入門者向け技術系通信講座のシーモス、就職・転職サポートつき

画像挿入「画像貼り付け」で、画像をCAD図に貼り付け・・・JW-CADの使い方

JW-CADの画面各部名称

画像挿入「画像貼り付け」

画像挿入「画像貼り付け」のコマンドは、CAD図面の中に画像を入れて、図面を作ることができます。
画像は施主などの相手側に容易にイメージを伝えることができ、最近では写真などの画像を入れて、図面を作る機会も多くなりました。
これからJW-CADを覚えていくなら、画像挿入「画像貼り付け」は必ず必要になりますので、覚えておきましょう。

メニューバーから、「画像編集」を選択します。

ツールバーからコマンドに入ることもできます。 現状では標準では画像挿入のボタンがないので、ツールバーの中のユーザー設定でそれを出すようにします。このページの最後のほうに述べていますので、参考にしてください。

次に、次のようなコントロールバーが出てきますので、画像挿入「画像貼り付け」をクリックします。

挿入したい画像の保存場所を指示し、画像ファイルを選択します。

画像ファイルの種類(JPEG、Bitmapなど)を、選択するのを忘れないようにしましょう。

挿入する画像を指示してやれば、基準点を指示してくださいとコントロールバーにメッセージが出ます。

左ボタンあるいは右ボタンで、挿入する位置を指示してください。左ボタンはFreeで任意の位置、右ボタンはReadで交点や端点などの位置になります。

画像フィット

画像フィットボックスに、チェックを入れます。

ステータスバーに、「フィットさせる画像の範囲の始点を指示してください。・・」のメッセージが出ますので、下記のように①→②とクリックします。
次に、「選択画像をフィットさせる範囲の始点を指示してください。・・・」のメッセージがステータスバーに出ますので、③→④とクリックします。



以上の手順を実行すれば、フィットさせたい範囲に、画像を表示できます。

画像フィット(回転する)

画像フィット、(回転する)ボックスに、チェックを入れます。

ステータスバーに、「フィットさせる画像の範囲の始点を指示してください。・・」のメッセージが出ますので、下記のように①→②とクリックします。
次に、「選択画像をフィットさせる範囲の始点を指示してください。・・・」のメッセージがステータスバーに出ますので、③→④とクリックします。

①→②と③→④の指示のときの、方向には注意してください。イメージとしては、元画像の①~②の辺を、フィットさせたい範囲の③~④の辺に表示させる、といったところでしょうか。

以上の手順を実行すれば、下記のようにフィットさせたい範囲に、回転された画像を表示できます。


トリミング

トリミングのボックスに、チェックを入れます。

「トリミング範囲の始点を指示してください。・・・」のメッセージがステータスバーに出ますので、①でクリックします。
次に「トリミング範囲の終点を指示してください。・・・」とメッセージが出ますので、②でクリックします。

以上の手順で、元の写真をトリミングした画像を表示できます。

元の写真を表示したいときには、トリミング解除のチェックボックスにチェックを入れます。

「トリミングを解除する画像を指示してください。」とメッセージが出ますので,画像を指示してやれば元の画像を表示できます。

移動


画像の位置を移動したいときに、移動のチェックボックスにチェックを入れて使用します。

画像同梱

ファイルと画像が1セットになり、ファイルの管理が楽になりました。

使い方は簡単です。「画像同梱」のボタンをクリックするだけです。

「画像をJWWデータに同梱します。よろしいですか?」のメッセージで、OKとすれば画像とファイルが1セットになります。

便利な機能ではありますが、画像同梱のファイルのやり取りには注意が必要です。相手方のパソコンにJW-CADのバージョンが7.00b以上が入っていることが条件です。

JW-CADの使い方の目次
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点   画像編集(画像貼り付け)   ソリッド(塗りつぶし)  印刷

環境設定ファイルについて  ファイル  測定  画面表示の記憶  レイヤーの使い方  データ整理  属性変更  表示  基本設定  軸角・目盛・オフセット  属性取得  線属性  レイヤー非表示化  角度取得  長さ取得  図形登録  図形配置  線記号変形  座標ファイル  外部変形  パラメトリック変形   寸法図形化  寸法図形解除
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

一口メモ  JW-CAD は他のCADに比べるとマウスの右ボタンを使う比率が高いですので、ステータスバーで(L)と (R)ボタンの違いを確認しながら作図してください。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
自動車エンジンのアイドリングや加速の状態 ⇒ アイドリング時に、回転がスムーズに続くかを点検します。加速するときにノッキングやエンストなどせずにスムーズに行えるか確認します。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士の道

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー