線の太さを変える・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

線の太さを変える方法の、基本形です。

線の太さを変える1

初めてJW-CADをインストールした時の、基本設定の「色・画面」の表示は、画面表示の線幅はすべて「1」になっています。

プリンター出力の線幅は線色1は1、線色2は2、線色3は3、線色4は4、線色5は5、線色6は6、線色7は7、線色8は8となっています。



この設定で、実際に印刷した時はどうなるか見てみたいと思います。画面表示の線幅がすべて「1」の場合は、画面での表示は下記のようになります。


これを印刷すると、下記のようになります。線色1は線幅1、線色2は線幅2、線色3は線幅3、線色4は線幅4、線色5は線幅5、線色6は線幅6、線色7は線幅7、線色8は線幅8という設定で印刷されます。


基本設定の「色・画面」の、下から3行目の「印刷時に」のチェックを入れれば、印刷コマンドの中で線の太さを画面上で確認できます。例えば画面表示では各線色の線幅を1にして、線の太さは線の色で把握しておき、すっきりした図面で作図して、いざ印刷という時に線の太さを確認するといった使用法です。

windows以前のCADでは、白黒印刷が前提であり、画面上での色は線の太さを表していました。緑の線は細い線で、赤い線は太い線というように決められていたので、太い線で書きたい時には赤い線で書くというように決められていました。それがJW-CADがwindows版になり、画面上の色とプリンター出力時の線幅は、相当自由が利くようになりました。

「印刷時に」の左横の、「線幅を表示倍率に比例して描画」にチェックを入れておけば、線の太さを確認しながら作図ができます。実際に印刷した時と同じイメージで図面作成ができますので、おすすめです。基本設定の「色・画面」の画面での線幅表示がすべて「1」ですが、これを上書きする形で印刷時のイメージで線幅が表示されます。


なお、線色8の下の「補助線色」は印刷出力をしたら、印刷されません。補助線ですので、図面作成時に利用するけど印刷は不要という時に使ってください。


ここで、実験的にプリンター出力の線色8を線幅1に変更してみます。そうすると、下記のように線色8が線幅1で印刷することができます。


以上の事から、画面表示線色に対応した印刷の線幅を変えれば、希望の線幅に変更することができるということがわかると思います。

プリンタ出力線幅(1~500)となっていますが、実験的に線色8のプリンタ出力線幅を30にしたら下記のようになります。


CADの図面を書く際には、このような太い線を書く事はあまりないと思われますので、あまり大きなプリンタ出力線幅は設定しない方が良いでしょう。ただし、線色1のプリンター線幅を1.3にしたり線色2のプリンター線幅を2.6などとしたいと思っても、小数点以下は反映されませんので注意してください。細かな線幅の調をしたい時には、線の太さを変える2線の太さを変える3を参考にして下さい。

なお、プリンタ出力線幅(1~500)は、別に述べる線の太さを変える2線の太さを変える3で生きてきます。

「線の太さを変える1」での、線の太さを変える要領

元の色が変わっても良い場合

線の太さを変えるには、元の色が変わっても良い場合は、「範囲」→「属性選択」→「指定線色」でその色を選択して、「属性変更」で「指定線色に変更」の項目で希望の線幅の色を指示すれば、線幅の変更ができます。

元の色は変えたくない場合

線の太さを変える時に、元の色は変えたくない場合には、基本設定の「色・画面」のプリンター出力の画面で、該当する線色の線幅を変えてください。

線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 と述べていますが、実際に自分で操作してその違いを確認してください。2~3回反復操作すれば、要領がつかめると思います。線の太さを変更することにより、メリハリのついたわかりやすい図面にすることができますので、頑張って習得してください。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ
JW-CAD のバージョンアップを、時々確認しておきましょう。作者さんのホームページ 最近は不具合がほとんどないようになってはきていますが、時々バグの修正が行われたバージョンが公開されています。また、新機能が追加されていることもありますので、時々でも良いので作者さんのホームページをチェックして、新バージョンが出ていないか確認する習慣をつけておきましょう。

建設現場で使う道具、工具 建設業(建築、土木、電気、設備etc)では、実に多くの道具や工具を使います。作業時間短縮は、工具の有無、工具の良し悪しに大きく影響されますので慎重に選びたいものです。

タジマのヘルメット内送風機。頭と首元への2方向で、効率的に冷やします。

カメラじゃないので、見守られる側の心理的負担がありません。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 4 電気工事士の仕事部屋

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.