範囲は、範囲で囲って、図形や文字を選択します・・・JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)

ツールバー メニューバー
コントロールバー
JWのCADの画面
ステータスバー

範囲

範囲のコマンドは、消去・移動・複写・属性変更などの際に、範囲で囲って図形や文字を選択するときに使います。必ず使うことになりますので、確実にマスターしておきましょう。範囲を使うには、ツールバーの「範囲」をクリックします。あるいは、メニューバーの「編集」→「範囲選択」をクリックして使います。

図形だけを選択する時

左クリックで始点を指示し、四角形で囲むようにして終点を左クリックします。




文字も含めて選択する時

左クリックで始点を指示し、四角形で囲むようにして終点を右クリックします。

範囲のコントロールバー

コントロ-ルバーを左から順に説明します。

切取り選択

範囲枠内に含まれている、線と文字全てを選択します。

範囲外選択

範囲枠外に含まれている、線と文字全てを選択します。



基準点変更

範囲選択した後、基準点の位置を変更します。ボタンをクリックして、基準点の位置を指示します。

前範囲

前回に選択した範囲が選択されます。範囲選択後は追加範囲となりますので、追加したい図形などがあればここで追加します。

全選択

編集可能なレイヤの全てを選択します。範囲選択後は除外範囲になりますので、除外したい図形などはここで除外します。

選択解除

選択を解除しますので、選択前の状態に戻ります。これより下の項目は、上記のコントロールバーの例ではグレー表示ですが、選択がなされたら通常表示になります。

属性選択

範囲選択した範囲内で、属性を選択します。線色・線種・文字・レイヤ等の選択ができます。ここはよく使う機能になると思いますので押さえておきましょう。

属性変更

範囲選択した範囲内で、属性を変更します。たびたび使うことになると思いますので、要チェックです。文字や線色、線種などわかりやすい項目から試していってください。

文字位置・集計

文字基点位置を変更したりして、文字位置の修正をします。



また、範囲選択した範囲内で、文字データをファイルに保存する事もできます。

選択図形登録

図形を登録します。選択した図形は、メニューバーの編集→図形複写、図形移動で使用できます。

追加範囲  除外範囲

範囲選択をした後に、下記のように「追加範囲」と「除外範囲」のボタンが追加されます。

追加範囲は、更に別の範囲を指定する場合に用います。除外範囲は、範囲内の線や文字を除外する場合に用います。「属性選択」のボタンを押せば下記のチェック一覧がでますので、詳細に選択したいときは、条件に合わせて選択してください。例えば、建築の平面図から文字だけ消すときには、ここで文字選択にチェックを入れて、消去ボタンを押せば文字だけを消すことができます。


範囲のコマンドは、図形や文字を範囲で囲って選択します。消去・移動・複写・属性変更などの際に必ず使いますので、基本中の基本といえるかもしれません。文字も選択する特には、右クリックで終点を指示するなど、ちょっと特殊な使い方ですが、慣れれば無意識にできるようになるでしょう。

JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント 背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JWのCADのダウンロードとインストール JWのCADのダウンロードとインストール No2

地図画像や図面画像(jpg,bmp)ファイルを、JWのCADのデータに変換して取り込む



JWのCADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JWのCADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JWのCADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JWのCADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  左右ボタンを同時に押したままドラッグする方向で画面表示を変更できます。他のCADには真似できない操作性向上が望めますので、JWのCAD を覚えるなら是非この操作を習得してください。ただしこの操作は、他のCADを併用して使っていると他のCADで無意識にやってしまって、アレッとなってしまいますので要注意です。
「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト  私は、3年5台版を愛用中。
電気・ガス自由化




建設現場で使う道具、工具

JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト
リンクサイト 電気工事士の仕事部屋
リンクサイト 中古車を買う時の注意点 
リンクサイトNo1 リンクサイトNo2 リンクサイトNo3 リンクサイトNo4 

JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

フリーソフトJwwは、今ではなくてはならない存在です。

Jw_cadはWindows Vista, 7, 8, 10 上で動作する2次元汎用CADです。

無料で開発が進められている優秀な2次元汎用CADソフトで、多くの人々に愛用されています。

Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.