JW-CADの使い方ー 伸縮

JW-CADの画面各部名称

伸縮

伸縮を使うには、ツールバーの中から「伸縮」のボタンをクリックします。あるいはメニューバーの編集→伸縮でも使えます。

伸縮は、線や円弧を指示した位置まで伸縮させます。
線を基準点まで伸ばすには、伸ばす線や円弧を左クリックした後に、伸ばす位置を指示します。


線を基準線まで伸ばすには、伸ばす位置の線を右ボタンでダブルクリックします。その後、伸ばす線や円弧を左クリックします。
線を基準線まで縮めるには、縮める位置の線を右ダブルクリックし、その後縮める線や円弧を残す側の位置で左クリックします。
*応用例 基準線までの線の伸縮を応用して、以下のように使うことが出来ます。1で斜めの線を右ボタンでダブルクリックし、2,3,4と左クリックすれば右図のようになります。
線を基準点まで縮めるには、縮める線や円弧を残す側の位置で左クリックし、その後に切断位置の基準点を指示します。

コントロールバーを左側から順に説明します。

一括処理

基準線まで一括して伸縮させます。一括処理をクリックした後、基準線を左クリックします。始線(点)・終線(点)を左クリックします。最後に処理実行をクリックします。上記の「*応用例」と同じ結果ですので、私は応用例のほうを使っています。

突出寸法

基準線に対しての伸縮時に、基準線から突出させる寸法を指定します。

切断間隔-切断寸法を入力します。

伸縮のコマンドの中にありますが、単に線を切断するだけのコマンドです。線上で右クリックで指示します。切断間隔で、切断時の間隔(図寸)を入力しておきます。


実寸

切断間隔寸法が実寸になります。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  JW-CAD はソフトが無料なので、お金を全くかけなくても習得可能です。まだ使えない人は是非チャレンジしてみてください。きっとお気に入りのソフトの一つになってくれることでしょう。就職や転職などの際のスキルアピールにも効果的です。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
ウィンドウォッシャ液の量 ⇒ 自動車のエンジンルーム内の、ウィンドウォッシャ液タンクに、液が適正に入っているか確認しましょう。フロントガラスなどに付いたホコリなど落とす時に、ウィンドウォッシャ液は欠かせません。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー