BMPやJPGファイルなどの画像ファイルを作る No1 |JWのCADの使い方〒

JWのCADに画像貼り付けする時に、PDFファイルやエクセルファイルあるいはワードファイルなどの書類を、そのソフトの印刷機能を使って画像ファイルにできます・・・JWW CADのマニュアル


フリーソフトの「Bullzip PDF Printer」を使えば、印刷機能のあるアプリケーションソフトならば、簡単にBMPファイルやJPGファイルなどの画像ファイルを作ることができます。

画像貼り付け「画像挿入」  で、BMPなどの画像をJWのCADの画面に貼り付けが出来るのはわかったけど、PDFファイルやエクセルファイルあるいはワードファイルなどを図面の中に入れたいという場合もあるでしょう。

そんな時にはフリーソフトの「Bullzip PDF Printer」を使ってみませんか。

<図面例> JWのCADの図面に、PDFファイルをBMPファイルに画像化して貼り付けしています

上記の図面例では、建築平面図の上に外観パースのPDFファイルを貼り付けています。外観パースのPDFファイルを開いて、印刷で「Bullzip PDF Printer」を選べばフォーマットでPDFファイルやBMPファイルJPGファイルなど選ぶことができます。ここではBMPファイルを選んで保存して、それをJWのCADの図面に貼り付けています。同じ要領で、エクセルのファイルやワードのファイルをBMPファイルやJPGファイルなどの画像に変換して、JWのCADに貼り付けする事ができます。

「Bullzip PDF Printer」という名称からわかるように、元々の基本性能はPDFファイルを作成するソフトです。追加機能で、BMPファイルやJPGファイルなどの画像に変換することができるようになっています。そこでJWのCADで作った図面をPDFファイルにしたい時は、フォーマットの所でPDFを選べばOKです。なお、このソフトでPDFファイルを作成することができますが、私はPDFファイルを作成する時には「Cute PDF Writer」を使っています。シンプルで操作も簡単なので、愛用しています。PDFファイルの作成  

「Cute PDF Writer」あるいは「Bullzip PDF Printer」のどちらを使ってもPDFファイルを作成することはできます。私の場合は両方インストールしていて、PDFファイル作成時は「Cute PDF Writer」を使い、BMPファイル作成時は「Bullzip PDF Printer」を使っています。

さてこのページでは、JWのCADに貼り付けるBMPファイルJPGファイルなどの画像ファイルを作成 したいので、「Bullzip PDF Printer」の画像ファイル作成について説明をします。

インストール手順
フリーソフトで有名なvectorのサイトを訪問します。サイトを訪れると、「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックします。

「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックすると、下記のようなページになりますのでここで「外部サイトからダウンロードする」をクリックします。
 

「外部サイトからダウンロードする」をクリックするとBullzipのホームページに移動します。英語で書かれているページですので、ピンとこないかもしれませんので、下記にブラウザのchromeで、ページ翻訳した一部を記載しています。

私は英語が苦手ですので、chromeの拡張機能に「どこでも翻訳 Translate Anywhere」を入れて、日本語に変換して見ています。ほとんどの外国語を日本語などに変換できるので、便利ですよ。


Bullzipのホームページで、赤い矢印の「Download」をクリックします。下記のページが出ますので赤い矢印の「Go to download page」をクリックします。


「Go to download page」をクリックしたら、ようやくダウンロードページにたどり着きますので「Click here to download」をクリックすれば、ダウンロードが始まります。


セキュリティーでの警告が下記のように出ますので、「保存」をクリックします。


「保存」をクリックするとダウンロードが始まりますが、時間が少々かかります。私はまだADSLですので、4分間くらい時間がかかりました。早く光通信にしなくてはと痛感します。

