JW-CADの使い方ー 表示

JW-CADの画面各部名称

表示

メニューバーの表示でツールバー、ステータスバーなどの表示あるいは非表示が出来ます。

ツールバー

下記のツールバーの表示のように、JWは多くのツールバーを持っています。初期状態では、メイン・編集(1)・作図(1)・レイヤが表示されています。全部チェックを入れたのが下記になります。ご覧になってわかるように、全部表示してしまうと作図可能な画面が狭くなるので、普段使わない項目は非表示にしておくといいでしょう。JWの画面上部のメニューバー内に全ての項目が入っています。表示するツールバーは、頻繁に使うコマンドを画面上に出しておき使いやすくするという目的で使って下さい。ツールバーで作業しなくても、JWはメニューバー、キーボードショートカット、クロックメニューと様々な方法があります。ツールバーを中心として作業するなら、不足するコマンドはメニューバーから選択した方がいいでしょう。


私はいろんな種類のCADを扱っていますが、CADを習得する際にはメニューバーで最初は覚えるようにしています。ここの項目はCADの種類が違っても共通することが多いですので、そこでである程度動きを把握し、その後にコマンドボタンなどの形を覚えるようにしています。なお「JWの使い方」のサイトでは、CAD初心者がわかりやすいように、ツールバーを中心として解説しています。
初期状態ではメインがチェックしてありますがそれは外し、その代わりに線属性を表示しておいた方がいいと思います。ファイルの管理は作図途中で頻繁にするものではなく、逆に線属性は目に見える状態にしておかないと、作図をする際の色や線種が把握できません。その他の項目は、よく使うコマンドを出しておけばいいでしょう。なるべく作図可能な領域を大きく確保しておいた方がストレスが溜まりませんので、表示するコマンドは必要最小限にしておきましょう。私が推薦するツールバー表示は、編集(1)・作図(1)・レイヤ・線属性となります。



マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADの本

一口メモ  今では求人募集の際などに、JW-CAD を使える事といった条件を付ける建築関連の会社などが増えてきました。以前は社内教育で教えていった時代がありましたが、今は時代も厳しくなり作図に関しては即戦力にならなくてはなりません。

JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー