JW or JWW-CADの使い方 雲マーク


雲マークで変更箇所や強調箇所でわかりやすく・・・JWWキャド/マニュアル



雲マークを、線記号変形を使い作図する

雲マークはJW or JWW-CAD本体にはないので、線記号変形をダウンロードして使います。ここでは、「雲マーク36種」という線記号変形を紹介します。

下記が、「雲マーク36種」の雲マークです。線記号変形の名称からわかるように、36種類の雲マークを選ぶことができます。
様々な形や色で雲マークを作ることができますが、形は4種類で色違いが9パターンあります。用途に合わせた使い分けができますので、自分なりの法則で使い分けると、雲マークの違いでどんな変更あるいは強調なのか、即座にわかりますので便利です。




「雲マーク36種「の線記号変形ダウンロード

最初にフリーソフト/無料で有名なサイト、Vectorからダウンロードします。そのページで示される、「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックします。
ページが変わりますので、その中の「ダウンロードページへ」のボタンをクリックします。
いよいよ、ダウンロードできるページに到達できました。このページの中にある、「このソフトを今すぐダウンロード」のボタンをクリックすれば、あっという間に「雲マーク36種」がダウンロードできます。
chromeやIE、Firefoxなどのブラウザで指定しているダウンロード保存先に、「雲マーク36種」がダウンロードされています。
ダウンロードされたファイルは、zipで圧縮されたファイルです。このアイコンを右クリックして、出てくるメニューでウィルススキャンして下さい。導入しているウィルス対策ソフトで、ファイルのウィルスチェックはできるようになっているはずです。PCを扱う人なら常識ですが、ウィルスチェックは必ず行うようにしておきましょう。もしウィルス対策ソフトを導入していなかったら、Windows付属のWindows Defenderでファイルスキャンをしておきましょう。ダウンロードしたファイルは、たとえ信頼できると思われるサイトからであっても、ウィルスチェックする習慣を付けておきましょう。私は、3年5台版の、ウィルス対策ソフトを使っています。検出率No.1・PC軽快さNo.1のウイルス対策ソフト




ウィルスチェックをして、問題がなかったらダブルクリックをします。zipファイルですので、Windows10なら自動的に解凍されます。
エクスプローラなどで、上記矢印の「JW_OPT4U.dat」のファイルを、JW or JWW-CADがインストールされているフォルダに、コピーして入れます。通常はC:\JWWになっていますので、JWWのフォルダに入れてください。ここまでの手順をすれば、JW or JWW-CADを扱う時に雲マークを書けるようになります。*.txtファイルに詳しい説明が書かれていますので、読んでおいてください。

JW or JWW-CADで、実際に使う

JWWのフォルダに、線記号変形のファイルが入っていると、すぐに使うことができます。ツールバーの、「記変」をクリックしてください。あるいは、メニューバーの「その他」→「線記号変形」をクリックしてください。この時にJWWのフォルダが指示されていない時には、JWWのフォルダを指示してください。
色々と線記号変形がありますが、今回入れた雲マークは「線記号変形U」をクリックすれば、出てきます。線記号変形のA~Jまでは、JWWに最初から入っている線記号変形になります。「線記号変形U」をクリックして出てくる雲マークをダブルクリックして、配置したい場所の中心で左クリックしてその後ドラッグして希望のサイズでクリックすれば、雲マークができます。
線色については、次の設定で作られています。
線色 1 水色
線色 2 白色
線色 3 緑色
線色 4 黄色
線色 5 紫
線色 6 濃紺
線色 7 濃緑
線色 8 橙色
補助線色 黄色




背景色は黒色・線色は上記の設定で作製されていますので、背景色によっては見えにくい色もありますので注意してください。もう一点注意として、一般図面の中に雲マークを入れて書いてしまうと、印刷する時など邪魔ですので、一般図面とは違う別レイヤーに書くようにしておきましょう。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント お勧めのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

図面作成を効率的に行う、フリーソフト/無料の紹介です

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JW or JWW-CADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JW or JWW-CAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける方法
JW or JWW-CADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JW or JWW-CAD図面に書く
樹木などの造園データを、JW or JWW-CADで使う
図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く
電気設備図面で、フリーソフト/無料での電気シンボルを使う
電気設備の施工図作成で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフト/無料のシンボルを利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する 別パターン

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール No2  JW or JWW-CADとの関わり

JW or JWW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト/無料の紹介です

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW or JWW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JW or JWW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW or JWW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  JW or JWW-CADなどで設計図など書いていると、変更箇所が山のように発生します。あまりの数の多さに、どこを変更したのか記憶の限界を超えることもしばしばです。変更箇所は雲マークで非表示レイヤーに書いて、日付も入れておくと良いでしょう。現場の人に図面差し替えの際に渡す時に、雲マークで変更箇所を雲マークをつけて明示すると、わかりやすい図面になります。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4  リンクサイトNo5    セルフ紹介

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー



要領・基準 | 電子納品に関する要領・基準
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品に関する要領・基準 ガイドライン
 国土交通省 電子納品ホームページ

CAD製図基準、CAD製図基準に関する運用ガイドライン改定のお知らせ
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品とは、「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品すること」をいいます。ここでいう電子成果品とは、「工事または業務の共通仕様書等において規定される資料のうち、各電子納品に関する要領に基づいて作成した電子データ」を指します。 電子納品の目的は、公共事業の各事業段階で利用している資料を電子化し、共有・再利用することで、以下に示す効果を実現するものです。 (事業執行の効率化) 資料の再利用性を向上させることで、効率的な事業執行を実現する。 (品質の向上) 事業全体の情報を電子的に共有化・伝達が実現することによって、情報の伝達ミスや転記ミスなどを低減し、公共事業の品質向上を実現する。 (ペーパーレス、省スペース) 資料授受を容易にするとともに、保管場所の省スペース化を実現する。

Copyright(C) 2006 JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル). All rights reserved.

2020年8月4日Update record