ダウンロードが終わると、下記のようなアイコンができますので、アイコン上を右クリックして出てくるメニューでウィルススキャンして下さい。導入しているウィルス対策ソフトで、ファイルのウィルスチェックはできるようになっているはずです。PCを扱う人なら常識ですが、ウィルスチェックは必ず行うようにしておきましょう。もしウィルス対策ソフトを導入していなかったら、Windows付属のWindows Defenderでファイルスキャンをしておきましょう。


パソコンを使う人の常識ですが、ウィルス対策ソフトは必ずいれておきましょう。ダウンロードしたファイルは、たとえ信頼できると思われるサイトからであっても、ウィルスチェックする習慣を付けておきましょう。私は、3年5台版を使っています。検出率No.1・PC軽快さNo.1のウイルス対策ソフト

アイコンをクリックすると、インストールが開始されます。インストール中に利用する言語の選択画面が出てきますので、Japaneseで「OK」をクリックします。


次に、ソフトウェア使用許諾の同意画面が出てきますので、確認の上「同意する」にチェックを入れて「次へ}をクリックします。


「同意する」にチェックを入れると、次の画面でインストールフォルダの確認、その次の画面でスタートメニューにプログラムのショートカット作成しますか確認画面が出ますので、OKでしたらそれぞれの画面で「次へ}をクリックします。

次に追加のプログラムのインストール確認が出ますので確認の上「次へ」をクリックします。追加のプログラムは必要ですので、インストールしましょう。


インストールが自動で始まり、終了するとセットアップウィザードの完了画面が出ますので、「完了」をクリックしてください。


「完了」をクリックすると、「インストールしていただきありがとうございます」のBullzipのホームページが開きます。読み終わったら、閉じてかまいません。スタートメニューの中に、Bullzipのプログラムがインストールされています。下記が、スタートメニューの中身になります。


以上でインストールは完了です。印刷機能を使って画像ファイルを作成する機能は、すでに追加されています。このページでは、Bullzipの画像ファイルを作成する印刷機能だけに特化して説明していきます。その他の機能に興味がありましたら、「Bullzip 機能」などで検索して調べてみてください。

それではこれから操作方法を述べていきます。といっても、ものすごく簡単なので拍子抜けするかもしれませんが。

外観パースのPDFファイルを「Acrobat Reader」で読み込んだ状態が、下記になります。


これをJWのCADで作っている図面に貼り付けしたいと思っても、PDFファイルのままでは貼り付けすることはできません。

そこで、キーボードの「Print Screen」を押して画像をコピーして、それをペイントなどの画像編集ソフトを開いて貼り付けすれば、BMPファイルやJPGファイルなどの画像ファイルを作ることはできます。しかしそこで無駄な時間を必要とします。また、「Print Screen」でファイル全部をコピー出来ない時には、それを画像編集ソフトに貼り付けても、欠落する場所も発生します。全部を収めるために表示を小さくしてPrint Screenでコピーすると画像が悪くなります。

しかしBullzipのソフトをインストールしているなら、印刷の項目を選べば、すぐさまBMPファイルやJPGファイルなどの画像ファイルを作成することができます。


外観パースのPDFファイルを「Acrobat Reader」で読み込んだ状態で、「Acrobat Reader」ソフト最上部のファイル(F)をクリックします。「印刷」の項目が出てきますので、そこをクリックします。


印刷の項目をクリックすれば、プリンターの選択画面が出てきます。

ソフトをインストールすると、「Bullzip PDF Printer」という項目が追加されます。そこで、「Bullzip PDF Printer」を選んで「印刷」をクリックします。


「印刷」をクリックしたら、下記のような画面が出てきますのでフォーマットの所でBMPファイルやJPGファイルなどを選択します。次にその下のファイル名の所で「...」ボタンをクリックして、保存場所を指定します。保存場所を指定したら、「保存」をクリックします。


以上の手順で、指定先の場所にBMPファイルやJPGファイルなど指定したファイル形式で保存されます。この出来上がったBMPファイルやJPGファイルなどの画像ファイルを、JWのCADの図面に挿入すればOKです。

画像貼り付け「画像挿入」  のページでJWのCADで画像ファイルを貼り付ける手順を説明していますので、図面に画像を貼り付ける時には参考にしてください。

JWのCADの図面に画像ファイルを貼り付けた例

印刷の機能を使うことによりBMPファイルやJPGファイルを作成することができますので、アプリケーションソフトに印刷の機能があれば、どんなソフトからでもBMPファイルやJPGファイルを作成することができます。

PDFファイルやエクセルやワードのファイルなど、ありとあらゆるソフトからBMPファイルやJPGファイルを作成することが可能になり、JWのCADに貼り付けが出来て便利に使えます。

このページでは、「Bullzip PDF Printer」の画像出力だけに特化した使用方法を述べてきました。インストールするときに結構時間がかかることからわかるように、このソフトは膨大な機能が含まれています。「Bullzip PDF Printer」は基本的性能はPDFファイルを作成することであり、画像出力の機能はオマケみたいな位置づけです。

「Bullzip PDF Printer」は便利ですが、それをマスターするには少々時間がかかるなと判断して、私はこのソフトでは画像出力のみに限定して使おうと思った経緯がありました。

私はPDFファイルを作成する時には「Cute PDF Writer」を使って、画像出力をしたい時には「Bullzip PDF Printer」を使うようにしています。プリンターの選択で、どちらかを選択するだけですので、ストレスフリーで使っています。

なお、「Cute PDF Writer」の使い方はPDFファイルの作成 を参考にしてください。シンプルで操作も簡単なので、愛用しています。

「Bullzip PDF Printer」の使い方で、このサイトでは画像出力以外は述べていません。「Bullzip PDF Printer」の他の機能に興味のある方は、「Bullzip 機能」などで検索して調べてみてください。

ベストセラー1位 やさしく学ぶJw_cad 8  JW CAD解説本

JW CADの解説本 総合


JWのCADの使い方〒 基本操作の目次

基本操作 直線 四角(矩形)  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像貼り付け「画像挿入」  塗りつぶし「ソリッド」 

印刷 環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D 線の太さを変える ブロックツリーとブロックツリー半透明化 基本操作 おススメのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

JWのCADを使う時に大幅な時間短縮が出来る、フリーソフトなどの紹介です。

画像(JPG,BMP)ファイルを、データに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のファイルを選ぶ
さまざまなソフトのファイルを画像ファイルにして、貼り付ける
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
画面縮小で、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JWのCAD図面に貼り付ける方法
JWのCADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マーク、JWのCAD図面での使い方
樹木などの造園データ、JWのCADでの使い方
図形ファイルjwkファイルをjwsに変換して、切り替えの手間を省く
電気設備図面、フリーソフトでの電気シンボルの使い方
電気設備の施工図作成、線記号変形の使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフトのシンボルの使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方 別パターン

JWのCADの無料ダウンロードとインストール
フリーソフトについて解説
背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

PDFファイルの編集ができる、フリーソフトの紹介です・・・JWW CADのマニュアル

PDFへ変換
JWのCADで作った図面を、PDFファイルへ変換できます。最近は、図面をPDFへ変換したファイルも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFをDXFに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JWのCADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JWのCADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ JWのCADを使うときに、 図面の中にBMPファイルやJPGファイルなどの画像ファイルを入れて図面を作ることができます。しかし、画像ではないPDFファイルやエクセルファイルやワードファイルなど貼り付けたい時もあるでしょう。「Bullzip PDF Printer」というソフトを使えば、簡単にBMPファイルやJPGファイルなどの画像ファイルを作ることができます。それをJWのCADに、貼り付け(挿入)してください。

JWのCADの使い方〒のリンクサイト

中古車を買う時の注意点  
電気工事士の仕事部屋      

JWのCADの使い方〒のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー
セルフ紹介



Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方〒. All rights reserved.

2020年9月11日Update record