JW-CADの使い方ー マウス操作と画面操作


JW-CADの画面各部名称

マウス操作と画面操作

マウスの操作

JW-CADと他のCADを比べて大きく違って感じるのは、マウスの左右ボタンを押してドラッグしての画面表示です。左右ボタンを押して右下にドラッグすれば拡大、左上に移動すれば縮小、右上は全体表示、左下は前倍率表示ができます。

図面を書いていていまどこにいるかわからなくなったら左右ボタンを押して右上にドラッグすれば全体図が表示できます。また、左右ボタンを押して右下にドラッグすると範囲で選択した部分が拡大され、イメージとの誤差がないので使い勝手がいいです。

他のCADを経験している人にとっては左右ボタンを押してドラッグしての画面表示する操作に最初とまどうかもしれませんが、慣れると無意識に画面表示操作ができるので、ツールボタンを探すなどのストレスがありません。

*カーソル位置で左右のボタンを押せば、そこが画面のセンターになり矢印キーなどで行ったり来たりする必要がありません。



両ボタンを押してマウスを移動する時に、カーソル近くに拡大、縮小、全体、前倍率の文字が出ます。その文字を確認して操作をするようにすれば、思いがけない画面表示になることはありません。万が一思いがけない表示になった時は、前倍率にすると前の画面表示状態に戻ります。


ホイールマウスで、画面のアップダウン

設定→基本設定の一般(2)の中の右下のマウスホイール+-にチェックを入れると、画面のアップダウンがマウスのホイールマウスで行えます。他のCADの使用に慣れている人は、こちらを使って画面のアップダウンを行えばあまり違和感がないと思います。また、この設定画面の矢印キーで画面の移動の項目も、チェックを入れておいたほうが使いやすいです。

画面表示の記憶

特定の画面を、4個記憶できます。両ボタンを押して3時、6時、9時、12時方向に移動すればその記憶画面に移動できます。詳しいことは画面表示の記憶のページを参照してください。


マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADの本

一口メモ  Windows版のJW-CAD でも、新しいバージョンのファイルは古いバージョンのJW-CADでは読めないことがあります。作者さんのホームページ 少なくとも年に2〜3回位はバージョンチェックをしておきましょう。自分のJWのバージョンは、ヘルプのバージョン情報を見てください。

JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー