JW-CADの使い方ー 2線

JW-CADの画面各部名称

2線

2線を書くには、左側のツールバー表示の中から「2線」のボタンをクリックします。そうすると以下のコントロールバーが画面の上部に表示されます。


コントロールバーを左側から順に説明します。

2線の間隔

中心線は書いてあり、その上下あるいは左右に線を引きたい時に使います。基準線の上下、左右に指定された寸法の線を2本引く事が出来ます。基準線を左クリックで指定します。コントロールバーで、基準線から上下の線までの距離を、コンマで区切って指定します。そして、2線を引く始点と終点を指定します。上下違う数字を入れると、基準線に対してオフセット配置が出来ますので建築の壁など書く時に便利です。

間隔反転

上下の寸法を反転させます。上下が違う寸法の時に、選択出来るようになります。上記のコントロールバーの例では、上下同じ数字ですので選択できませんがそれが違う数値なら、選択出来るようになります。

1/2間隔

2線の間隔の寸法を1/2の寸法にします。押すたびに1/2になります。左側の2線の間隔を見ていれば数字が変化しているのがわかります。コントロールバーの例で言えば、これを1回押せば100,100→50,50になります。2回押せば→25,25になります。

2倍間隔

これは1/2間隔の逆の動きをします。押すたびに間隔が2倍4倍・・となります。最初の基準線で終点を指示せずに、交差する線を左ボタンでダブルクリックして基準線を切り替えれば、2線と2線が包絡処理されますので便利です。


留線

2線の始点を包絡して線を引きます。

上の2線の例と同じように作図をすると、下記のようになります。最初の基準線で終点を指示せずに、交差する線を左ボタンでダブルクリックして基準線を切り替えた場合です。

留線常駐

他のコマンドに移っても、留線コマンドが常駐します。

そして、作図上では上記の留線と少し違ってきます。
下の図のように、終点も包絡しています。

参考)こちらは上記の留線で書いた場合です。

留線出

基準線に対し、指定した数字の距離離れた留線を書きます。

上がプラスの数値を入力した例です。
こちらはマイナスの数値を入れた例です。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  表形式の文章はエクセルなどで作るのは難しいですね。JW-CAD だったら、初心者レベルでも線を引くことと文字をタイプすることができればすぐに 出来ます。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
タイヤの空気圧 ⇒ 目視で、接地部にたわみがないか確認しましょう。タイヤゲージも併用して、走行の安全性や経済性に影響がないようにしましょう。自動車のタイヤ空気圧は、常に一定ではなく自然と抜けていきます。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー