2.5Dを使えば、平面図から立方体などを作れます・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

2.5Dの機能

JW-CADには2.5Dの機能があり、平面図に高さを与えてやれば、そこから立方体を作ることができます。3Dソフトまではいかないので、ネーミングも2.5Dとしているのでしょう。

2.5Dの使い方

2.5Dと聞いて、なんなんだろうと疑問に思う人も多いことでしょう。3Dは良く聞く言葉ですが、2.5Dなんて聞いたことがないという人も多いことでしょう。2.5Dを使えば、どんなものが具体的に作られるかは、下記の図を参照してください。


左から、鳥瞰図・アイソメ図・透視図になります。

鳥瞰図(ちょうかんず)

鳥瞰図とは、建物などがあたかも鳥の目で、上空から斜めに見下ろしたように見える技法です。「瞰」という漢字には上から下を見る、見おろすなどの意味があります。読んで字の如しなのですが、「瞰」という言葉は日常的に使われていませんね。


アイソメ図

アイソメ図とは、アイソメトリック図の略語です。立体を斜めから見た図を表示する方法のひとつで、等角投影図のことになります。X,Y,Z 軸がそれぞれ等しい角度、120度間隔で見える角度で立体を投影します。

透視図

透視図は同じ大きさの物でも、視点から遠いほど小さく描かれます。ある角度からの視線では、物はひずんで見える特徴があります。

2.5Dの作成例

最初に矩形(□)コマンドで、四角形を図面に書きます。ここでは、横幅10000mm・縦幅5000mmの四角形を書いています。画面右下のスケールは、1/100にしています。



上記設定で、図面に書いた四角形に高さを与えていきます。
ツールバーの、「2.5D」をクリックします。あるいは、「メニューバー」→「その他」→「2.5D」をクリックします。


画面上部にコントロールバーが出ますので、ここでは「20000,0」と入力してみます。注意すべきは、その右側の[m]あるいは[mm]の項目です。四角形を書いた時の単位に、合わせる必要があります。


「設定」→「基本設定」→「一般(2)」の真ん中あたりの、『m単位入力』のチェックを確認してください。チェックが入っていれば{m単位}であり、チェックが入っていないなら{mm単位}です。mm単位で作図していて、それをmに換算すれば「m」のままでもOKではありますが、頭が混乱してしまうかもしれませんので、単位の統一をオススメします。


「数値入力」と「mmあるいはmの確認」が済みましたら、四角形の線の端の方をクリックしていきます。下の図面のように、クリックした位置の近くに入力した数値「20000,0」が表示されます。これを消すときには、数値をダブルクリックすれば数値を消すことができます。全部一気に消したい時には、「範囲」で終点を右クリックで指示して、画面上部のコントロールバーで「属性選択」→「文字指定」でOKをしてツールボタンの「消去」をクリックすれば消せます。


数値の入力が終わりましたら、画面上部のコントロールバーで見たい図形をクリックします。


下記のように、クリックした図形が表示されます。
鳥瞰図
透視図
アイソメ図

これらの図形は、回転移動ができます。とりあえず、「回転角間隔、移動間隔」の数値はそのままで「左」「右」「上」「下」のボタンをクリックして動きを確認してください。なお、「上」「下」のボタンはアイソメ図の時に有効になります。
気に入った図形が表示されたら、上の図の「作図」ボタンをクリックして下さい。注意点として作図するレイヤーを、平面図を書いたレイヤーとは別にしてください。そうしないと下記のように、平面図と立面図が1つのレイヤーに、同時に表示されることになってしまいます。

立方体の面に、ソリッド(塗りつぶし)で色を付けた図面
以上のことからわかるように、3Dのソフトとしてはちょっと物足りない感じがするかもしれません。あくまで簡易的に3Dの視点を与えるものですので、利用方法はかなり制限されています。それでもちょっとした3D画面のように扱えるので、上記のようにアイデア次第で様々な図面に応用することができます。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ  表形式の文章は、エクセルなどで作るのは難しいですね。JW-CAD だったら、初心者レベルでも線を引くことと文字をタイプすることができればすぐにできます。どんな複雑な表であっても、寸法を測りそれを図面に入れて作れば、表はできますので後は文字や数値をそこに入れるだけで完成します。ただ、エクセルのように計算式を入れることはできませんので、ケースbyケースで作ってみましょう。

建設現場で使う道具、工具 建設業(建築、土木、電気、設備etc)では、実に多くの道具や工具を使います。作業時間短縮は、工具の有無、工具の良し悪しに大きく影響されますので慎重に選びたいものです。

タジマのヘルメット内送風機。頭と首元への2方向で、効率的に冷やします。

カメラじゃないので、見守られる側の心理的負担がありません。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 4 電気工事士の仕事部屋

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.