背景色、歴史と名称、バージョンアップ、求人募集について・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

就職や転職などの際に、JW-CADを使えることが応募条件となる場合が増えてきています。

JW-CADは建設業(建築、土木、電気設備、空調設備、衛生設備)、機械あるいはCADオペレータなど、様々な分野の人に使われています。無料で使えるフリーソフトですので、マスターして一生使える特技にしておきましょう。


背景色について

エクセルやワードしか使ったことがない人は、黒などの背景の画面にすると、とまどうかもしれません。しかし、長時間図面とにらめっこをしていると目が疲れてきます。疲労度は白のほうが大きくなりますので、できるだけ黒背景やグレー、薄緑色などで使ったほうがいいでしょう。

背景色を白以外にしたい時は、メニューバーの設定→基本設定→色・画面と移動し、設定画面の右下の背景色を白以外にします。

黒背景色で気を付けたいのは、もらった図面などでなにか足りないと思い、白背景色に変更したら黒色の図形が黒背景色に同化していて、見えなかったこともあります。グレーなどのあまり使われない色を背景色にするのが良いかもしれません。

書類作成も楽々
JW-CADはCADなのですが、いろんな書式の文章をJW-CADだったら楽に作成できます。特に表形式の書類など得意分野です。枠の大きさが何ミリ、行の高さが何ミリ、幅が何ミリと複雑な表形式でも楽々作れます。

これをエクセルのソフトなどで原本に近い状態に仕上げるのは、かなりの技術を必要としますが、JW-CADだったら、初心者レベルでも線を引くことと文字をタイプすることができれば、すぐにできます。フォントもWindowsのフォントを使えますので、明朝体・ゴシック体・プロポーショナルフォント・勘亭流・教科書体などなど、ワードやエクセルなどで使う文字体で作成できます。

線の種類は、実線・点線・鎖線など8種類使えます。線の幅も画面上の線幅は1~16、プリンタ出力線幅は1~500まで設定できます。製本の背表紙やCDやDVDの箱につける詳細なども、最初に長さを測って枠を作り、その中に文字を入力すれば、イメージとほとんど変わらずに作れます。


歴史と名称

JW-CADは、その昔パソコンがDOSというOSで動いていた時代に作られました。フリーソフトとして発表されましたが、こんな優れたCADソフトが、フリーソフトとは信じられないでき事でした。10万円以上はすると思われるCADがフリーソフトでしたので、それからJW-CADを使い始めた設計事務所や工務店など膨大な数になると思われます。

その後OSが、DOSからWindowsに変わり、JW-CADの仕様もWindows対応になりました。その事が益々取り組みやすいフリーソフトとして、裾野を広げて受け入れられてきました。

今では求人募集の際などに、JW-CADを使える事といった条件を付ける建築関連の会社なども増えてきました。

呼び方で共通するのはJWという言葉で、DOS版のJWはJWC、JW_DOS、DOS版と呼ばれています。DOS版は1991年で開発は終わりました。その後継にWindows版のJW-CADが出てきてJWW、JW_WIN、WINDOS版などと呼ばれています。

バージョンアップ

JW-CADはバージョンアップが頻繁にありますので、常に最新のバージョンをダウンロードして、インストールしておくようにしましょう。最近は完成されてきて、不具合はほとんどないようになっています。そのためあまり神経質にならなくてもいいかもしれませんが、新機能が追加されたりしているのでバージョンアップは魅力的です。また、読み込みができないといったトラブルも防げます。

メニューバーのヘルプに、バージョン情報がありますので、最新のバージョンと比較してください。
JW-CADのダウンロード先  作者さんのホームページ

Windows版でも、新しいバージョンのファイルは古いバージョンのJW-CADでは読めないことがあります。せめて自分だけは最新のJW-CADをダウンロードしてインストールしておき、相手方のファイルが読めないといったトラブルを防ぎましょう。

求人募集

建築会社や設備会社あるいは設計事務所など、求人の募集をする際にJW-CADが使えることと条件を出すところが増えてきましたね。覚えるのにはそんなに時間はかからないのですが、そのわずかな時間も合理化しようとしているようです。

