入門者向け技術系通信講座のシーモス、就職・転職サポートつき

パラメトリック変形は、図形の一部を伸縮させます・・・JW-CADの使い方

JW-CADの画面各部名称

パラメトリック変形

パラメトリック変形を使うには、ツールバーの「パラメ」をクリックします。
これがツールバーに表示されていない時は、ニューバーの「表示」→「ツール」→「その他(1)」のツールバーを出します。

    あるいはメニューバーの「その他」→「パラメトリック変形」をクリックします。

パラメトリック変形コマンドは、作図した図形の一部を選択し、選択箇所を伸縮させ図形の大きさを変更するコマンドです。正方形の2辺を伸ばして長方形にしたい時、矩形を台形にしたい時などに応用すると便利です。

  1. パラメトリック変形をしようとする図形を範囲選択します。その時、変形したくない図形は選択しないようにしてください。もし選択していたら、左ボタンのクリックで除外できます。
  2. 移動先の点を、指示します。まるでゴムが伸び縮みするように、自在に図形が移動できます。
    • 任意方向-ここでパラメトリック変形をする方向をX方向、Y方向、XY方向、任意方向にできます。
    • 基点変更-基準点位置を、変更します。
    • 数値位置-数値で位置を、指定します。
    • 再選択-パラメトリック変形する図形を、範囲選択します。

作図例1 正方形の2辺を伸ばして、長方形にする。

点線のように1で左クリック、2で左クリックして正方形の3辺を選択します。選択を確定してそのままマウスを右に動かせば長方形になります。パラメトリックする方向を、X方向にしておけば上下にブレません。

作図例2 正方形から台形にする。

点線のように1で左クリック、2で左クリックして正方形の2辺を選択します。選択を確定してそのままマウスを左に動かせば台形になります。これもパラメトリックする方向を、X方向にしておけば上下にブレません。

JW-CADの使い方の目次
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点   画像編集(画像貼り付け)   ソリッド(塗りつぶし)  印刷

環境設定ファイルについて  ファイル  測定  画面表示の記憶  レイヤーの使い方  データ整理  属性変更  表示  基本設定  軸角・目盛・オフセット  属性取得  線属性  レイヤー非表示化  角度取得  長さ取得  図形登録  図形配置  線記号変形  座標ファイル  外部変形  パラメトリック変形   寸法図形化  寸法図形解除
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

一口メモ  OSがDOSからWindowsに変わり、JW-CADの仕様もWindows対応になりました。その事が益々取り組みやすいソフトとして、裾野を広げて受け入れられてきました。ウィンドウズのソフトはメニューなど共通している項目が多く、JWもメニューを見れば大体のことはわかるのではないでしょうか。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
エンジンのかかり ⇒ 自動車のエンジンが速やかに始動し、異音などせずになめらかに回転しているか、確認します。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士の道

Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー