12時間で咲く不思議な桜 マジック桜
JW-CAD アマゾンの本の検索結果

JW-CADの使い方ー 範囲

JW-CADの画面各部名称

範囲

範囲を使うには、ツールバーの「範囲」をクリックします。
あるいは、メニューバーの「編集」→「範囲選択」をクリックして使います。
範囲のコマンドは、移動や複写などの際に範囲で囲って、図形や文字を選択するときに使います。
必ず使うことになりますので、確実にマスターしておきましょう。

どちらのコマンドを使うか 範囲選択が先か、移動・複写などのコマンドが先か

移動や複写などする際に、移動や複写などのコマンドを押してから対象を選ぶ方法と、範囲で対象を選択しておきその後移動や複写のボタンを押してやる方法どちらでもできます。どちらの方法がいいと一概には言えません。

なにはともあれこの範囲のものを移動なり複写なりしたいと思ったときは先に範囲選択をした方がわかりやすいでしょうし、何をすべきかを先に考えた時は移動・複写ボタンなどを先に押してから作業を進めたほうがいいでしょう。

私の場合はその時の気分で使い分けていますが、どちらかに統一したほうが作図するのには効率がいいのではないかと思います。

どちらの方法にも共通する、範囲を選ぶ時の注意点が一つあります。

マウスの左クリックで1点目を指示し2点目も左クリックで指示すると線要素だけが選択されます。
2点目を右クリックで指示すると線+文字を選択します。

つまり、文字も含めて選択したいときは右クリックで2点目を押す必要があるということです。通常、文字も含めての選択が多いので、右ボタンで2点目をクリックする習慣にしたほうがいいかもしれません。

線などを選択時に完全に囲えばその中は選択されますが、一部分でも出ていればその線などは選択されません。

もし選択されなかった線などあったら、左ボタンのクリックで追加選択ができます。文字の場合は右ボタンのクリックです。選択した中に不要な線などあったら左クリックで選択の解除ができます。文字の場合は右クリックです。

文字が絡めば右クリックと覚えておきましょう。

選択範囲を選ぶには、ツールバーの中から「範囲」のボタンをクリックします。

このコマンドは消去・移動・複写・属性変更などの時に、図形や文字を範囲で囲んで選択します。


図形だけを選択する時

左クリックで始点を指示し、四角形で囲むようにして終点を左クリックします。

文字も含めて選択する時

左クリックで始点を指示し、四角形で囲むようにして終点を右クリックします。

範囲のコントロールバー

コントロ-ルバーを左から順に説明します。

切取り選択

範囲枠内に含まれている線と文字全てを選択します。

範囲外選択

範囲枠外に含まれている線と文字全てを選択します。

基準点変更

範囲選択した後、基準点の位置を変更します。ボタンをクリックして、基準点の位置を指示します。

前範囲

前回に選択した範囲が選択されます。範囲選択後は追加範囲となりますので、追加したい図形などがあればここで追加します。

全選択

編集可能なレイヤの全てを選択します。範囲選択後は除外範囲になりますので、除外したい図形などはここで除外します。

選択解除

選択を解除しますので、選択前の状態に戻ります。
これより下の項目は上記のコントロールバーの例ではグレー表示ですが、選択がなされたら通常表示になります。

属性選択

範囲選択した範囲内で、属性を選択します。線色・線種・文字・レイヤ等の選択ができます。

ここはよく使う機能になると思いますので押さえておきましょう。最初のうちはメニュー内の項目があまり理解できないと思います。

色や線種、文字などわかる場所から選択していき、徐々に応用幅を広げていってください。

属性変更

範囲選択した範囲内で、属性を変更します。たびたび使うことになると思いますので、要チェックです。ここも、ある程度CADに習熟していないと理解しにくいと思います。
文字や線色、線種などわかりやすい項目から試していってください。

文字位置・集計

文字基点位置を変更したりして文字位置の修正をします。
また、範囲選択した範囲内で、文字データをファイルに保存する事もできます。

選択図形登録

図形を登録します。選択した図形はメニューバーの編集→図形複写、図形移動で使用できます。
ただ、一般の登録図形ではないので使い回しがききません。

追加範囲  除外範囲

範囲選択をした後に、下記のように「追加範囲」と「除外範囲」のボタンが追加されます。

追加範囲は更に別の範囲を指定する場合に用います。
除外範囲は範囲内の線や文字を除外する場合に用います。
「属性選択」のボタンを押せば下記のチェック一覧がでますので、詳細に選択したいときは、条件に合わせて選択してください。
例えば、建築の平面図から文字だけ消すときには、ここで文字選択にチェックを入れて、消去ボタンを押せば文字だけを消すことができます。

JW-CADの使い方の目次
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点   画像編集(画像貼り付け)   ソリッド(塗りつぶし)  印刷
環境設定ファイルについて  ファイル  測定  画面表示の記憶  レイヤーの使い方  データ整理  属性変更  表示  基本設定  軸角・目盛・オフセット  属性取得  線属性  レイヤー非表示化  角度取得  長さ取得  図形登録  図形配置  線記号変形  座標ファイル  外部変形  パラメトリック変形   寸法図形化  寸法図形解除
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換
背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  左右ボタンを同時に押したままドラッグする方向で画面表示を変更できます。他のCADには真似できない操作性向上が望めますので、JW-CAD を覚えるなら是非この操作を習得してください。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ブレーキペダル ⇒ 踏みしろが適当かどうか確認します。踏みごたえがいつもと違うなと感じたらすぐに修理に出しましょう。ブレーキは、自動車にとって命綱です。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士の道

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー