JW-CADの使い方ー 包絡

JW-CADの画面各部名称

メニューバーの編集→包絡処理でコマンドを使えます。又はメニューバーの表示→ツールバー→編集(2)のツールバーを出して使います。


包絡の方法

下記のように、柱と壁が交差している図面を1でクリックし四角で囲むように2をクリックすると、右のように図形が包絡されます。この包絡は便利な機能で、これができるCADはあまりないようです。




包絡は、他にもいろいろと応用できます。例えば下記のような線分をコーナー処理をする時、通常でしたら線の伸縮で1本ずつ伸縮したり、コーナーコマンドを使ったりしますが、包絡コマンドでも出来ます。






下記のような線分の処理も1と2で囲めば2回のクリックで、処理できます。



線分を囲む範囲で、完全に囲む場合と線の一部を出して囲む場合は包絡図形が変わってきます。色々と試してみてください。

この包絡機能は、同一のレイヤー・同一の色・同一の線種である必要があります。


マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

JW-CADの本

一口メモ  相手が同じWindowsのJW-CAD でも、相手方のバージョンの確認をしておきたいものです。せめて自分だけは最新のJW-CADをインストールしておき、相手方のファイルが読めないといったトラブルを防ぎましょう。自分のJWのバージョンはヘルプで確認してください。作者さんのホームページ

JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー