電気設備図面の、電気シンボルはフリーソフトで |JWのCADの使い方〒

電気シンボルを、一つ一つ登録していくのは大変です。フリーソフトに、電気シンボルをまとめたものがありますので使ってみませんか・・・JWW CADのマニュアル


電気設備図面、フリーソフトでの電気シンボルの使い方

電気設備の設計図や施工図作成で、JWのCADを利用している人も多いでしょう。最初に困るのは、電気のシンボルでしょう。JWのCADに入っている電気シンボルは、60弱と全く足りません。一つ一つ図形登録していくか、同じJWのCADを使っている人から電気シンボルの図形フォルダーを譲ってもらうしかありません。ここで紹介しているフリーソフトでは、336個のシンボルがありますので、便利に使えると思います。それでも不足する電気シンボルは、別ページに登録方法を述べていますので、参考にして作成して追加してください。

フリーソフトを使い、JWのCADで電気シンボルを配置する

フリーソフト内の、電気シンボルのイメージ図を示しておきます。「照明」のフォルダーをクリックして現れる、電気シンボル図のイメージ図です。


これらの電気シンボルを見てわかりますが、これらを一つ一つ登録していくとすると、膨大な時間がかかってしまいます。このフリーソフトを利用して、それでも足りない電気シンボルを追加していく方が賢明です。

試しに使ってみたい人は、フリーソフトで有名なVectorのサイトを訪問して、ダウンロードしてください。ページ内の、「ダウンロードはこちら」のボタンをクリックします。

ページが変わりますので、その中の「ダウンロードページへ」のボタンをクリックします。

いよいよダウンロードできるページになります。このページの中で、「このソフトを今すぐダウンロード」のボタンをクリックします。

即座に、zip圧縮されたファイルがダウンロードされます。

windows10でしたら、ダウンロードされたzipファイルをダブルクリックすれば解凍されます。他のOSなどで解凍できない時には、別ページの圧縮ファイルの解凍手順を参考にしてください。

解凍すると、denzuq_sjisというフォルダーが出てきます。

この図形フォルダーを開くと、中には図形フォルダと取扱いテキストファイルが入っていますので、図形フォルダー「denzuq]を、エクスプローラなどでJWのCADが入っているフォルダにコピーして入れます。JWのCADのフォルダはCドライブ:のJWWフォルダになります。(インストールフォルダを変更していない場合)

ここまでの作業を行えば、JWのCADで電気設備図を書く際に必要となる、電気シンボルを配置できるようになります。

JWのCADで、電気シンボルを配置する

通常の図形配置で行います。

ツールバーの「図形」をクリックします。

あるいは、メニューバーの「その他」→「図形」をクリックします。

「図形」をクリックすると、CドライブのJWWフォルダーに、「denzuq」のフォルダーがあります。そのフォルダーをクリックすると、仕分けされたサブフォルダーが現れます。

その前に、JWのCADの画面に「ファイル選択」の表示が出ますが、ファイルの種類が「jwk」になっているか確認しておきます。「jwc」になっていたら何も表示されませんので、焦るかもしれません。標準で入っている図形は「jwc」ですので、面倒ですが「jwc」と「jwk」の切り替えが必要になります。何も表示されない時は、このファイルの種類の切り替えがあることを思い出してください。

また表示する列x行は、8x5位が良いと思います。

「denzuq」のフォルダーの中に、インターホンを筆頭に無線通信補助まで、フォルダー分けされた図形が表示されます。336個の図形が収められていますので、それぞれのフォルダーの中身を確認してください。

一つアドバイスですが、「denzuq」というフォルダ名は後で実際に使う際に分かりにくい名前ですので、エクスプローラなどで名前の変更をした方が良いでしょう。例えば「denzuq」→「電気シンボル」などと、一目でわかるようにしておきましょう。


336個と多数のシンボルがありますが、それでも不足する図形は登録しておきましょう。必要のない図形は、エクスプローラーなどで削除してください。電気シンボルの選択図面で、ファイル名が表示されますので、それを参考に消してください。またサブフォルダが多いので、「幹線・動力」「動力」電灯」etc、あるいは「強電」「弱電」「火報」etcなどのフォルダを作り、その中にサブフォルダーを振り分けていくと、探す手間が省けるでしょう。今のままでも構わないという人は、スルーしてください。

