今は、大変な時期です。コロナ流行とそれに伴う外出自粛など、いつまで続くのかわからない不安があります。古来より、止まなかった雨はありません。近い将来、日本晴れも訪れますので、今を耐え忍んで頑張りましょう。



一口メモ 操作のポイントを覚えておくと、JW(JWW)-CADを楽に扱えるようになります。 一番大事なのは、画面下に出てくるステータスバーの確認でしょう。次になにをすれば良いのか、確認しながら作業を進めていってください。次第に慣れてくると見なくても大丈夫になりますが、最初のうちは面倒でも、必ず確認しながら練習してください。



自動車関連サイト 中古車を買う時の注意点  電気工事関連サイト 電気工事士の仕事部屋

JWのCADの使い方


操作(使い方)のポイントで、重要な事柄です・・・JWWのCADマニュアル



JWのCADの使い方は、いたって簡単です。

最初に直線を引いたり四角形や円など、適当に落書きして遊んでください。慣れるまでは、くれぐれも画面の左下のステータスバーの確認を、忘れないようにしてください。次に何をすればよいかわかりますので、習慣付けてください。簡単な内容で書かれていますので、流れがすぐに理解できるようになります。

JWのCADの画面各部名称

ステータスバー

例えば、線引きのコマンドをクリックしたら、左下のステータスバーには「『始点を指示してください (L)free (R)Read」』とのメッセージが出ます。



自動車関連サイト 中古車を買う時の注意点  電気工事関連サイト 電気工事士の仕事部屋

(L)は左クリック、(R)は右クリックです。この指示に従って、次の動作をすればいいわけです。ちなみにfreeはどの位置でもOK、Readは交点、端点などで右クリックして捉える事のできる位置です。きれいな図面を書いていくにはReadを多く使っていく必要があります。線の端点から線を引く時など、右クリックで始点を指示するのが原則と思ってもいいでしょう。

マウス操作

JWのCADにはマウスの左右ボタンを押したままドラッグして、移動する方向により画面表示を切り替える機能があります。他のCADには真似できない操作性向上が望めますので、JWのCADを覚えるなら是非この操作を習得してください。また、JW(JWW)-CADは他のCADに比べるとマウスの右ボタンを使う比率が高いですので、ステータスバーで(L)と (R)ボタンの違いを確認しながら作図してください。

コマンドの呼び出し

同じコマンドでも様々な方法で呼び出しできるようになっています。ツールバー、クロックメニュー、キーボードショートカット、メニューバーとどれにしたらいいか迷うほどあります。このサイトでは、ツールバーボタンによる方法を中心として解説してあります。一つの方法を覚えてから、別の方法は覚えるようにした方が混乱が無くていいでしょう。



自動車関連サイト 中古車を買う時の注意点  電気工事関連サイト 電気工事士の仕事部屋

ユーザーツールボタン

新JWのCADバージョンでは、ツールボタンにユーザーツールボタンが追加されています。メニューバーの表示→ツールバーのダイアログで、右下のユーザー設定のボタンを押してください。ユーザー(1)・・・などの項目の中に、下部に記載されているコマンドの中から、自分がよく使うコマンドを対応する数字を、半角のスペースで区切って入力してOKボタンを押してください。そして、メニューバーの「表示」→「ツールバー」のダイアログの最下部の、ユーザー(1)・・・などにチェックを入れて、OKボタンを押してツールバーを表示させます。自分がよく使うコマンドは、このユーザーツールボタンに入れて使えば便利になります。

JWのCADの使い方(JWWのCADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント 背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JWのCADのダウンロードとインストール JWのCADのダウンロードとインストール No2 JWのCADとの関わり

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JWのCADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JWのCAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JWのCAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JWのCAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JWのCAD図面に貼り付ける方法
JWのCADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JWのCAD図面に書く

JWのCADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JWのCADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JWのCADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JWのCADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

JWのCADの使い方(JWWのCADマニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4

JWのCADの使い方(JWWのCADマニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー


JWのCADの使い方(JWWのCADマニュアル)のTOPへ戻る  
免責事項 
プライバシーポリシー



Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方(JWWのCADマニュアル). All rights reserved.