JW-CADの使い方ー AUTO

JW-CADの画面各部名称

AUTO

AUTOモードとは他のCADにはない作図方法です。作図ウィンドウ内でマウス左右ボタンを使って作図を進める方法です。慣れてくると、ツールバーに移動する時間が短縮でき、素早く図面を書くことが出来ます。 
注意:ここで行ったコマンドは、それぞれのツールバーのボタンを押した時と同じ画面にはなりますが、それらのツールバーを押した状態にはなっていません。JW-CADは、線を引くなど同じコマンドでもいろんな方法で呼び出せます。左記のようなツールボタンで選んだり、AUTOメニューやクロックメニュー、キーボードのショートカットなど入り口はいくつもあります。自分が使いやすい方法を一つ決めてそれを習得し、余裕が出来たら他の方法も検討した方がいいでしょう。何もかも覚えようとすると無理があります。私は、左記のツールバーである程度作図出来るようになった後は、キーボードのショートカットで作図しています。クロックメニューやAUTOモードも覚えたいのですが、他のCADも使っているのでキーボードのショートカットが共通することが多くそちらを使っています。JW CADしか使わないなら、クロックメニューやAUTOモードの方が作図が早く出来ますので、それを覚えた方がいいかもしれません。AUTOを書くには、左記の表示の中からのボタンをクリックします。そうすると以下のコントロールバーが画面の上部に表示されます。


下部のステータスバーには、以下のメッセージが出てきます。


AUTOモード

これは、現在AUTOモード状態であることを示しています。

(L)free:+/○

左クリックすると、垂直・水平・斜線、円が引けます。円を書く時は、同一点を2回クリックします。水平線、垂直線、斜め線の方向切り替えは、上部のコントロールバーで指定してください。

(R)Read:+/○

上記のfreeは任意の点ですが、それに対しReadは交点や端点などポイントをキャッチできる点になります。右クリックで指示します。

線:線編集

線をクリックすると、部分消し・消去・コーナー・線伸縮操作をすることができます。

線:複線

線を右クリックで指定すると複線コマンドになります。

無:□

図形のない場所で右クリックすると、矩形コマンドになります。


マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADの本

一口メモ  DOS版のJWはJWC、JW_DOS、DOS版と呼ばれています。DOS版は1991年で開発は終わりました。 その後継にWindows版のJW-CAD が出てきてJWW、JW_WIN、WINDOS版などと呼ばれています。

JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー