JW-CADの使い方

JW-CADを活用していますか。JW-CADは設計や製図の仕事だけでなく、身の回りの印刷物を作ることにも応用できます。CAD以外にも応用できる、大変便利なソフトで、簡単に覚えられます。求人募集に、JW−CADが扱えることという条件を出す建築会社や設備会社、設計事務所などが増えてきました。JW-CADを使えるということは、就職や転職の際などに、大きなセールスポイントになります。自分自身のスキルアップのためにも、是非習得しておきましょう。JW-CADはフリーソフトですので、余計な出費がかかりません。

目次

操作(使い方)を覚えていく時、下記の項目の上の作図関係をまずマスターして、その後に下のファイル操作などに移っていった方がわかりやすいと思います。各項目ともページ内容は少ないですので、肩に力を入れずに気軽に取り組んでください。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADがCAD業界に与えた影響は、計り知れないものがあります。ソフトメーカーのCADが、その存在を脅かされているかもしれません。しかし別の観点から見れば、高額のソフト代を払わずにCADがつかえるようになったということは、CADの裾野を大きく広げたという功績もあります。フリーで使えるソフトの中で、JW-CADほどのソフトは他にはないといったら褒めすぎでしょうか。

このJW-CADの使い方のサイトは、初心者向けの内容です。どんなソフトでもそうですが、一通り使える事とそのソフトを極めるとはまた違ってきます。このサイトでは、初心者が一通り使えることを目的としています。私も初心者だった時があり、その当時はインターネットもない時で、ほとんど手探りで覚えていました。今はインターネットがありますので、上手に活用して初心者状態をすぐに抜け出してください。JW-CADのマニュアルとして、このサイトを利用してもらえたら嬉しいです。

あなたのパソコンには、JW-CADはインストールしてありますか。もしまだでしたら、下記のサイトなどからダウンロードして使ってみてください。ダウンロードしたファイルは実行ファイルですので、ダブルクリックするだけでパソコンにインストールできます。フォルダはインストール画面に出てくるJWWのままで進めてOKです。別のフォルダにしたい人だけ変更してください。OKボタンを最後まで押していけば、スタートメニューにプログラムが登録されていますのでそれをクリックすれば起動出来ます。ソフトサイズも小さいので、たとえ使わなくてもアンインストールする必要もありません。

JW-CADのダウンロード先  作者さんのホームページ  フリーソフトで有名です。窓の杜 

フリーソフトとはご存じない方、ダウンロード手順はこちらのページを参考にして下さい。

このサイトでは、メニューバー・コントロールバー・ツールバー・ステータスバーのどこどこといった表現があります。これは初心者には、とっつきにくい言葉です。各ページの最上部に下記のような各部名称を載せていますので、わからないときには参考にして下さい。なお、ステータスバーは画面の一番下になります。

JW-CADの画面各部名称

一番重要な事 操作(使い方)のポイント


操作方法はいたって簡単です。最初に直線を引いたり四角形や円など、適当に落書きして遊んでください。慣れるまではくれぐれも画面の左下のステータスバーの確認を忘れないようにして下さい。次に何をすればよいかわかりますので、習慣付けてください。簡単な内容で書かれていますので、流れがすぐに理解できるようになります。某CADソフトのように、呪文のように長々と書かれていないのがいいです。考えが途中で中断せず理解しやすく、習得するのに時間をさほど必要としません。

例えば、線引きのコマンドをクリックしたら、左下のステータスバーには「『始点を指示してください (L)free (R)Read」』とのメッセージが出ます。(L)は左クリック、(R)は右クリックです。この指示に従って次の動作をすればいいわけです。ちなみにfreeはどの位置でもOK、Readは交点、端点などで右クリックして捉える事の出来る位置です。きれいな図面を書いていくにはReadを多く使っていく必要があります。線の端点から線を引く時など、右クリックで始点を指示するのが原則と思ってもいいでしょう。

マウスの左右ボタンを押したままドラッグして、移動する方向により画面表示を切り替える機能があります。他のCADには真似できない操作性向上が望めますので、JW-CADを覚えるなら是非この操作を習得してください。また、JW CADは他のCADに比べるとマウスの右ボタンを使う比率が高いですので、ステータスバーで(L)と (R)ボタンの違いを確認しながら作図してください。

コマンドの呼び出し


同じコマンドでも様々な方法で呼び出し出来るようになっています。ツールバー、クロックメニュー、キーボードショートカット、メニューバーとどれにしたらいいか迷うほどあります。このサイトでは、ツールバーボタンによる方法を中心として解説してあります。一つの方法を覚えてから、別の方法は覚えるようにした方が混乱が無くていいでしょう。

(追記 新jw-cadバージョンではツールボタンにユーザーツールボタンが追加されています。最初に最新のjw-cadバージョンをインストールしてください。その後、メニューバーの表示→ツールバーのダイアログで右下のユーザー設定のボタンを押してください。ユーザー(1)とユーザー(2)の項目の中に下部に記載されているコマンドの中から、自分がよく使うコマンドを対応する数字を、半角のスペースで区切って入力してOKボタンを押してください。そして、メニューバーの表示→ツールバーのダイアログの最下部のユーザー(1)、ユーザー(2)にチェックを入れてOKボタンを押します。自分がよく使うコマンドは、このユーザーツールボタンに入れて使えば便利になります。40までのコマンドを入れることができますが、ドッキングをすると全てが表示されません。私の環境で横並びで32個位。横にドッキングすると29個です。(1)と(2)両方使えばほとんどのコマンドは出すことが出来るでしょう。そして表示の時に、ユーザーツールバー以外で不要となるツールバーを非表示にすれば画面がすっきりとさせられます。)

ツールボタン以外のコマンドの呼び出し
クロックメニューやキーボードショートカットに興味がある方は、メニューバーの設定→基本設定→AUTOあるいはKEYの項目を見て下さい。AUTOではクロックメニューで何時方向にはどんなコマンドがあるとか、KEYではコマンドがどのキーボードに割り当てられているか確認できます。JW-CADをカスタマイズして、自分が使いやすいようにコマンドの入れ替えも出来ます。
私は、もっぱらキーボードのショートカットを多用しています。別のCADを先に覚えていて、その時にキーボードショートカットを使う習慣が付いていました。同じように操作した方が楽だったためキーボード中心にしています。エクセルの表でコマンド一覧を簡単に作っていますので、やってみたい人は自分が使いやすいようにカスタマイズなどして活用してください。私はShiftキーを押しながらの作業が苦手ですので、表の左側中心によく使うコマンドを配置して使っています。あまり使わない機能はメニューバーやツールバーを使いキーボードと併用しています。

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved. 免責事項 プライバシーポリシー ページトップへ戻る  

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ランプの点灯 ⇒ 自動車には数多くのランプがあります。ヘッドランプ、車幅灯、パーキングランプ、ストップランプ、テールランプ、ウィンカーランプなど、作動点検および外観点検をします。

電気工事士ネット

LINK 1 2 3 4