JW-CADの使い方ーデータ整理

JW-CADの画面各部名称

データ整理

メニューバーの編集→データ整理処理でコマンドを使えます。ツールバーを出して使うことも出来ます。表示→ツールバー→編集(2)でメニューを出せます。上下左右の各辺どれとでもドッキング出来ますので、邪魔にならないようドッキングさせておきましょう。データ整理とは、作図したデータを整理してファイル容量を減らす事です。最近のパソコンは処理スピードが大幅に上がり、この機能もあまり必要とせず、データ整理をしていなかったとしてもさほど影響を受けません。図面データが極端に大きく、表示に時間がかかるようでしたら、このデータ整理でファイル容量を小さくしたら、表示時間の短縮が図れます。線分はそれぞれの長さにかかわらず、始点・終点・長さの情報で管理されています。線の数が増えれば増えるほどデータ量は大きくなり、情報を元に画面に表示するための計算量が増え、表示するのが遅くなります。そこで重なった同種・同色の線は整理してデータを軽くします。データ整理のコマンドを選択し、範囲で対象範囲を囲みます。そして選択確定すると、下記のようなコントロールバーが表示されます。



重複 整理

同種・同色の線が2重に重なっている場合、1本の線分にまとめます。下記の例で説明しますと、左側の中央の線が2本あるので重複整理を行いますと、右のように1本に整理してくれます。


連結 整理

重複整理では処理されない、切断された線分を一本にまとめます。下記の左側は見かけ上は1本の線ですが、2本の線を連結しています。そこで連結整理を行いますと、右のように1本に整理してくれます。


線ソート

線分座標を近い順に並べ替えてペンプロッターでの作図時間を短縮しようとするものです。ペンプロッター を使用しないのであれば、あまり意味は無さそうです。ペンプロッターを見た事はありますか。最初にこのペンプロッターを見た時は、まるでロボットが図面を書いているようで、びっくりした記憶があります。鉛筆の芯をとっかえひっかえして図面を作っていく様は、まるでSFの世界のようなインパクトのある光景でした。今は安くて性能の良いジェット式印刷機が主流になっていて、ペンプロッターは見かけなくなりましたね。


マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADの本

一口メモ  JW-CAD は簡単に覚えられます。そしてフリーソフトですので、余計な出費もかかり ません。CAD以外にも応用でき、大変便利なソフトです。求人募集にも、JW−CADが扱えることという条件を出 す建築会社や設備会社、設計事務所なども増えてきました。

JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー