JW or JWW-CADの使い方 紹介


初めて扱うCADがJWCAD、という人も多い事でしょう。私はパソコン通信でJWCADの存在を知り、それを覚えて今でも愛用しています。後々様々なCADを扱う機会が増えましたが、その際にJWCADで培った知識や経験が大いに役立ちました。・・・JWWキャド/マニュア



パソコン通信で、JWCADを知りました

私がJWCADを初めて知ったのは、windows95(初リリース日: 1995年8月24日)が生まれる前の、DOSVパソコンの全盛時でした。真っ黒な背景色で、一つ一つDOSコマンドを打ってから、ファイル操作などをしていました。コマンドが日本語なら楽だったのかもしれませんが、パソコンは英語圏で誕生した経緯があり、英語のコマンドが必須でした。移動ならmove、複写ならcopyなどで、ディレクトリの中にファイルを配置していくものでした。windowsパソコンでは、パソコンの中が窓形式になり、把握しやすくなりました。その当時は、そんな便利な機能が付いていない、DOSというOSで動くパソコンでしたので、今思えば簡単な事も四苦八苦して操作していました。DOSのパソコンで使えるアプリケーションソフトも、今で言うメモ帳やエクセルの簡易版表計算ソフトなど、今ではオマケで付いてくるレベルのものでした。それでもそれらにより、パソコンという機械の虜になりました。仕事で使う文書をワープロではなく、パソコンで作成してプリントするという、今では普通の事を、嬉々として行っていました。しかし、時が経つにつれて、単純な事を繰り返すのに飽きてきました。そのころパソコン通信という、今で言うインターネットみたいなものが出現しました。パソコン通信をしていると、無料でJWCADのDOS版がリリースされているのを、発見しました。さっそくダウンロードして使ってみると、その高機能さに感動しました。



他のCADとjwcadの併用利用

私の仕事はその頃、電気設備の専用CADを使って、電気設備の設計図や施工図を書いていました。電気設備専用のCADでしたので、電気設備の図面を書くのは色々と工夫されていて、使いやすいものでした。個人的にも欲しいと思って経理の人に話を聞くと、4~5百万円はすると聞き、即座に断念した経緯があります。そんな状況の後で、JWCADの存在を知り使ってみると、驚きました。汎用CADですので、電気設備専用CADのような電気に特化したコマンドはありませんでしたが、一般図形を書く時にその使いやすさにビックリしました。これで無料とは、信じられませんでした。OSのwindows95が出てきたことにより、DOSVパソコン対応のJWCADは終わるかなと思っていたら、windows 対応のJWWCADが開発されて今日に至っています。その間、様々なバージョンアップが行われ、不具合の解消あるいは新機能の追加などが行われ、完成度をますます高めています。私の方はといいますと、その後も電気設備専用CADを使って図面作成をしていました。電気設備専用CADもバージョンアップされて、windows対応になりました。そこでまた個人的に、その電気設備専用CADを手にするには幾らかかるのか聞いてみると、およそ3百万円とのことで断念しました。そこで今日に至るまで、2つのCADを併用して図面を作成してきました。得手不得手はどんなCADでもあります。仕事上電気設備専用CADをメインとして使い、JWCADでしかできないあるいは得意な事はことはJWCADで行うスタイルになっています。データの受け渡しもjwwのままであったりdxfであったりと自由にできますので、ストレスなく利用しています。一つ心配事ですが、JWWCADのスタートから相当年月が経っています。作者さんも結構な年になっているでしょうし、後継者に譲るかあるいは開発終了とするかもしれません。後継者に譲ったとしても、有料ソフトの道に進むかもしれません。個人的な希望では、将来的にも無料ソフトの雄として君臨してもらいたいですね。




JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント お勧めのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

図面作成を効率的に行う、フリーソフト/無料の紹介です

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JW or JWW-CADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JW or JWW-CAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける方法
JW or JWW-CADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JW or JWW-CAD図面に書く
樹木などの造園データを、JW or JWW-CADで使う
図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く
電気設備図面で、フリーソフト/無料での電気シンボルを使う
電気設備の施工図作成で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフト/無料のシンボルを利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する 別パターン

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール No2  JW or JWW-CADとの関わり



JW or JWW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト/無料の紹介です

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW or JWW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JW or JWW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW or JWW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。



JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4  リンクサイトNo5    セルフ紹介

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー



要領・基準 | 電子納品に関する要領・基準
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品に関する要領・基準 ガイドライン
 国土交通省 電子納品ホームページ

CAD製図基準、CAD製図基準に関する運用ガイドライン改定のお知らせ
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品とは、「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品すること」をいいます。ここでいう電子成果品とは、「工事または業務の共通仕様書等において規定される資料のうち、各電子納品に関する要領に基づいて作成した電子データ」を指します。 電子納品の目的は、公共事業の各事業段階で利用している資料を電子化し、共有・再利用することで、以下に示す効果を実現するものです。 (事業執行の効率化) 資料の再利用性を向上させることで、効率的な事業執行を実現する。 (品質の向上) 事業全体の情報を電子的に共有化・伝達が実現することによって、情報の伝達ミスや転記ミスなどを低減し、公共事業の品質向上を実現する。 (ペーパーレス、省スペース) 資料授受を容易にするとともに、保管場所の省スペース化を実現する。

Copyright(C) 2006 JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル). All rights reserved.

2020年8月4日Update record