色々とフォルダやファイルを操作していく際には、原本の「denzuq」のフォルダーはバックアップをしておきましょう。今はこのフリーソフトはインターネットからダウンロードできますが、将来突然にダウンロードできなくなる事も起こりえます。ダウンロードした「denzuq_sjis.zip」のファイルでも構いませんので、わかる場所にバックアップすることをお勧めします。

ベストセラー1位 やさしく学ぶJw_cad 8  JW CAD解説本

JW CADの解説本 総合


JWのCADの使い方〒 基本操作の目次

基本操作 直線 四角(矩形)  文字 寸法 2線 中心線 連線 AUTO 範囲 複線 コーナー 伸縮 面取 消去 複写 移動 包絡 分割  接線 接円 ハッチ  建具平面 建具断面 建具立面 多角形 曲線 ブロック化 ブロック解除 中心点 線上点 鉛直・円周点 画像貼り付け「画像挿入」  塗りつぶし「ソリッド」 

印刷 環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 レイヤー分けの利点と問題点 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形 寸法図形化 寸法図形解除  表計算 2.5D 線の太さを変える ブロックツリーとブロックツリー半透明化 基本操作 おススメのキーボードショートカット 目盛(グリッド)を使い、図面作成を楽に

JWのCADを使う時に大幅な時間短縮が出来る、フリーソフトなどの紹介です

画像(JPG,BMP)ファイルを、データに変換して取り込む
画像貼り付けなどで、BMPファイル以外のファイルを選ぶ
さまざまなソフトのファイルを画像ファイルにして、貼り付ける
ひらがな入力すべきところを英字で入力、よくある文字入力間違いに対応
ひらがな入力それとも英数字入力、カーソル部分に表示させる
画面縮小で、ツールバーのボタン配置が崩れた時の復旧方法
エクセルの表を、JWのCAD図面に貼り付ける方法
JWのCADで作った表を、エクセルに取り込む
雲マーク、JWのCAD図面での使い方
樹木などの造園データ、JWのCADでの使い方
図形ファイルjwkファイルをjwsに変換して、切り替えの手間を省く
電気設備図面、フリーソフトでの電気シンボルの使い方
電気設備の施工図作成、線記号変形の使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、フリーソフトのシンボルの使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方
機械(空調、衛生)設備図面で、線記号変形の使い方 別パターン

JWのCADの無料ダウンロードとインストール
フリーソフトについて解説
背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集 

PDFファイルの編集ができる、フリーソフトの紹介です・・・JWW CADのマニュアル

PDFへ変換
JWのCADで作った図面を、PDFファイルへ変換できます。最近は、図面をPDFへ変換したファイルも欲しいという要望が、増えてきました。
PDFをDXFに変換
PDFファイルをDXFファイルに変換でき、JWのCADなどのCADで、図面修正ができるようになります。PDFファイルしかない時に、トレースの手間が省けます。
PDFの結合
複数のPDFファイルを結合して1つのPDFファイルにすれば、ファイル管理が楽になります。JWのCADで作った図面を先方さんにPDFファイルで渡す時には、結合されたPDFファイルで渡しましょう。
PDFの分解
1つのPDFに結合されたファイルを分解することができ、自分に必要なページだけピックアップできます。上記、「PDFファイルをDXFファイルに変換」のソフトは、フリー(無料)版の場合は1枚のPDFファイルしか扱えませんので、PDFを分解するソフトが必要になります。また、必要なページだけを結合しておけば、ファイル管理も楽になります。
一口メモ  JWのCAD では、同じコマンドでも様々な方法で呼び出しできるようになっています。ツールバー、クロックメニュー、キーボードショートカット、メニューバーとどれにしたらいいか迷うほどあります。このサイトでは、ツールボタンによる方法を中心として解説してあります。

JWのCADの使い方〒のリンクサイト

中古車を買う時の注意点  
電気工事士の仕事部屋      

JWのCADの使い方〒のTOPへ戻る
免責事項
プライバシーポリシー
セルフ紹介



Copyright(C) 2006 JWのCADの使い方〒. All rights reserved.

2020年9月11日Update record