線記号変形は、線記号変形データを使って作図します・・・JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)

就職や転職などの際に、JW-CADを使えることが応募条件となる場合が増えてきています。

JW-CADは建設業(建築、土木、電気設備、空調設備、衛生設備)、機械あるいはCADオペレータなど、様々な分野の人に使われています。無料で使えるフリーソフトですので、マスターして一生使える特技にしておきましょう。


線記号変形を使う

線記号変形を使うには、ツールバーの「記変」をクリックします。
線記号変形がツールバーに表示されていない時は、メニューバーの「表示」→「ツールバー」→「その他(1)」でツールバーを出します。あるいは、メニューバーの「その他」→「線記号変形」をクリックします。

線記号変形のコマンドは、登録している線記号変形データを読込みこんで作図するコマンドであり、一つ一つ地道に書いていくよりも格段に作業時間の短縮が図れます。線等を基準に、記号の作成や変形をおこないます。他のCADにはないユニークな機能です。

線記号変形を選ぶと、建築・設備・電気の線記号変形が出てきます。
JWW画面左下のステータスバーを見ながら作図すれば、簡単に配置できます。

下の例は、電気で電線の条数を付加する線記号変形です。直線上のどの位置にでも、きれいに条数を配置できます。縦・横・斜めに書いてある線に、上の例のような3本線を何ヶ所も書いていく時などに威力を発揮します。

線記号変形は、この他にも個人の方が作られた実務に役立つデータが数多く公開されています。インターネットで「線記号変形 ダウンロード」などのキーワードで検索してみてください。

以下に、線記号変形で出てくるメニューを抜粋しておきます。

線の変形から、記号などの配置まで様々なコマンドがあります。
建築、設備、電気などの様々な線記号変形があります。全部チェックして、これは使えそうと思える線記号変形を探しておきましょう。


線記号変形は、もし自分で部品を作るなら大変な労力が必要ですね。かといって、毎回毎回手書きでこれらの図形を書いていくのは面倒です。暇な時間を見つけては、これらの線記号変形の中に使えるものがないか、探しておく事が必要です。





線記号変形は、インターネットを利用して探してみましょう。

JW-CADを使う人は、様々な分野の人がいます。自分の分野にとっての便利な、線記号変形は様々です。これらを上手に使うことにより、図面作成の時間を大幅に短縮できます。他の分野の人が見たらこれ何に使うのといった項目でも、その道の分野の人にとっては喉から手がでるほど欲しいといった機能がたくさんあります。知っていると、知らないとでは雲泥の差があります。「線記号変形 ダウンロード」などのキーワードでインターネット検索をしてみてください。

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点    線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) ソリッド(塗りつぶし) 印刷

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方     レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理     属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性         レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3
ブロックツリーとブロックツリー半透明化  操作(使い方)のポイント  背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JW-CADのダウンロードとインストール

JW-CADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JW-CADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成
JW-CADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JW-CADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。

一口メモ  作者さんのホームページ  JW-CADをバージョンアップする習慣を付けておけば、渡されたファイルが読み込みができないといったトラブルも防げます。メニューバーのヘルプにバージョン情報がありますので、最新のバージョンと比較してください。以前は、大きな変更があった際に旧バージョンでは新バージョンを読めないといったトラブルがありましたが、逆はありませんでした。なので、自分のJW-CADのバージョンを、常に最新にしておけば安心です。



jw-cadの本の紹介です。忙しくて本屋さんにも行けない人、検討しませんか?

jw-cadは、建築:土木:電気:空調衛生:機械など様々な分野に使われています。

jw cad 建築   jw cad 土木   jw cad 電気  jw-cad 空調給排水  jw-cad 木工  jw cad 製図  jw cad やさしく学ぶ


施工管理技士の資格を、独学で取りましょう。

施工管理技士は、日本の建設業において特定業種の技術を認定した、国家資格です。

設計から実際の施工に至るまで管理監督する技術者が、施工管理技術検定の対象となります。受験資格には、実務経験が必要です。

1級建築施工管理技士   1級土木施工管理技士  1級電気工事施工管理技士  1級管工事施工管理技士

2級建築施工管理技士  2級土木施工管理技士  2級電気工事施工管理技士  2級管工事施工管理技士


仕事紹介のサイト案内です。

お仕事紹介なら【職人アシスト】
エアコン工事、水道工事、電気工事、ガス工事、内装工事、外構工事、外壁工事など、約30業種紹介を全国展開しています。入会金、月会費、解約料0円ですので、気軽に試してみるのも良いかもしれませんね。

建設現場などでは、工具や道具を数多く使っています。

現場で使う工具や道具

同じ日本語でも方言で聞くと、イメージが違って聞こえますね。私も地方出身ですので、地元の方言を聞くとホッとします。

出雲弁:建築業や電気設備業又は設備業、あーえは土木業や機械関係など、日々の現場の仕事では工具や道具を数多う使ーちょー。

建築業や電気設備業あーえは設備業や土木業、機械関係など、現場では数多うの工具、道具を使う。工具あーえは道具を上手に使ーて、作業効率を上げれー。工具や道具は先人の知恵が生きちょって、現場工事などでは、のうてはならん存在となっちょー。

出雲弁:JW-CADは、建設業:建築、土木、電気、空調、衛生など、機械あーえはCADオペレータなどで幅広う使われちょーCADだ。無料で使えーフリーソフトだけん余計な出費は必要のう、ソフトをダウンロードすら今からでも始めーことができー。これを覚えちょけば一生使えースキルとなーけん、是非習得しちょけー。慣れんうちは、図面のトレースをひたすらすーのがええだらー。練習材料としてソフトをダウンロードしてつくられーC:JWWのフォルダに、簡単な木造平面やマンション図面があーけん、それらを赤色などでなぞーようにトレースしていってごしなぃ。直線や円や四角形、円弧など様々なコマンド機能が必要になーけん、単に使い方を覚えーより身に付くだらー。わからん操作が出てきた時にはインターネットや参考書で調べて、とりあえず一つの図面を完成さしぇてごしなぃ。一つの図面が完成すら、あー程度の操作方法が身につえちょーはずだ。このトレースをすーとえった方法は地味だが、確実にマスターすーにはお勧めだ。

いままで頑張ってきてくれたトラックを、鉄くずにするのは忍びないですね。アフリカやアジアなどは、経済発展で国々のあちらこちらで工事をしていますが、トラックがかなり足りていません。あなたのトラックに、第2の活躍の場を与えてみてはいかがでしょうか。10万km以上あるいは10年以上でも大丈夫です。乗っていたトラックの処分も、その将来を考えてみませんか。


JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト 1 2 3 電気工事士の仕事  自動運転、中古車購入、ジャガイモ、海藻と海草、日本全国名産品特産品etc

JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  免責事項 プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.