12時間で咲く不思議な桜 マジック桜
JW-CAD アマゾンの本の検索結果

JW-CADの使い方ー 基本設定

JW-CADの画面各部名称

基本設定

基本設定を行うには、メニューバーの「設定」→「基本設定」を出して設定します。
下記のように、8つのタグがあります。けっこう、たくさんありますね。

全部使いこなす必要はないと思います。意味不明な項目は、無視してもたいした影響はないと思います。
とりあえずわかる範囲で設定してみてください。

作図を進めていくうちに、こんなことはできないのかなと思ったら、この基本設定画面を再確認するといいのではないでしょうか。

慣れてきたらこの基本設定画面でいろんな項目の設定を変え、自分の使いやすいCADにしましょう。

この中で、重要な項目はバックアップファイル数とそのオートセーブ時間、用紙枠の表示でしょう。

なおインストールした時点で、上記のようなチェックが入っていなかったら、入れておいたほうがいいかもしれません。

残りのチェックの入っていない項目については、自分なりの設定をしてください。

矢印キーで画面移動の項目に、チェックを入れておきましょう。

矢印キーやPageUpなどはかなり使う事があると思います。

あと右下の4つのBOXは画面表示の記憶と関係しますので、そちらも参考にしてください。
両ボタンを押して、動かす方向により記憶してある画面を表示します。

1~4までの数字をここに入れます。

線色の設定などがここで変更できます。

また背景色の変更は右側中央にありますので、黒色背景はイヤダという人はここで変更してください。

線色の変更などは「線色1」などのボタンを押せばカラーパレットが出てきますので、数字で色を指定する必要はありません。

この設定画面の特徴は、左(画面表示)と右(プリンタ出力)で線色、線幅など個別に設定できる事です。
画面表示の色や線幅などと、印刷時の色や線幅などを全く別にすることができます。

したがって、イメージと違う印刷が出てきた時はここの設定を調整してください。

なお、プリンタ出力線幅は0~500の数値指定です。ここでは小さな数値の変更では印刷時にほとんど区別がつきません。50刻みくらいで設定してテスト印刷をし、その後理想としている線幅に近づけてください。

線見本を一度印刷して、手元に置いておいたほうがいいでしょう。ちなみに、画面線幅は1~16までです。

線の太さを変える
線の太さを変えるには、ツールバーの「範囲」で図形を囲み、コントロールバーの「属性選択」で太さを変えたい色を「指定【線色】指定」で選択します。

その後、コントロールバーの「属性変更」で、線の太さが違う別の色に「指定【線色】に変更」で指定すればOKです。
JWWでは、画面上の線幅とプリンタの出力線幅は、連動していませんので注意しておいてください。

線種パターンなどの変更はここでします。


文字の大きさや間隔、色などはここで設定します。

クロックメニューを使う時の設定です。

下部のコマンド一覧がクロックメニューに割り当てられています。
使いやすいように各数値を入れ替えることができます。

左ボタンあるいは右ボタンを、時計の時刻方向にドラッグすることにより、コマンドを選択できます。

AMとPMの切り換えは、マウスボタンを押したままマウスをクロックメニューの円の中に入れるか、反対側のマウスボタンを押します。AMは明るい色に、PMは暗い色に変化します。

キーボードショートカットを使う時の設定です。

これも下部のズラーっと並んでいるコマンドが、キーボードのショートカットに割り当てられています。

文字入力中の場合は作動できませんので、別のコマンドをツールバーなどから選択し、文字入力モードから抜け出してください。

ここでも、使いやすいように各数値を入れ替えることができます。

DXF,SXF,JWCの読込みや書出しに関する設定です。

JW-CADの使い方の目次
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点   画像編集(画像貼り付け)   ソリッド(塗りつぶし)  印刷
環境設定ファイルについて  ファイル  測定  画面表示の記憶  レイヤーの使い方  データ整理  属性変更  表示  基本設定  軸角・目盛・オフセット  属性取得  線属性  レイヤー非表示化  角度取得  長さ取得  図形登録  図形配置  線記号変形  座標ファイル  外部変形  パラメトリック変形   寸法図形化  寸法図形解除
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換
背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  メニューバーやコントロールバーなど各ページの最上部に下記のような各部名称を載せていますので、わからないときには参考にしてください。なお、ステータスバーはJW-CAD画面の一番下になります。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
タイヤの空気圧 ⇒ 目視で、接地部にたわみがないか確認しましょう。タイヤゲージも併用して、走行の安全性や経済性に影響がないようにしましょう。自動車のタイヤ空気圧は、常に一定ではなく自然と抜けていきます。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士の道

Copyright(C) 2006 JWのCAD の使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー