一口メモ  JWのCAD では書式に沿った文章作成も、楽にできます。表形式の書式が多いのですが、これをエクセルのソフトなどで原本に近い状態に仕上げるのは、かなりの技術を必要とし時間もかかります。しかしJWのCADでは1/1の図面で原本の表や枠の大きさを測って作り、その中に文字を入れるだけです。加減乗除の簡単な表はできますが、複雑な計算はできませんので、計算が不要なときに使うと便利です。

JWのCADの使い方


座標ファイルは、XYの座標を読込み図形を書きます・・・JWW-CADマニュアル


座標ファイル

座標を使う仕事では、測量などがありますね。他には、建築でX通りから〇〇、Y通りから〇〇と計測したポイントをこのコマンドで図面化できます。測量などでは座標はXYの絶対座標で指示されますが、この数値を読込むことにより図形を書くことができます。座標ファイルを使うには、ツールバーの「座標」をクリックします。これがツールバーに表示されていない時は、メニューバーの「表示」→「ツールバー」→「その他(1)」でツールバーを出します。あるいは、メニューバーの「その他」→「座標ファイル」をクリックします。

下記は座標ファイルのコントロールバーです。

試しに、コントロールバーの「ファイル編集」ボタンをクリックしてください。


自動車関連サイト 中古車を買う時の注意点

2行コントロールバーが並んでいますが下の行の右から2番目です。ZTEMP.TXTというファイルが、メモ帳などで開くと思います。最初は何も入ってないはずです。そこに下記の数字を入れて上書き保存してください。
1 5
30 5
35 15
25 40
1 5

次にコントロールバーのファイル名設定ボタンで、フォルダーの中からZTEMP.TXTを選んでください。そして、ファイル読込ボタンを押してください。そうすれば下記のような図形が画面上に配置できる状態で出てきます。数字の例で1 5はX方向に1Y方向に5 、30 5 はX方向に30 Y方向に5の点(座標)になり、これを直線でつないでいっています。以下同様になります。ここで注意しておく事は、m単位・mm単位および図面の縮尺です。これが不適切だと、目に見えないくらい小さいとか、作図枠を大きくはみ出すなどの問題が出ます。



下記の図面例では、上記のデータをm単位、縮尺は1/100で読込しています。m単位はコントロールバーの「m単位読書」のボタンを押せば、mm単位とm単位の切替ができます。縮尺は、JWWの画面一番下のステータスバーにS=1/1などと書かれているボタンをクリックすれば、切替できます。

ZTEMP.TXTは標準のファイルですが、それとは別のファイルを作っての読み込みもできます。メモ帳などでXY座標のデータを例のように入力し、わかりやすい名前で○○.txtなどのようにして保存します。


自動車関連サイト 中古車を買う時の注意点

コントロールバーの「新規ファイル」のボタンを押せばメモ帳が立ち上がるので、JWWの画面上からでもできます。座標値は左回りに、順に指示していってください。画面上に出す時はコントロールバーのファイル名設定でそのファイルを開き、ファイル読込ボタンを押せばOKです。

YX座標

読んで字のごとく、YXでデータがある時に利用します。

ファイル書込み

画面上の図形を選択して、現在の座標ファイルにそれらを書き込みます。上書きして前の座標ファイルデータがなくなりますので、注意してください。コントロールボタンの「条件設定」のボタンを押すと現在のファイル名がわかります。私的意見としましては、下記の様にしたほうがいいと思います。

  1. 新規ファイルボタンで、中味の無いファイルに、名前を付けて保存します。
  2. ファイル名設定で、そのファイルを開きます。
  3. ファイル書込みで、画面上のデータを書込みします。
電気工事士の仕事部屋

JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)の目次

マウス操作と画面操作 直線 矩形  文字 文字 No2 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像編集(画像貼り付け) 画像編集(画像貼り付け) No2 ソリッド(塗りつぶし) 印刷 印刷 No2

環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤーの使い方(もう一つの方法) レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 基本設定 No2 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 表計算 No2 2.5D 2.5D No2
線の太さを変える1 線の太さを変える2 線の太さを変える3 線の太さを変える3 No2
ブロックツリーとブロックツリー半透明化 ブロックツリーとブロックツリー半透明化 No2  操作(使い方)のポイント 背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 JWのCADのダウンロードとインストール JWのCADのダウンロードとインストール No2 JWのCADとの関わり

地図画像や図面画像(jpg,bmp)ファイルを、JWのCADのデータに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、bmpファイル以外のjpgファイルやgifファイルなどを選択する

JWのCADを扱うなら、PDFファイルとは無縁ではありません。PDFファイルの編集ができる、フリーソフト(無料)の紹介です。

PDFファイルをDXFファイルに変換  PDFファイルをDXFファイルに変換 No2  PDFファイルをDXFファイルに変換 No3
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JWのCADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFファイルの作成 PDFファイルの作成 No2
JWのCADで作った図面やワード、エクセルなどの書類を、簡単にPDFファイルにできます。最近は、図面をPDFファイルでも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFファイルの結合 PDFファイルの結合 No2
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JWのCADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFファイルの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
関連記事 PCで閲覧時にブラウザがchromeの場合、表示されない場合があります。キーボードのF5(再読込)で、表示できます。

JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)のリンクサイト
リンクサイトNo1 リンクサイトNo2 リンクサイトNo3 リンクサイトNo4 

自動車関連サイト 中古車を買う時の注意点

JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル)のTOPへ戻る  
免責事項 
プライバシーポリシー

Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方(JWW-CADマニュアル). All rights reserved.


事故車・故障車・不動車なんでもOK! 知ってる人はトクをする!事故車買取のタウ
事故車は、とりあえず査定してみましょう。事故車は以前は鉄代くらいにしかならない時代もありましたが、今はまったく違います。同じ事故車であっても、海外では日本車は人気で、高額査定の可能性が充分にあります。日本と諸外国の「価値観の違い」や「流通価格の差」に着目し、世界中に事故車の販売ネットワークを築いてきた会社ならではの査定額の高さがあります。本当に高額査定になるか、チェックしておきましょう。


ネットで簡単、テレビで話題の安心マイカーリース
あの話題の車に頭金なしの完全月額定額で乗れます。車を持つならネットで割引、サポート充実、月額定額のカーリースを利用しましょう。 最大11年契約可能で業界最安値です。


マンガで解説!ラインモバイルの始め方