JW-CADの使い方ー 長さ取得(線長、2点長、間隔)・線属性

JW-CADの画面各部名称

長さ取得(線長・2点長・間隔)
線属性

長さ取得(線長・2点長・間隔)

長さ取得とは、すでに作図されている図から、指示した図の線長や2点間長、間隔などを取得するコマンドです。

メニューバーの設定→長さ取得でコマンドを使えます。メニューバーの表示→ツールバー→設定でツールバーを出して使うことも出来ます。    
*以下の項目でコントロ-ルバーの寸法や間隔は、寸法あるいは間隔が表示されているコマンドの時に有効となります。

線長

指示した線の長さを表示します。また、コントロールバーの寸法に、指示した線の長さをセットします。

2点間長

指示した2点の長さを表示します。また、コントロールバーの寸法に、指示した線の長さをセットします。

間隔取得

指示した基準線と、指示した線や点までの間隔を表示します。また、コントロールバーの間隔に、指示した線の長さをセットします。

線属性 

線属性コマンドは、書込み線色や線種を設定します。

よく使うコマンドです。下記の要領で線属性のツールバーを出して、JWWの画面の左右上下いずれかにドッキングして表示しておいた方がいいでしょう。メニューバーの表示→ツールバー→線属性でツールバーを出せます。メニューバーの設定→線属性でもコマンドを使えます。

線属性の設定画面
上記のようなメニューが出ますので、色と線種を設定してOKを押します。ここで注意すべきは、白色と黒色の線色の取り扱いです。背景色が黒の時に黒色線で書いても白色でしか表示しません。同じように、白色を背景色にしている時に白色線で書いても黒色線でしか表示しません。一番上のSXF対応・・にチェックを入れると、線色・線種が変わります。*この状態では、画面上の線の太さが反映されないようです。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  JW-CAD は他のCADに比べるとマウスの右ボタンを使う比率が高いですので、ステータスバーで(L)と (R)ボタンの違いを確認しながら作図してください。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
タイヤの空気圧 ⇒ 目視で、接地部にたわみがないか確認しましょう。タイヤゲージも併用して、走行の安全性や経済性に影響がないようにしましょう。自動車のタイヤ空気圧は、常に一定ではなく自然と抜けていきます。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー