JW or JWW-CADの使い方 直線


直線を書かないといったことは、まずあり得ません・・・JWWキャド/マニュアル



直線を書く

直線を書くコマンドは、図面を書くなら絶対に使う必要があります。JW or JWW-CADを使う時の基本中の基本ですので、是非完璧に習得しておきましょう。直線を書くには、ツールバーの中から「/」のボタンをクリックします。あるいはメニューバーの「作図」→「線」でもできます。線色・線種の選択が、マウスホイールのクリックでできるようになりました(Version8.10以降)。任意の場所でクリックし、次の任意の場所をクリックすれば直線が書けます。その時、左クリックでは任意の場所になり、右クリックでは端点や交点などのポイントをキャッチします。例えばVという文字を直線で書いてください。任意の場所で左クリックして、右下の直線の終点を左クリックします。それから前に書いた線の終点を左クリックしてから、右上の任意の場所を左クリックします。




そうすると線でVの形ができたと思います。しかし、拡大してみると、交点がいびつになっているのがわかると思います。そこで2本目の直線の始点を指示する時に、右クリックして指示してください。きれいに直線の端っこをキャッチして交点がきれいに処理されています。練習の際は、その左クリックと右クリックの違いをつかんでください。

*図面を書く際は、原則として2本目の直線を書く時は始点は交点や端点を右クリックで指示する習慣をつけてください。左クリックだけで始点や終点を指示するということは、実際上ほとんどありません。
線と線が結合されてそれが図面となっていきますが、その交点がアバウトでは図面といえるシロモノではありません。もっとも初心者のレベルで直線を書いてみるという段階では、左クリックで始点終点を指示してもいいでしょう。




次第に慣れてくるともう少しきれいな図面を書きたいと思ってきますので、右クリックはその時でもいいかもしれません。円や矩形など配置する時も、左クリックは任意の位置で、右クリックはキャッチできる交点や端点になります。図面作成の上で全てに共通していますので、ポイントとして押さえておきましょう。

直線のコマンドを選んだら、下記のコントローラーバーが表示されます。


コントロールバーを左側から順に説明します。

矩形

ここにチェックを入れると矩形(四角形)が書けます。

水平・垂直

これにチェックを入れると、水平線や垂直線が楽に書くことができます。

傾き

角度をつけた線を書く時に利用します。よく使う数値はプルダウンメニューにありますので、そこで選択します。その他の任意の角度も、BOXで指示してやればOKです。





寸法

直線を書く時、その直線の長さを指示します。あらかじめ、寸法のわかっている時は便利な機能です。

15度毎

これは上記の傾きの中の15度を、抜き出したコマンドです。

- - -

直線の始点、終点、両端に丸印を付けます。切り替えは- - -の場所をクリックしていきます。表示倍率によっては、丸印が見えないかもしれません。拡大してみれば、丸が付加されているのがわかります。

矢印付加 < - - -

直線の始点、終点、両端に両袖の矢印を付けます。切り替えは< - - -  の場所をクリックしていきます。

寸法値

直線の長さを、直線の上に記載します。上記の- - - や < - - - と組み合わせて使えば、簡易の寸法表示ができます。

矢印付加 <

直線を先に書いて、その後に両袖の矢印を付けたい時に使います。


JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント お勧めのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

図面作成を効率的に行う、フリーソフト/無料の紹介です

地図画像や図面画像(JPG,BMP)ファイルを、JW or JWW-CADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のJPGファイルやgifファイルなどを選択する
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける
印刷機能のあるソフトのファイルを画像ファイルにして、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける No2
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
JW or JWW-CAD画面を縮小したら、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JW or JWW-CAD図面に貼り付ける方法
JW or JWW-CADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マークを、JW or JWW-CAD図面に書く
樹木などの造園データを、JW or JWW-CADで使う
図形ファイルjwkファイルをjwsファイルに変換して、ファイル切り替えの手間を省く
電気設備図面で、フリーソフト/無料での電気シンボルを使う
電気設備の施工図作成で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフト/無料のシンボルを利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形を利用する 別パターン

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール  JW or JWW-CADの無料ダウンロードとインストール No2  JW or JWW-CADとの関わり

JW or JWW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト/無料の紹介です

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW or JWW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JW or JWW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW or JWW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  JW or JWW-CAD を応用して、様々なものを作ることができます。ポスターやCDラベル、表紙なども簡単に作れます。CADは図面を書くものだと決めつけないで、その優れた能力を存分に生かしてください。他のソフトでは難しかったことも、簡単にできてしまいます。

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のリンクサイト

リンクサイトNo1  リンクサイトNo2  リンクサイトNo3  リンクサイトNo4  リンクサイトNo5    セルフ紹介

JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル)のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー



要領・基準 | 電子納品に関する要領・基準
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品に関する要領・基準 ガイドライン
 国土交通省 電子納品ホームページ

CAD製図基準、CAD製図基準に関する運用ガイドライン改定のお知らせ
 国土交通省 電子納品ホームページ

電子納品とは、「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品すること」をいいます。ここでいう電子成果品とは、「工事または業務の共通仕様書等において規定される資料のうち、各電子納品に関する要領に基づいて作成した電子データ」を指します。 電子納品の目的は、公共事業の各事業段階で利用している資料を電子化し、共有・再利用することで、以下に示す効果を実現するものです。 (事業執行の効率化) 資料の再利用性を向上させることで、効率的な事業執行を実現する。 (品質の向上) 事業全体の情報を電子的に共有化・伝達が実現することによって、情報の伝達ミスや転記ミスなどを低減し、公共事業の品質向上を実現する。 (ペーパーレス、省スペース) 資料授受を容易にするとともに、保管場所の省スペース化を実現する。

Copyright(C) 2006 JW or JWW-CADの使い方(JWWキャド/マニュアル). All rights reserved.

2020年8月4日Update record