求人採用の狭き門をくぐるためにも、当然身につけておきたいスキルの一つでしょう。転職をする際にも、絶対的に有利です。フリーソフトなのでソフトを買う必要もなく、お金を全くかけなくても習得可能です。まだ使えない人は、是非チャレンジしてみてください。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ
背景色を、自分の好みに合わせて変えてみましょう。その際には、背景色と実際の図形や文字が同化して、見にくくならないように気をつけてください。インストールしてからの初期画面の背景色が白になっていますが、長時間CADをする時にはちょっと目にはつらいですので、黒、淡緑、グレーなど試行錯誤しながら試してみてください。



jw-cadの本の紹介です。忙しくて本屋さんにも行けない人、検討しませんか?

jw-cadは、建築:土木:電気:空調衛生:機械など様々な分野に使われています。

jw cad 建築   jw cad 土木   jw cad 電気  jw-cad 空調給排水  jw-cad 木工  jw cad 製図  jw cad やさしく学ぶ


施工管理技士の資格を、独学で取りましょう。

施工管理技士は、日本の建設業において特定業種の技術を認定した、国家資格です。

設計から実際の施工に至るまで管理監督する技術者が、施工管理技術検定の対象となります。受験資格には、実務経験が必要です。

1級建築施工管理技士   1級土木施工管理技士  1級電気工事施工管理技士  1級管工事施工管理技士

2級建築施工管理技士  2級土木施工管理技士  2級電気工事施工管理技士  2級管工事施工管理技士


仕事紹介のサイト案内です。

お仕事紹介なら【職人アシスト】
エアコン工事、水道工事、電気工事、ガス工事、内装工事、外構工事、外壁工事など、約30業種紹介を全国展開しています。入会金、月会費、解約料0円ですので、気軽に試してみるのも良いかもしれませんね。

建設現場などでは、工具や道具を数多く使っています。

現場で使う工具や道具

同じ日本語でも方言で聞くと、イメージが違って聞こえますね。私も地方出身ですので、地元の方言を聞くとホッとします。

茨城弁:建築業や電気設備業又は設備業、あるいは土木業や機械関係など、日々の現場の仕事では工具や道具を数多ぐ使っている。

建築業や電気設備業あるいは設備業や土木業、機械関係など、現場では数多ぐの工具、道具を使う。工具あるいは道具を上手に使って、作業効率を上げっぺ。工具や道具は先人の知恵が生ぎでいで、現場工事などでは、なぐではならねえ存在どなっている。

茨城弁:JW-CADは、建設業:建築、土木、電気、空調、衛生など、機械あるいはCADオペレータなどで幅広ぐ使われでいるCADです。無料で使えるフリーソフトなので余計な出費は必要なぐ、ソフトをダウンロードすれば今がらでも始めるごどがでぎる。これを覚えでおげば一生使えるスキルどなるので、是非習得しておぐっぺ。慣れねえうぢは、図面のトレースをひたすらするのが良いべ。練習材料どしてソフトをダウンロードしてづぐられるC:JWWのフォルダに、簡単な木造平面やマンション図面があるので、それらを赤色などでなぞるようにトレースしていってぐださい。直線や円や四角形、円弧など様々なコマンド機能が必要になるので、単に使い方を覚えるより身に付ぐべ。わがらねえ操作が出でぎだ時にはインターネットや参考書で調べで、とりあえず一づの図面を完成させでぐださい。一づの図面が完成すれば、ある程度の操作方法が身にづいでいるはずです。このトレースをするどいった方法は地味ですが、確実にマスターするにはお勧めです。

いままで頑張ってきてくれたトラックを、鉄くずにするのは忍びないですね。アフリカやアジアなどは、経済発展で国々のあちらこちらで工事をしていますが、トラックがかなり足りていません。あなたのトラックに、第2の活躍の場を与えてみてはいかがでしょうか。10万km以上あるいは10年以上でも大丈夫です。乗っていたトラックの処分も、その将来を考えてみませんか。


JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 電気工事士の仕事  自動運転、中古車購入、ジャガイモ、海藻と海草、日本全国名産品特産品etc

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.