直線を書かないといったことは、まずあり得ません・・・JW(JWW)-CADの使い方(マニュアル)

JW(JWW)-CADの画面各部名称

直線を書く

直線を書くには、ツールバーの中から「/」のボタンをクリックします。
あるいはメニューバーの「作図」→「線」でもできます。この直線を書くコマンドは、図面を書くなら絶対に使う必要があります。JW(JWW)-CADを使う時の基本中の基本ですので、是非完璧に習得しておきましょう。

任意の場所でクリックし、次の任意の場所をクリックすれば直線が書けます。その時、左クリックでは任意の場所になり、右クリックでは端点や交点などのポイントをキャッチします。

JW(JWW)-CADでベストセラー byアマゾン
やさしく学ぶJw_cad 8

例えばVという文字を直線で書いてください。任意の場所で左クリックして、右下の直線の終点を左クリックします。それから前に書いた線の終点を左クリックしてから、右上の任意の場所を左クリックします。そうすると線でVの形ができたと思います。

しかし、拡大してみると、交点がいびつになっているのがわかると思います。そこで2本目の直線の始点を指示する時に、右クリックして指示してください。きれいに直線の端っこをキャッチして交点がきれいに処理されています。練習の際は、その左クリックと右クリックの違いをつかんでください。


*図面を書く際は、原則として2本目の直線を書く時は始点は交点や端点を右クリックで指示する習慣をつけてください。左クリックだけで始点や終点を指示するということは、実際上ほとんどありません。線と線が結合されてそれが図面となっていきますが、その交点がアバウトでは図面といえるシロモノではありません。

もっとも初心者のレベルで直線を書いてみるという段階では、左クリックで始点終点を指示してもいいでしょう。次第に慣れてくるともう少しきれいな図面を書きたいと思ってきますので、右クリックはその時でもいいかもしれません。

円や矩形など配置する時も、左クリックは任意の位置で、右クリックはキャッチできる交点や端点になります。図面作成の上で全てに共通していますので、ポイントとして押さえておきましょう。

直線のコマンドを選んだら、下記のコントローラーバーが表示されます。


コントロールバーを左側から順に説明します。

矩形

ここにチェックを入れると矩形(四角形)が書けます。

水平・垂直

これにチェックを入れると、水平線や垂直線が楽に書くことができます。

傾き

角度をつけた線を書く時に利用します。
よく使う数値はプルダウンメニューにありますので、そこで選択します。その他の任意の角度も、BOXで指示してやればOKです。

寸法

直線を書く時、その直線の長さを指示します。あらかじめ、寸法のわかっている時は便利な機能です。

15度毎

これは上記の傾きの中の15度を、抜き出したコマンドです。

- - -

直線の始点、終点、両端に丸印を付けます。切り替えは- - -の場所をクリックしていきます。
表示倍率によっては、丸印が見えないかもしれません。拡大してみれば、丸が付加されているのがわかります。

矢印付加 < - - -

直線の始点、終点、両端に両袖の矢印を付けます。
切り替えは< - - -  の場所をクリックしていきます。

寸法値

直線の長さを、直線の上に記載します。
上記の- - - や < - - - と組み合わせて使えば、簡易の寸法表示ができます。

矢印付加 <

直線を先に書いて、その後に両袖の矢印を付けたい時に使います。

 JW(JWW)-CADの使い方(マニュアル)の目次
マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

PDFの編集
PDFをDXに変換   PDFの作成  PDFの結合  PDFの分解

一口メモ  JW(JWW)-CAD を応用して、様々なものを作ることができます。ポスターやCDラベル、表紙など簡単に作れます。CADは図面を書くものだと決めつけないで、その優れた能力を存分に生かしてください。

★作業用自動車の日常点検は必ずやりましょう。
タイヤの溝の深さ ⇒ タイヤの溝の深さに不足がないか、スリップサインを確認してください。もし、スリップサインが出たならすぐにタイヤ交換をしましょう。自動車にとって、大地との接点はタイヤだけですので、大変重要です。

JW(JWW)-CADの使い方(マニュアル)のTOPへ戻る  電気工事士の仕事

Copyright(C) 2006 JW(JWW)-CADの使い方(マニュアル). All rights reserved.
プライバシーポリシー

JW(JWW)-CADの使い方のリンクサイト 1 2 3