運転するなら必需品
ケンウッド(KENWOOD) WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-630
世界でひとつだけのオリジナルギフトを贈りませんか?オーダーメイドで簡単に創れます。
ソファーを置きたいけど、部屋が狭いとあきらめている人へ。喜ばれるプレゼントにもどうぞ。

         JWのCADの使い方-レイヤー 重要です

JW-CADの画面各部名称
JWのCADの使い方のTOPへ戻る
JW-CADの本
全国対応 不動、故障、水没・冠水、廃車、車検切れ、事故車etc レッカー、書類手続き無料
バランススクーター
全てコミコミ定額のカーリース
専用梱包バッグに自転車そのまま入れるだけ!【自転車買取のサイクルパラダイス】

レイヤー

レイヤーを使いこなしましょう

レイヤーを使うとは、複数の透明のフィルムを重ねて一つの図面を作っていくイメージです。
下の図面例でいえば、一番上が完成図面で全部のレイヤーを表示している状態です。その図面はその下の4つのレイヤーによって構成しています。一番上が通り芯のレイヤ、その次が柱のレイヤ、3番目が壁のレイヤー、そして最後が文字のレイヤーにしています。

このようにそのグループごとにレイヤーを分けて書いておくと後で修正などある時は、編集可能なレイヤーや表示のみのレイヤー、あるいは非表示などに分けることが容易ですので、修正効率があがります。また、文字を入れない図面が必要になったときは文字の入っているレイヤーを非表示にすればよく、再び文字の入った図面を必要とするときはそのレイヤーを元に戻せば済みます。単純に文字を消してしまうとせっかく入力した文字が無駄になります。再度文字が必要になったら、また入力しなくてはなりません。レイヤー分けをして管理していくと、こういった無駄が省けますので是非使いこなすようにしましょう。

建築図面を作成する時は、通り芯、柱、壁、文字、ドア、窓、タイル、天井などレイヤーをそのグループごとに分けて作成するようにしましょう。極端な話、このレイヤー分けを使わなくても一つのレイヤーで1枚の図面を書くことは出来ます。しかし、後工程を考えるとレイヤー分けをしているのとしていないのでは、雲泥の差が出て来ます。

例えば、ドアの開きが右開きから左開きへ、あるいは開きが室内側から廊下側へ変更などしょっちゅうあります。そんな時、壁とドアを別のレイヤーにしておけば編集作業が楽になります。壁のレイヤーを表示のみにしておくとドアだけの選択が容易に出来、軸反転移動などあっという間に出来てしまいます。

設備関係の図面ではさらに、このレイヤー分けは重要です。今は、設計事務所や建築会社からCADの建築データをもらえるようになりました。そのCADデータの上に設備の図面を書いていくのですが、レイヤー分けをしていないとちょっとした修正でも大変な苦労をしてしまいます。消去・移動・複写など、レイヤーが一緒でしたら建築の図面まで選択してしまい、選択除外など余計な作業が発生します。建築の図面は表示のみにしておき、設備の図面を作図可能あるいは編集可能にしておけば、図面の選択時に設備だけ選択するので、修正が容易になります。また、建築のレイヤーを非表示にすれば設備だけの図面が表示されますので、設計の確認が容易になります。

JW-CADでは256個のレイヤーが使えます。1グループに16個のレイヤーがあります。そのグループが16個あります。16x16=256個のレイヤーが使えることになります。JWの画面の最下部に[0−0]などと表示されていますが、これが[グループ-レイヤー]を表しています。  画面最下部の表示例↓
グループとレイヤの切り替えには、[0−0]と表示されている部分を左クリックします。そうすると以下の画面が出てきます。
画面上部の数字とアルファベットがグループ状態を示しています。そして画面中央の数字とアルファベットがレイヤーを示しています。左の画面内にの記号があります。は作図可能を表しています。は編集可能です。ここでこの編集可能の記号をクリックしてください。そうするとと変化します。は表示のみを、は非表示を表しています。表示状態を変えたら、OKボタンを押します。非表示状態のレイヤーに図形などのデータがあるときはのように-のマークが付きます。

ちょっと注意すべきはをクリックしても変化しません。1グループ内に1レイヤーは作図可能にしていなくてはならないので、作図するレイヤーを右クリックで指示します。初期状態では0番が作図可能になっています。自分の書込みしたいレイヤーを右クリックで指示して作図を進めると、そのレイヤーに作図されていきます。

以上の要領で画面上部のレイヤーグループも、グループの状態でと切り替えて使います。
中央の少し下に、レイヤー名の入力BOXがあります。そこにレイヤー名を入れておくと、最下部の[0−0]の所にレイヤー名が出るのでわかりやすくなります。名前を付けたいレイヤー番号、アルファベットで右クリックすれば入力が出来ます。0-0に通り芯と入力してやれば最下部に[0−0]通り芯と表示されるようになります。一括ボタンは、0番レイヤからF番レイヤまでのレイヤーを一括して非表示→表示のみ→編集可能と切り替わります。ただし、1個のレイヤーは作図可能になっている必要があります。今後のバージョンアップなどで改善してもらいたい点ですね。

私の今までの経験上から、10個くらいまでのレイヤー構成で作図することを推奨します。256個ものレイヤーがありますが、ほとんど使わなくていいと考えた方がいいでしょう。どんなに多くても2〜30個のレイヤーまでで、それ以上増やさない方が賢明です。よほど頭の切れる人でない限り、100や200などのレイヤーを管理することは出来ません。そして一番肝心なことですが、データのやり取りを他の人とする際に、その人にしかわからないようなレイヤー構成は避けるべきです。そして、出来るなら同じ社内や部署などでレイヤーを統一しておくと、データのやり取りをしてもスムーズにいきます。

以前、CADデータを貰った時びっくりした事があります。その図面は100以上のレイヤーで構成されていて、同じ場所に複数の全く違う図面が置かれていました。レイヤーの組合せで、例えば1と6と8の組合せで1枚の図面、2と7と9で1枚の図面というやりかたで立面図と平面図などを同じ位置に書いていたのです。前述の例のように3つくらいのレイヤーくらいならでなんとかなりますが、実際は一つの図面が30以上のレイヤーでそれが3種類あり100以上のレイヤーでした。さすがに修正する気力も失せ、電話をしてレイヤーの組合せを聞いてやっと図面を出すことが出来ました。機密性のある図面ならそういった作り方も仕方ありませんが、普通の図面に用いる方法ではないでしょう。

レイヤー状態の変更-別の方法

こちらはレイヤー状態の変更などを上で述べた方法でするなら、非表示にしておいてかまいません。その方が作業可能画面が広がり、作業がしやすくなります。自分にとって使いやすい方法を選べばいいでしょう。

JW-CADをインストールした時の初期状態で、画面の右側にレイヤーのツールバーが表示されていると思います。ここでもレイヤー状態の変更が出来ます。右側の○で数字等を囲んである方がレイヤーになります。□で囲んである方がグループになります。グループの方は初期状態では表示されていません。メニューバーの表示→ツールバー→レイヤーグループで表示することが出来ます。また、レイヤーツールバーの一番下の0と表記されている場所をクリックすればグループの表示が出来ます。ただし、前述のように私の個人の意見としてはなるべくレイヤー数を少なくした方がいいと思います。やむを得ず一つのグループで16個のレイヤーでは収まらない時だけ、別グループを使うようにした方がいいのではないでしょうか。そのほうがレイヤー管理が楽になりますので、16個のレイヤーで足りる時は非表示にしておいたほうがスッキリしていいとおもいます。

のアイコンの場所で右クリックしてください。 そうすると右のレイヤー一覧が画面いっぱいに表示されます。そのレイヤー一覧のをクリックすると、レイヤー名称を入力する事が出来ます。適宜、レイヤー名を入力してから作図を進めてください。後でレイヤーを分けようとすると、予想以上の時間がかかります。レイヤー名に沿った図形をそのレイヤ−に書く習慣を付けておいた方が、結果的には時間の短縮になります。
の状態は作図可能レイヤーを表し、必ず1個の作図可能レイヤーが必要です。図形を書きたいレイヤーで右クリックすればのように赤色で表示されます。その他のレイヤーは初期状態ではのように丸数字になっています。これは編集可能なレイヤーということを表しています。そこをクリックすると非表示→表示のみ→編集可能と変化しますので作図状態に合わせて切り替えてください。のように上部の左に紫の線が表示されているのは、そのレイヤーに図形データがある事を表現しています。紫の線が右側にある時はそのレイヤーに文字データがあります。左右両方にある時は、図形+文字のデータがあります。

プロテクトレイヤ

書き込みや消去ができなくなります。しかし、表示、非表示に切り替えることは可能です。元データなど書き込みや消去を誤ってしないように保護する時に使います。ただ、データを渡す時にはこのプロテクトは解除しておいた方がいいでしょう。JWを使っている人でも、全ての人が使っている機能ではないので、中には知らずにいる人も数多くいます。作図編集が出来ないので、不要なストレスを相手に与えてしまいます。
プロテクトレイヤにするには、目的のレイヤをCTRLボタンを押しながら左クリックします。レイヤが作図可能な状態では、プロテクトレイヤにすることはできません。一旦別のレイヤーを作図可能にして、そのレイヤーはプロテクトをかけてください。プロテクトをかけたレイヤーはのようにレイヤ番号に斜め線がつきます。表示状態もプロテクトするには、SHIFTボタンとCTRLボタンを押しながら、レイヤ番号を左クリックします。すると、のレイヤ番号に×印がつきます。この状態では書き込み、消去、表示状態の切り替えができなくなります。

レイヤー移動・複写

間違えて、柱のレイヤーにドアの図形など入れてしまった時など、レイヤーの移動をする必要が出てきます。最初に、書込みするレイヤーを作図可能にします。上の例でいえば、ドアのレイヤーを作図可能にします。そして移動→図形選択→選択確定→作図属性→書き込みレイヤーに作図とし、OKボタンを押します。配置状態になっていますが、基点が図形等の中央あたりにありますので前と同じ位置に配置したい時は基点を右クリックでキャッチできる点に変更し、元の図形位置でそのクリック位置を合わせて右クリックします。そのままでは依然として移動のコマンドを継続していますので、別のコマンドボタンを押して下さい。以上で、レイヤーの移動が完了します。レイヤーを複写するには最初に複写のコマンドを選びます。それ以降の手順はレイヤー移動と同じです。


JW-CADは一日や二日で覚えようとはせず、一日に下記の2,3個の項目を覚えるだけにしておきましょう。その方が確実で長続きします。
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤー データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除
一口メモ  ファイルを名前を付けて保存で、JW−CAD の旧バージョンで保存して相手方に渡す必要があることもあります。相手方がJW-CADをバージョンアップしてくれればいいのですが、なかなか思うようにはいかないですね。
一番売れている本   やさしく学ぶJw_cad7 (エクスナレッジムック Jw_cadシリーズ 3)
二番目に売れている本 ドリルで学ぶJw_cad―高校生からのCAD入門書 (高校生からのCAD入門書)
急上昇 DVD(ビデオ)で学ぶJw_cad (エクスナレッジムック DVDだから絶対わかる!)
急上昇 動画でわかるJw_cad最強バイブル (エクスナレッジムック)
人気のある本
はじめて学ぶJw_cad (エクスナレッジムック)
実務最優先!Jw_cad for Windows徹底活用術―CAD&CG magagine (エクスナレッジムック―JW_CAD series)
Jw_cad木造住宅設計完全マスター (エクスナレッジムック Jw_CADシリーズ 8)
Jw_cad6徹底解説 リファレンス編 (エクスナレッジムック Jw_cadシリーズ 2)
さまざまなjw-cadに関する本
JW-CADの本 入門から応用まで様々な本があります。     建築製図の解説本
Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー
建築製図基本の基本
Jw_cad電気設備設計入門 Jw_cad S造設計完全マスター
必要なとき必要なだけ仕事を頼めるオンラインアシスタント【フジ子さん】