12時間で咲く不思議な桜 マジック桜
JW-CAD アマゾンの本の検索結果

JW-CADの使い方ー 複写

JW-CADの画面各部名称

複写

複写を使うには、ツールバーの中から「複写」のボタンをクリックします。
そうすると以下のコントロールバーが画面の上部に表示されます。

複写のコントロールバー

複写する図形などの選択方法です。
この選択方法は範囲での選択方法と同じですのでそちらを参考にしてください。

上記で複写する対象を選択したら、下記のコントロールバーが表示されます。
複写のコントロールバー 2

左より説明します。

複写

ここをチェックすると複写になります。チェックしない場合は移動になります。
なおチェックを外せば移動になりますが、移動のコマンドが別にありますので、ここでは複写だけの説明にしておきます。

作図属性

線色や線種、文字、レイヤなど、複写後の図形の属性を設定します。

任意方向

複写図形の方向を指示します。
このボタンを押すと、任意方向~X方向~Y方向~XY方向と変化します。作図状況により切り替えてください。

基点変更

基準点の変更をします。
選択後の基準点は図形などの中心あたりになっています。普通の作図では、アバウトな移動はあまりありません。基準点を変える習慣を付けておきましょう。
基準点変更ボタンをクリックしてから、基準点の位置をクリックします。その際、左クリックでは任意の点で右クリックは交点や端点になります。右クリックで基準点を指示した方が、正確な図面ができます。

倍率

拡大・縮小の複写ができます。
X方向・Y方向の倍率をカンマ(,)で区切って指定すれば、変形図形もできます。

回転角

選択した図形を回転させて複写します。角度を数値で指定します。

連続

選択した図形を複写後、連続ボタンを左クリックしていくと、X方向及びY方向とも同じ間隔で連続複写ができます。
同じピッチで図形を配置していく時に便利な機能です。

数値位置

選択した図形を数値で指定して複写します。
X方向とY方向をカンマ(,)で区切って指定します。元の図形に対し、X方向、Y方向をどれだけ離して配置するかを数値で指示します。

反転

選択した図形を、基準線に対象になるように複写します。

対象となる基準線を指示してやる必要がありますので、何もないところで反転だけしたいときは仮の線を1本引いておきましょう。

この機能も便利な機能です。左右対称の図形は結構多いものです。片面だけ書いた後に複写反転をすれば、もう一方の方は書かずに済みます。

マウス倍率

図形を、マウスで任意の倍率にして複写します。

マウスを回転させて、図形の角度を指示します。
元の図形を傾けて複写したい時に使う機能です。

JW-CADの使い方の目次
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点   画像編集(画像貼り付け)   ソリッド(塗りつぶし)  印刷
環境設定ファイルについて  ファイル  測定  画面表示の記憶  レイヤーの使い方  データ整理  属性変更  表示  基本設定  軸角・目盛・オフセット  属性取得  線属性  レイヤー非表示化  角度取得  長さ取得  図形登録  図形配置  線記号変形  座標ファイル  外部変形  パラメトリック変形   寸法図形化  寸法図形解除
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換
背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ 各ページの最上部に各部名称を載せていますので、わからないときには参考にしてください。なお、ステータスバーはJW-CAD 画面の一番下になります。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ブレーキ液の量 ⇒ 自動車のエンジンルーム内の、タンクの液が上限ラインと下限ラインとの間にあるかどうかを、点検します。もし減少しているようでしたら、整備工場などに相談しましょう。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士の道

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー