JWーCADの使い方ー 線記号変形

JW-CADの画面各部名称

線記号変形

線記号変形のコマンドは、登録している線記号変形データを読込みこんで作図するコマンドであり、一つ一つ地道に書いていくよりも格段に作業時間の短縮が図れます。

線記号変形を使うには、メニューバーのその他→線記号変形を選択します。メニューバーの表示→ツールバー→その他(1)でツールバーを出して使うことも出来ます。

線等を基準に、記号の作成や変形をおこないます。他のCADにはないユニークな機能です。線記号変形を選ぶと、建築・設備・電気の線記号変形が出てきます。JW画面左下のステータスバーを見ながら作図すれば、簡単に配置できます。

上の例は、電気で電線の条数を付加する線記号変形です。直線上のどの位置にでも、きれいに条数を配置できます。縦・横・斜めに書いてある線に、上の例のような3本線を何ヶ所も書いていく時などに威力を発揮します。線記号変形は、この他にも個人の方が作られた実務に役立つデータが数多く公開されています。インターネットで「線記号変形 ダウンロード」などのキーワードで検索してみて下さい。

自分で作ることも出来ますが、大変ですね。以前に10個くらい作ったことがありますが、イメージと実際が食い違って、完成させるのに随分と時間がかかりました。興味のある人はチャレンジしてみて下さい。JWWフォルダにある JW_OPT4.DATをNOTEPAD(メモ帳)や他のエディダーで開くと、作成方法がページ中央あたりにあります。ファイルを開く時には、ファイルの種類はすべてのファイルを指示して下さい。地道な作業ですが、思い通りに出来上がった時の感激はひとしおです。
以下に、線記号変形で出てくるメニューを抜粋しておきます。線の変形から、記号などの配置まで様々なコマンドがあります。建築、設備、電気などの様々な線記号変形があります。全部チェックして、これは使えそうと思えるものを探しておきましょう。


線記号変形は、もし自分で部品を作るなら大変な労力が必要ですね。

かといって、毎回毎回手書きでこれらの図形を書いていくのは面倒です。暇な時間を見つけては、これらの線記号変形の中に使えるものがないか、探しておく事が必要です。







マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  作者さんのホームページ  JW-CADをバージョンアップする習慣を付けておけば、渡されたファイルが読み込みが出来ないといったトラブルも防げます。メニューバーのヘルプにバージョン情報がありますので、最新のバージョンと比較してください。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
タイヤの亀裂や損傷 ⇒ タイヤの亀裂や損傷を目で確認します。タイヤに付いた釘や石で、思わぬトラブルになることもあります。自動車事故は、小さな原因で誘発されて発生することが数多くあります。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー