JW-CADの使い方ー 連線

JW-CADの画面各部名称

連線

連線とは、言い換えれば連続線のことです。1本1本をつなぎあわせて連続した線を書くこともできますが、このコマンドを使ったほうがクリックする回数が減り、作業効率が上がります。
連線を書くには、ツールバーの中から「連線」のボタンをクリックします。そうすると以下のコントロールバーが画面の上部に表示されます。

連線は、連続した線を引く事が出来ます。

基準角度

押すたびに角度が変わります。無指定→15度→45度と変化します。線を引く方向を角度を付けたい時に15度や45度を選択します。最終点で左ボタンをダブルクリックすれば連線が書けます。最終点が交点や端点などキャッチできるポイントでしたら、右ボタンをそこでダブルクリックしてください。ダブルクリックせず、コントロールバーの終了ボタンを押しても同じ結果となります。ENTERボタンでも同じですので、私はもっぱらENTERボタンを使っています。

上の例で、左側が15度指定、右側が45度指定になります。15度指定は15度の倍数、45度指定は45度の倍数ですので両方とも水平や垂直の線も書くことが出来ます。

基点

基点ボタンを押すと、「基準点:前線終点→基準点:マウス位置」と切り替わります。
前線終点にすると、一本目の線の終点から指定した角度の整数倍の角度の線を引くことができます。指定した角度とは、基準角度で指定した角度の事です。


基点をマウス位置にすると、2本目の終点位置が指定角度の整数倍になるよう、1本目の終点位置が、1本目の線上で伸縮します。下の例で言えば1本目に該当するのは一番上の水平線のことになります。

この機能は、電気設備でコンセントとコンセントを結ぶ線を書く時などに便利な機能です。言葉上で表現してもちょっとわかりづらいと思いますので、実際に操作してみてください。オーッと言いたくなるような優れものです。

丸面辺寸法

連線の角に丸みを付けます。基準角度や基点の使い方を踏まえたうえで使えば、電気配線を書いたりするのに適しています。


実寸

縮尺に関係なく、指定された寸法で図面に丸面を書きます。

手書線

手書きの線を書きます。左ボタンをクリックした後、マウスを動かしてください。そのマウスの動いた後に手書き線が書かれています。線を引くのを終わらせるには左クリックをします。なお、作業が終わったらチェックを外す習慣を付けておきましょう。なぜなら、チェックを外さないで他のコマンドに移り連線のコマンドに帰ってきたら、サブメニューが手書き線のコマンドしかない状態になっています。連線を引きたいのにメニューがないと、焦るかもしれません。その時は手書き線のチェックを外せばいいのですが、慣れないうちは不要なストレスになりますのでチェックを外す習慣を付けておきましょう。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  求人募集の際に、JW-CAD を使えることといった条件を付ける会社が増えてきました。JW-CADを覚えるのにはそんなに時間はかからないのですが、そのわずかな時間ももったいないと考えているようです。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ブレーキペダル ⇒ 踏みしろが適当かどうか確認します。踏みごたえがいつもと違うなと感じたらすぐに修理に出しましょう。ブレーキは、自動車にとって命綱です。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー