目盛(グリッド)を使うと、図面作成が楽になります。 |JWのCADの使い方〒

目盛(グリッド)は、図面作成の補助的役割を果たします。目立たないけど、使わないとモッタイないです・・・JWW CADのマニュアル


目盛(グリッド)活用の、おススメ

他のCADを使ったことがある人が、JWのCADを使い始めて思う事の一つに、グリッドコマンドがないということでしょう。JWのCADでは、「グリッド」というコマンド名ではなくて、「目盛」というコマンド名になります。コマンド名の「目盛」という漢字からその働きがわかりますが、他のCADでは「グリッド」などと表現しています。英語では、グリッドは等間隔に表示される格子状の点であり、そこからグリッドというコマンド名が付けられています。JWのCADは国産CADですので、「目盛」というコマンド名になっています。

ところで、今までCADを使った事がない人にとっては、目盛やグリッドと言われてもピンとこないかもしれません。そこでどんなものか、イメージ図を下記に示しておきます。ドット方眼紙をイメージすれば、どんなものかわかると思います。このイメージ図では、目盛点をわざと大きくしています。間にある小さな点は、読み取り点1/2にしています。目盛点の大きさ(線幅)や色の変更もできますので、後述を参照してください。

目盛(ドット)の間隔は、縦横1000mmにしたり、縦横910mmにしたり、あるいは455mmx910mmと書いている図面に合わせて表示を変えることができます。JWのCADを使う際に、マウスの右クリックで寸法の決められたドットをつないでいけば、楽に正確な図面を作ることができます。この目盛(ドット)は、作図途中で用途に合わせて変更して使えます。1000mm単位の図面の中に、1820mm単位の畳を配置するなど、日常茶飯事です。補助の作図点と考えて、場面場面で寸法値を変えていけば、作図効率が上がります。なお、目盛(ドット)は印刷されませんので、印刷時にわざわざ非表示にする必要はありません。

JWのCADでの、目盛(グリッド)コマンドの呼び出し

JWのCADでの、目盛(グリッド)コマンドの呼び出しは、画面の右下のステータスバーで、「∠0」などと表示されているボタンをクリックします。

文字通り、「軸角・目盛・オフセット」のコマンドでは、軸角、あるいは目盛、あるいはオフセットの設定ができるのですが、今回の「目盛」の機能は、中央の「目盛」の所で行います。


とりあえず、JWのCAD画面上に、目盛(ドット)を表示してみましょう 

例として、図面サイズA2で縮尺は1/50で、図面設定をしてみます。

  1. 最初に、「実寸」にチェックを入れます。
    • 「実寸」にチェックを入れない場合は、図寸になります。図寸は縮尺1/1で5mmなら、縮尺1/10では50mmになります。
  2. 上部の目盛間隔【実寸mm】に、目盛の寸法を「910」を入れます。
    • 表示例では「910,910」となっていますが、910mmX910mmの正方形で良ければ、わざわざ縦横の目盛寸法を入れる必要はありません。寸法値の所をクリックして、910と入力すれば「910,910」となります。
  3. 次に、1/1,1/2,1/3、1/4,1/5のどれかにチェックを入れます。
    • 1/1は目盛の点のみ、1/2なら目盛と目盛の中間、1/3は目盛と目盛の間の1/3のポイントをキャッチできるようになります。最初は「1/2」にチェックを入れて、動作の様子見をする事をおススメします。「1/2」などにチェックを入れると、その上にある「OFF」のチェックは外れます。 作図途中で目盛(ドット)が邪魔に感じる時もありますので、その際には「OFF」にチェックを入れて非表示にしてください。
  4. 「表示最小間隔」に、5を入力します。

    • 「表示最小間隔」では目盛の点の間がここで指定したドット数以上にならないときは、目盛の点は表示されませんので注意が必要です。ソフトの動きを確認する時は、5くらいを指示して、徐々にアップした方がわかりやすいでしょう。
  5. 「基準点設定」で、目盛点の基準点を設定します。
    • 作図途中で適宜基準点を変更していくと、作業効率が良くなります。ソフトの動きを見るだけなら、この目盛点の基準点の設定は必要ありません。
  6. 読取【無】の、チェックを外す。
    • 読取【無】にチェックを入れると、目盛表示はしますが、目盛点の読取はしません。ちょっと、特殊な使い方になります。

目盛(ドット)を、大きくしたり色を変える

目盛(ドット)を、もう少し大きくしたり色を変えたりしたい時もあるでしょう。その際には、「線色2」を変更してください。メニューバーから、「設定」→「基本設定」→「色・画面」と進みます。その画面の中で、左側(画面表示)の「線色」2の線幅や色を変更すれば、変更できます。「線色2」が、目盛点の大きさや色に関係します。このページのサンプル図面では、「線色2」を線幅10、色を紫にしています。実際に図面を描く時にはこれでは目立ちすぎますので、好みの大きさや色に変更してください。最初に表示された目盛(ドット)で問題なければ、変更する必要はありません。

ベストセラー1位 やさしく学ぶJw_cad 8  JW CAD解説本

JW CADの解説本 総合

JWのCADの使い方〒 基本操作の目次

基本操作 直線 四角(矩形)  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像貼り付け「画像挿入」  塗りつぶし「ソリッド」 

印刷 環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D 線の太さを変える ブロックツリーとブロックツリー半透明化 基本操作 おススメのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

JWのCADを使う時に大幅な時間短縮が出来る、フリーソフトなどの紹介です。

画像(JPG,BMP)ファイルを、データに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のファイルを選ぶ
さまざまなソフトのファイルを画像ファイルにして、貼り付ける
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
画面縮小で、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JWのCAD図面に貼り付ける方法
JWのCADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マーク、JWのCAD図面での使い方
樹木などの造園データ、JWのCADでの使い方
図形ファイルjwkファイルをjwsに変換して、切り替えの手間を省く
電気設備図面、フリーソフトでの電気シンボルの使い方
電気設備の施工図作成、線記号変形の使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフトのシンボルの使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方 別パターン

JWのCADの無料ダウンロードとインストール
フリーソフトについて解説
背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 

PDFファイルの編集ができる、フリーソフトの紹介です・・・JWW CADのマニュアル

PDFへ変換
JWのCADで作った図面を、PDFファイルへ変換できます。最近は、図面をPDFへ変換したファイルも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFをDXFに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JWのCADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JWのCADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  求人の募集をする際に、JWのCAD が使えることと条件を出す、建築会社や設備会社あるいは設計事務所などが増えてきましたね。今やCADは、設計の現場では必須です。手書きの設計図に比べ、修正が容易であったりデータの使い回しができたり図面の上手下手がなくなったりと有利な面が数多くあります。

JWのCADの使い方〒(JWW CADのマニュアル)のリンクサイト

中古車を買う時の注意点  
電気工事士の仕事部屋      

JWのCADの使い方〒のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー
セルフ紹介



Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方〒(JWW CADのマニュアル). All rights reserved.

2020年9月15日Update record