更し、元の図形位置でそのクリック位置を合わせて右クリックします。

そのままでは依然として移動のコマンドを継続していますので、別のコマンドボタンを押してください。

以上で、レイヤーの移動が完了します。レイヤーを複写するには最初に複写のコマンドを選びます。それ以降の手順はレイヤー移動と同じです。

レイヤの使い方(もう一つの方法)    レイヤー分けの利点と問題点

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ 
ファイルを名前を付けて保存で、JW-CAD の旧バージョンで保存して相手方に渡す必要があることもあります。相手方がJW-CADをバージョンアップしてくれればいいのですが、なかなか思うようにはいかないですね。それでも、以前はCADのデータ渡しはDXFファイルが主流でしたが、最近はJW-CADの愛用者が増えてきたせいか、JW-CADの生データで欲しいと言われることが増えてきました。

建設現場で使う道具、工具 建設業(建築、土木、電気、設備etc)では、実に多くの道具や工具を使います。作業時間短縮は、工具の有無、工具の良し悪しに大きく影響されますので慎重に選びたいものです。

タジマのヘルメット内送風機。頭と首元への2方向で、効率的に冷やします。

カメラじゃないので、見守られる側の心理的負担がありません。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 4 電気工事士の仕事部屋

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.