JW-CADの使い方ー 面取

JW-CADの画面各部名称

面取

面取のコマンドは、丸面取りや角面取りなどを行うことが出来ます。線や円弧を切断することもできます。
面取を使うには、ツールバーの中から「面取」のボタンをクリックします。あるいは編集メニューから、面取を選択します。そうすると下記のコントロールバーが、画面の上部に表示されます。
面取は、2本の線のコーナーの面取りをします。寸法を入力した後、面取する2線をそれぞれ左クリックで指示します。

角面(辺寸法)

角面で面取をします。寸法値はX・Y方向の辺寸法になります。


角面(面寸法)

角面で面取をします。寸法値は斜辺方向の辺寸法になります。

丸面

丸面で面取をします。寸法値は丸面の半径を入力します。

面取りの中で、私がよくつかっているのはこの丸面のコマンドですね。

テストではありませんので、JW-CADのすべてのコマンドを覚える必要はないと思います。必要なコマンドだけ覚えて、残りはこういったこともできると覚えておく感じでいいのではないかと思います。実際の作図段階では、すべてのコマンドを全部つかうことはありませんよ。

L面

L形で面取をします。寸法値はY方向・X方向の寸法を入力します。コンマ(,)で区切って下さい。

楕円面

楕円面で面取をします。寸法値は楕円長軸の半径を入力します。上記の丸面に形が似ていますが、楕円がコーナーに配置されています。

寸法

上記の面取方法に合わせた寸法は、ここで入力します。

切断間隔

面取の項目に入っていますが、単純に線を切断するコマンドです。ここに入力された寸法で切断されます。右クリックで位置を指示してください。


実寸

切断間隔寸法が実寸になります。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  このJWのCAD の使い方のサイトは、初心者向けの内容です。どんなソフトでもそうですが、一通り使える事とそのソフトを極めるとはまた違ってきます。このサイトでは、初心者が一通り使えることを目的としています。ただこのサイトの内容が理解できるようになれば、もうほとんど初心者の域は脱しています。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ワイパーの拭き取りの状態 ⇒ 自動車のガラスにウォッシャ液を噴射させて、ワイパーを作動させて、きれいに拭き取れるか確認します。ワイパーの低速、高速などちゃんと作動するかも確認しておきましょう。ワイパーゴムが劣化して、視界が悪くなっていると危険です。すぐに交換しましょう。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー