JW-CADの使い方ー 属性変更

JW-CADの画面各部名称

属性変更

メニューバーの編集→属性変更でコマンドを使えます。メニューバーの表示→ツールバー→編集(2)でツールバーを出して使うことも出来ます。以下のコントロールバーが出てきます。


間違って、違う線種・線色、または文字種、レイヤで書き込んでしまった場合などに利用します。文字は右クリックで指示し、それ以外の線などは左クリックで指示します。範囲コマンドで、対象図形など囲んで属性変更をすることが出来ますが、ここで取り上げる属性変更はちょっとした修正向けです。項目もメニューの通り、線種・文字種・レイヤーなどとあまり数はありません。しかし2,3本の線を色を変えたりする程度などでは、範囲コマンドを使って修正するより、こちらのほうがわかりやすく早く出来ます。この属性変更は上記のメニュー内容に沿ってクリックすればすぐさま変更しますので、変更したい線種や色、書込みレイヤー、文字種などを先に決めておく必要があります。

線種の状態がインストール直後では表示されていないので、メニューバーの表示→ツールバー→線属性(1)をチェックし表示しておいて下さい。この線属性の表示は、どのような入力方法をしても必ず必要となってきます。常に表示しておくことを推奨します。 これも上下左右の各辺どれとでもドッキングできます。邪魔にならずかつ見やすい位置にドッキングしておきましょう。

上の例でいえば、緑の線をクリックしてください。新たに線色や線種を選択できる画面が出てきます。そこで、これから書こうとする線の色や種類を選択します。これは他の線を引く作業をする際でも、必須の項目ですので押さえておきましょう。線を引く時は、必ずこの線属性の画面を見て確認し、その上で作業を続けてください。

線種・文字変更

線種及び文字の変更をしたい時、チェックしておきます。線種・文字変更をしない時は、チェックを外しておいて下さい。線種は上記の線属性(1)で希望の色、線種を選択しておきます。文字はコントロールバーのFree W=10 H=10などと書かれているボタンをクリックするとフォントや文字の大きさを変更する画面が出てきます。・・・基点(左下)と表示されているボタンを押せば、新たに画面が出て基点の変更が出来ます。・・・縦字をチェックすれば、横書き文字が縦字に変更できます。

書込みレイヤーに変更

レイヤーの項目で詳しく説明していますので、レイヤーについてはそちらも参考にして下さい。移動先のレイヤーを作図可能にして、ここで選んだデータをそちらに移動します。レイヤーの移動の必要がない時は、チェックを外しておいて下さい。

マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  どんなソフトでも共通していますが、一つ一つのコマンドを実際にソフトを動かしながら覚えていくのが秘訣です。他のソフトに比べると、JW-CAD はメニュー構造が簡単です。途中で嫌気がさして止めてしまう恐れはありません。もちろん、CADとしての性能はとても優れています。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
駐車プレーキ ⇒ 引きしろが多すぎたり、少なすぎたりしないかをチェックし、駐車時に、自動車が動いてしまわないようにしましょう。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー