入門者向け技術系通信講座のシーモス、就職・転職サポートつき

印刷で、範囲変更や、回転、拡大、縮小、白黒、カラーの設定・・・JW-CADの使い方

JW-CADの画面各部名称

印刷

印刷をする

印刷をするには、ツールバーの「印刷」のボタンをクリックします。
これがツールバーに表示されていない時は、メニューバーから「表示」→「ツールバー」と進み、その中で最上部の「メイン」にチェックを入れてください。

印刷などのツールバー

「印刷」を選んだら、下記の画面が出ます。

上記の印刷の画面で「OK」のボタンを押します。

画面上部に下記のコントロールバーが表示されます。

プリンタの設定

上記のコントロールバーの中の、「プリンタの設定」のボタンをクリックします。

そうすると、プリンタの設定画面が出てきます。ここで、プリンター名の所で使用する印刷機を選択し、用紙サイズや印刷の向きなどを設定しておきます。

それぞれのプリンターのプリンター設定に沿って、設定してください。

印刷範囲の回転

印刷範囲が、下記のように表示されていたら具合が悪いですので、印刷する範囲を90度回転させてやります。

下記のようにコントロールバーに「回転 0°」の表示がありますので、それをクリックしてください。

そうすると、印刷範囲が回転され、収まりも良くなりました。

印刷範囲変更

このままの印刷範囲で良ければ、左クリックすれば印刷が開始されます。

変更したい時には、右クリックしてください。赤色の印刷枠が動かせますので、印刷したい位置を決めてください。画面左下のステータスバーにも、下記のように表示されています。

印刷枠を変更した時、動かした印刷枠は左クリックで任意の位置に、右クリックで交点や線の端点や点などが選ばれます。

コントロールバーに「基準点 左・下」などと表記されていますが、右クリックで印刷範囲を動かすときの基準点の位置になります。ここで自分がどこを基準点にしたいか、選んでください。左・下、中・下、右・下、左・中、中・中、右・中、左・上、中・上、右・上と、9個の基準点が選べるようになっています。

印刷枠を動かした後、その位置でOKなら左クリックすれば、印刷が開始されます。

印刷をカラーで行う

今までは白黒の印刷を例として述べていましたが、カラー印刷もできます。

コントロールバーの「□カラー印刷」にチェックを入れれば、OKです。最近は施工図などカラーで欲しいなどの要望も増えて、使う機会が増えてきています。注意したいのは、画面の背景色が黒色なら黄色やオレンジ色などクッキリと見えるのに、実際に紙に印刷したら見えにくいということがあります。赤や青などはカラーで出力してもはっきりしているのですが、他の中間色は見にくい傾向があります。

メニューバーの設定→基本設定→色・画面で、右側の(プリンタ出力要素)の「線色1」、「線色2」などと表示されている所のボタンを押して、白色の紙でも認識しやすい色に変更できます。

画面上の色は、左側の(画面)の「線色1」、「線色2」などと書かれているボタンを、クリックすればわかります。JW-CADの特徴ですが、作図している画面と印刷する画面は別に作成できますので、上手に使い分けてください。

最初から、白色の背景でも見やすい色で作図をして、印刷側の設定も同じにしておくという選択肢もあります。
設定→基本設定→色・画面で右側のプリンタ出力の0や255などと書かれている数値を、左側の画面色と同じ数字を入力すればOKです。

倍率

通常は図面作成前にA2の1/100などと決めて、その図面に収まるように書いていきますので、100%で印刷することが多いです。

しかし、A2などの印刷は大判プリンターを使う必要があり、時間や手間がかかります。そのためチェック用に、普通のプリンターでA3などの大きさで印刷することも、結構あります。

そういった縮小印刷や、その逆の拡大印刷をしたい時に使います。下記のコントロールバーでの「100%(A4→A4、A3→A3)」と表記されているところで、選択してください。

出力方法設定

「出力方法設定」のボタンを押すと、下記の図面が出てきます。

各自、重視する項目は違うと思いますので、それぞれの環境に合わせて設定してください。

枠書込

今まで作った図面に、外枠をつけてくれます。

JW-CADの使い方の目次
マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点   画像編集(画像貼り付け)   ソリッド(塗りつぶし)  印刷

環境設定ファイルについて  ファイル  測定  画面表示の記憶  レイヤーの使い方  データ整理  属性変更  表示  基本設定  軸角・目盛・オフセット  属性取得  線属性  レイヤー非表示化  角度取得  長さ取得  図形登録  図形配置  線記号変形  座標ファイル  外部変形  パラメトリック変形   寸法図形化  寸法図形解除
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

一口メモ  今のCADの印刷といえば、大判のジェットプリンターを使った出力が主流でしょう。その昔は、ペンプロッターが主流でしたが、途中でペンシルの芯が出ないトラブルなどあったら、最初からやり直しということも数多くありました。A1の紙1枚に30分以上かかり、何枚も出すということは大仕事でした。大判のジェットプリンターになってから、A1の紙を出力するのに6~7分と大幅に時間も短縮できるようになりました。それでも、時間に追われているとそれでも遅いと感じるようになり、出力時にプリンターの設定でドラフトモードなど使い、印刷することも増えました。品質は落ちるそうですが、印刷して比較してみると、目が悪いのかその差がほとんどわからないですね。

データの保存も、今はハードディスクやUSB、CDなどに図面を何枚も入れることができ、トラブルはほとんどありません。パソコンが出始めの頃は、フロッピーが主流で書き込みエラーや、磁気が弱り読み込みエラーが発生したりして、大変でした。その時から必ずバックアップを取る習慣ができて、今でもバックアップは必ず取るようにしています。パソコンも機械みたいなものでいつ壊れるかわかりませんから、バックアップ取る習慣は必要ですね。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
駐車プレーキ ⇒ 引きしろが多すぎたり、少なすぎたりしないかをチェックし、駐車時に、自動車が動いてしまわないようにしましょう。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士の道

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー