JW-CADの使い方ー 円

JW-CADの画面各部名称

円を書くには、ツールバーの中からのボタンをクリックします。そうすると以下のコントロールバーが画面の上部に表示されます。


円のコマンドに入った時の円の基点は中心ですが、ここをクリックすると基点が変更していきます。左記の図の小さな円が基点位置になります。


コントロールバーを左側から順に説明します。

円弧

ここをチェックすると円弧を書きます。チェックしない場合は円を書きます。円弧を書く場合は、中心点を指示したのち、大きさを指示する点が円弧の始点となります。始点から左回りに回って、円弧の終点を指示します。

終点半径

ここをチェックすると、円弧の終点位置で半径が決まります。中心位置を指示し始点から終点位置を指示した時、その終点位置が半径となります。

半径

円や円弧を書く際の半径を指示できます。ミリ単位で指示します。

扁平率

楕円を書くことが出来ます。プルダウンメニューにいくつか数字が入っていますが、任意の数字で指示も出来ます。その数値が100より小さければ横長の楕円になり、100より大きければ縦長の楕円になります。

傾き

上記の楕円を書く時、この傾きを指示することにより傾けた楕円が作れます。プルダウンメニュー以外でも、任意の角度を指示できます。

基点

半円

半円を書きます。直径を示す始点と終点を指示した後、直径のどちら側に書くか指示します。

三点円

任意の3点を通る円弧を書きます。半径を入力していない場合、始点から終点そして円周点の順で指示すると円弧が書けます。半径を入力している場合は、前の手順で最後の円周点の指示の時に、円を書く方向を指示する事で円弧が書けます。

多重円

指定された円の内側に同心円を書きます。指定された数だけの同心円を書き、プルダウンメニュー以外でも任意の数を指定できます。


マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADの本

JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。

一口メモ 10万円以上はすると思われるCADがフリーソフトですので、 JW-CAD を使っている設計事務所や工務店など膨大な数になると思われます。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー